ピクシブ百科事典

超サイヤ人ゴッド

すーぱーさいやじんごっど

『ドラゴンボール』のアニメシリーズに登場するサイヤ人の変身形態。
目次[非表示]

概要

劇場版「神と神」やアニメ「ドラゴンボール超」に登場するサイヤ人の変身形態。
原作には登場せず、神と神以降のアニメシリーズにのみ登場する超サイヤ人

正しい心を持ったサイヤ人が6人集まり、そのうち5人が自らのエネルギーを1人のサイヤ人に注ぎ込む事でその1人のサイヤ人が覚醒可能となる。サイヤ人の神とも言える形態な為、気の性質は破壊神など神々の領域の者達と同じものになり、一般人には気を感じ取ることはできない。

オーラは赤く輝くものになり、髪も赤みがかるが従来の超サイヤ人とは異なり逆立たない。
体は細くなり、瞳は輪郭線があるものに変わり虹彩は赤く瞳孔は黒くなるため、若々しく見える。
変身には時間制限があり長時間この変身を維持する事は不可能。また一度この神の気を体内に取り込めば1人で変身する事が可能になるがこの場合、時間制限があるのかは語られていない。

作中で悟空が覚醒したのが初登場で、その後、漫画版「超」ではベジータも変身している。TVアニメ版「超」では一貫してベジータは変身しなかったが、劇場版アニメ「ブロリー(BROLY)」では映像作品では初めて変身している。

デザイン及び設定は全て原作者である鳥山明が担当。
ドラゴンボールマイナスで触れられた際には漢字で超サイヤ人神と表記している。
断じて界王拳ではないよ。

戦闘力

原作者の鳥山明によるとゴッドになった悟空の戦闘力はビルスを10、ウイスを15とした場合悟空は6と数値化している。一見大した数値にも見えなくもないが、超サイヤ人3の悟空を手刀一撃で破ったビルスを相手に六割ほどの力を引き出させた所を見ると、驚異的な変身であることが分かる。

」ではビルスとの戦いの余波だけで宇宙そのものを消滅させ無にしてしまうほどとまで界王神に評された。まさに神の領域の力である。また宇宙サバイバル編では漫画版「超」(後述)の設定を輸入し悟空は自分の意志で変身可能となり、同じく神の気を持つ上位形態達よりもエネルギー消費を抑えられる姿だとし、ディスポ戦やケフラ戦で変身している。

映画「ブロリー(BROLY)」では監督の「超サイヤ人ゴッドと超サイヤ人ブルー(後述)の違いを出したい」という意向から、同じ超サイヤ人でも段階によって戦い方が変わっており、ゴッドの方は神らしい技を使用したり、見切りや躱しを駆使してテクニカルな感じに、ブルーの方は超パワーで押すようなイメージで描かれている。

歴史

惑星ベジータにその名前が付く前の時代、サイヤ人でありながら清らかな心を持っていたサイヤ人「ヤモシ」は、同じく善良な心を持っていた5人の仲間達と共に邪悪なサイヤ人達のやり方に反対し反旗を翻す。その中でヤモシはサイヤ人の中で初めて超サイヤ人へと覚醒し恐ろしいまでの闘いぶりを見せる。その圧倒的な力でヤモシは邪悪なサイヤ人相手に健闘するが、多勢に無勢により、最終的に倒れてしまったという。また時を同じく過去に邪悪なサイヤ人に対抗する為、善良なサイヤ人達の中から超サイヤ人ゴッドが誕生し邪悪なサイヤ人の軍勢を壊滅寸前にまで追い詰めたが、あと一歩の所で力尽き殺されてしまう。

その後、邪悪なサイヤ人達はこの超サイヤ人ゴッドの神なる力を恐れ、サイヤ人の歴史の中から消し去り、同時に超サイヤ人は「伝説の超サイヤ人」として語り継がれていく。またヤモシに関する一連の流れはその行動に共感を抱いた古代のナメック星人達により伝説の書として記され保管されている。

一方ヤモシの魂は死しても尚、更なる救世主求め新たな超サイヤ人ゴッドを見つけるべく現世を彷徨うことになる。そしてそれから長い年月が経ち、そのヤモシの魂が破壊神ビルスの脳のアンテナに反応し超サイヤ人ゴッドと戦う予知夢を見させ、それがきっかけで神龍や悟空達の力によって超サイヤ人ゴッドの力が甦ることになった。

原作者である鳥山明はフリーザが恐れていた「伝説の超サイヤ人」は超サイヤ人ゴッドとある意味同一人物であると語っているが、その中でヤモシが初めて超サイヤ人ゴッドに覚醒した人物なのかは触れていない。また実際に漫画「ドラゴンボールマイナス」ではフリーザは超サイヤ人ゴッドの存在を認知しており、超サイヤ人伝説同様サイヤ人の可能性を危惧していたことが明かされている。

神の気

神の領域に達した者が纏う気で、前述した様に一般人は気を感じ取ることはできない。
これは神の気が持つ「クリアで質が高い」「気を表面に出さない」という特徴からであり、神か同じく神の気を持つものにしか感じ取れない。作中ではビルスデンデがその気を感じ取っている。

超サイヤ人ゴッドにならずとも神の気を持つことは可能で悟空の場合はビルスとの戦闘中に時間制限により変身が解除されたが、無意識のうちに超サイヤ人ゴッドの持つ神の気を体内に取り込むことに成功した。一方ベジータは「神と神」ではビルスとの戦いの後、超サイヤ人ゴッドになることを望んでいたが、アニメ版「超」ではビルスに負けた変身という事で見限り、それとは別の方法を選びウイスとの修行で神の気を手に入れた。

また同じくアニメ版「超」では悟空も神の気を取り込んでからも、それを認知することはなくウイスとの修行で開花させていった。両者共にウイスとの修行で、「相手に気を悟られぬ様、体の内でのみ気を高める」という指導を受けた際に、瞬間的ではあるが初めて神の気を体感している。その後も修行を続け、ウイスの杖によって展開される「気を高めた上で外に漏らさずコントロールすれば動けるようになる」特殊な空間の中で、それを実行した事により神の気を纏う事に成功している。その際、悟空はその状態をきついと述べ、ベジータはすごいプレッシャーだと表現している。

ウイス曰くただ超サイヤ人を鍛えるだけでは高が知れており、気のレベルを上げた上で超サイヤ人に変身する事で更なる先の世界が見えてくるとのことで、後に復活の「F」で悟空とベジータは超サイヤ人ゴッドの神の気を持った超サイヤ人に変身している。

神の気をコントロール可能になってからは通常状態でも神の気を纏えばそれなりの力を発揮する事が出来る。復活の「F」では修行しパワーアップした最終形態フリーザを相手に通常状態の悟空が神の気を纏い優勢になった他、漫画版「超」では神の気を纏ったトッポ超サイヤ人ブルーの悟空を一撃で倒している。

漫画版

漫画版「超」では超サイヤ人ゴッド超サイヤ人より超サイヤ人ゴッドの方がパワーは弱いが気の消費が穏やかであり、安定した形態であると設定されている。また一度変身したら以降は自在に変身が可能となり、超サイヤ人3の上位形態として扱われている。これらの設定は後にアニメ版にも輸入されることとなる。

本編ではその性質を活用し悟空はビルス戦以外にヒットとの戦いで時飛ばしを破る直前まで超サイヤ人ゴッドを使用した他、未来トランクスとの手合わせ時やザマスとの決戦時にも使用している。またベジータも変身可能となりゴクウブラックとの決戦時に変身している。

特にベジータは修行により、一瞬だけなら何度変身してもパワーが落ちない様にブルーの力を強化し、ゴッドの状態から瞬間的にブルーの力を解放・爆発する事で、一度は完敗した超サイヤ人ロゼを終始圧倒している。ただし意識的に変身を切り替えているため、不意を狙われるとゴッドの状態で攻撃を受ける事となるが、ゴッドの戦闘力も十分に強力なので並大抵の攻撃では大きなダメージは受けない。しかしゴッドを遥かに上回る合体ザマスに対してはこの弱点を露呈してしまい、ブルーに変身を切り替える暇も無く、この戦法を封じられてしまった。

ゲームでの活躍

ドラゴンボールZドッカンバトル

2018年3月現在孫悟空の超サイヤ人ゴッドのみ実装している。
速・力・知・体属性の4種類があり、体属性のみSR超サイヤ人孫悟空からのドッカン覚醒(いわゆる進化)での入手で、あとはレアガシャSSRとして排出される。

SSR版はどれも攻撃に特化しており、知属性版は更に防御上昇スキルもあるが、元となるDEF数値が低いためそのままでは宝の持ち腐れ。
後に実装された基礎能力向上システム「潜在能力解放」で性能上昇させるとかなり効果が現れる。
火力は速・力の方が高く、特に力属性版は必殺技を撃つのに必要な気力を高めるリンクスキル(隣り合う味方と同じ「リンクスキル」を持っていると発動するスキル)を数多く所持しており、パーティメンバーによっては何もしなくても必殺技発動可能な状態にできる。

また、最近実装された『孫悟空身勝手の極意”兆”』と、力属性版が抜群の相性を有しているため、パーティを組む場合はいつでも隣り合うように所持しておきたい優秀なパートナーでもある。

変身可能な人物


関連イラスト

超サイヤ人ゴッド
ドラゴンボール1


スーパーサイヤ人ゴッド ベジータ
新劇場版 ドラゴンボール超 ーブロリー SSゴッド ベジータ



関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超 神と神
孫悟空 ベジータ サイヤ人 超サイヤ人
赤髪 赤目

関連記事

親記事

超サイヤ人 すーぱーさいやじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「超サイヤ人ゴッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 330058

コメント