ピクシブ百科事典

超サイヤ人ゴッド

すーぱーさいやじんごっど

『ドラゴンボール』のアニメシリーズに登場するサイヤ人の変身形態。
目次[非表示]

概要

劇場版「神と神」やアニメ「ドラゴンボール超」に登場するサイヤ人の変身形態。
原作には登場しない。

正しい心を持ったサイヤ人が6人集まり、そのうち5人が自らのエネルギーを1人のサイヤ人に注ぎ込む事でその1人のサイヤ人が覚醒可能となる。
サイヤ人の神とも言える形態な為、気の性質は神と同じ質になり一般人には気を感じ取ることはできない。

オーラは赤く輝くものになり、髪も赤みがかるが従来の超サイヤ人とは異なり逆立たない。
体は細くなり、瞳は輪郭線があるものに変わり虹彩は赤く瞳孔は黒くなるため、若々しく見える。
身体が細くなるのはフリーザの最終形態の様に無駄が削がれるからだそうだ。

変身には時間制限があり長時間この形態を維持するのは不可能。

デザインは原作者の鳥山明が担当。
ドラゴンボールマイナスで触れられた際には漢字で超サイヤ人神と表記している。
断じて界王拳ではないよ。

戦闘力

原作者の鳥山明によるとゴッドになった悟空の戦闘力はビルスを10、ウイスを15とした場合悟空は6と数値化している。
一見大した数値にも見えなくもないが、超サイヤ人3の悟空が手刀一撃で敗れ、それより強い戦闘力でビルスに挑んだベジータでさえ一割しか出させていないほど強いビルスを相手に彼に七割ほどの力を引き出させるまでにパワーアップしている部分を見ると驚異的な変身であることが分かる。
ドラゴンボール超」ではビルスとの戦いで余波だけで全宇宙そのものを消滅させ無にしてしまうほどとまで界王神に評された。まさに神の領域の力である。

歴史

かつて邪悪なサイヤ人達のやり方に反対し、反旗を翻した善良なサイヤ人達の中から誕生した。
その圧倒的な力で邪悪なサイヤ人の軍勢を壊滅寸前まで追い詰めたが、あと一歩の所で力を使い果たし、倒れてしまったという。
その後、邪悪なサイヤ人達はこの神なる戦士を恐れ、サイヤ人の歴史の中から消し去ったはずであったが、悟空達によって甦ることとなった。
漫画「ドラゴンボールマイナス」ではフリーザもその存在を認知しており、超サイヤ人伝説同様サイヤ人の可能性を危惧していたことが明かされた。

神の気

前述したようにこの形態では一般人は気を感じ取ることはできない。これは神の気が持つ「気を表面に出さない」という特徴からであり、神か同じく神の気を持つものにしか感じ取れない。作中では神であるビルスデンデがその気を感じ取っている。

またこの形態にならずとも神の気を持つことは可能で悟空の場合はビルスとの戦闘中に時間制限により変身が解除されたが、無意識のうちに超サイヤ人ゴッドの持つ神の気を体内に取り込むことに成功し神の力を知らないうちに自分のものとした。
一方ベジータは超サイヤ人ゴッドの存在を知った後、経緯は不明だが修行による独力で神の気を手に入れた。

復活の「F」編では新たにこの超サイヤ人ゴッドの気を持った超サイヤ人が登場。名前は少々ややこしいが「超サイヤ人ゴッド超サイヤ人」となる。ウイスとの修行で悟空とベジータが覚醒した。

漫画版

漫画版「超」では超サイヤ人ゴッド超サイヤ人より超サイヤ人ゴッドの方がパワーは弱いが気の消費が穏やかであり、安定した形態であると設定されている。また自在に変身が可能で超サイヤ人3よりも上の形態として扱われている。
その性質を活用し悟空はビルス戦以外にヒットとの戦いで時飛ばしを破る直前まで超サイヤ人ゴッドを使用した他、未来トランクスとの手合わせ時やザマスとの決戦時にも使用している。またベジータも変身可能となりゴクウブラックとの決戦時に変身している。

変身可能な人物

関連イラスト

超サイヤ人ゴッド
BATTLE OF GOD


神と神 - 超サイヤ人ゴッド ベジータ
スーパーサイヤ人ゴッドベジータ


関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール超 神と神
孫悟空 ベジータ サイヤ人 超サイヤ人
赤髪 赤目

pixivに投稿された作品 pixivで「超サイヤ人ゴッド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 221486

コメント