ピクシブ百科事典

ドラゴンボールマイナス

どらごんぼーるまいなす

鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の前日譚にあたる外伝漫画。正式名称は「DRAGONBALL- 放たれた運命の子供」。
目次[非表示]

概要

「DRAGONBALL- 放たれた運命の子供」(以下略称「マイナス」)とは、2014年発売の鳥山明のコミックス「銀河パトロールジャコ」内に収録されている16頁の描き下ろし読切漫画。
「銀河パトロールジャコ」と同じく同作者の漫画「ドラゴンボール」の前日譚。

フリーザサイヤ人を滅亡させる直前の惑星ベジータでの、孫悟空カカロット)とラディッツの両親バーダックギネの様子が描かれる。発表当時は悟空の生母ギネの初登場が目玉となっていた。

2018年12月公開の劇場版アニメ「ドラゴンボール超ブロリー」において描かれるサイヤ人の歴史の一部として、この短編もアニメ化される予定。

ストーリー

時はさかのぼりエイジ737年。
悪の帝王フリーザの傘下の元、戦闘民族サイヤ人達は数々の星を侵略していた。
その中の一人、バーダックもまた侵略先の星で戦いを繰り広げていた。
そんな中、フリーザより全サイヤ人に惑星ベジータへの帰還命令が出される。
命令の裏に不穏なものを感じ取ったバーダックが取った行動は…。

おもな登場人物

バーダックギネ フリーザ
バーダック
ギネ & 悟空
フリーザ
カカロット(孫悟空)ラディッツベジータ
フリーザ軍  下級兵士カカロット
フリーザ軍 下級兵士ラディッツ(幼年期)
フリーザ軍 上級兵士ベジータ(ドラゴンボールマイナス版)


矛盾点

本作は1990年発表のオリジナルアニメ「たったひとりの最終決戦」と舞台設定が共通する。しかし、バーダックチームのメンバーの相違、ギネの存在、バーダックのカカロットへの関心具合、丸型ポッドに載せられた当時のカカロットの年齢や服装、カカロットを地球へ飛ばした目的や時間(アニメでは、まだ生まれたばかりの赤ん坊で、裸のまま、惑星滅亡直前に地球制圧目的で飛ばされた。マイナスでは、惑星滅亡は1ヶ月先の話で、およそ3歳の時に戦闘ジャケットを着せられて安全な地球へ避難させるため飛ばされた)など違う点が多く、アニメとは全く話がつながらなくなっている
その点では、「ドラゴンボール」後日譚のオリジナルアニメ「ドラゴンボールGT」に話がつながらなくなってきている原作者脚本のアニメ「ドラゴンボール超」と共通している。

また、この短編を通しても「ドラゴンボール」本編でラディッツが語っている内容と合致する点(ラディッツが回想するカカロットが裸の理由、ラディッツとベジータが惑星滅亡から逃れられた理由)もあれば、辻褄が合わない点(ラディッツとギネの間でカカロットを地球に飛ばしたことについての伝達がうまくいってない?、「子供は送り込まれる」はずだがベジータもラディッツも年長者のナッパ同様に星を攻めていた)もある。

関連タグ

ドラゴンボール ドラゴンボールZ ドラゴンボール改 銀河パトロールジャコ
ドラゴンボール超 ブロリー(映画のタイトル)
牛蒡一家 サイヤ人 フリーザ軍 スーパーマン

pixivに投稿された作品 pixivで「ドラゴンボールマイナス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11344

コメント