ピクシブ百科事典

銀河パトロールジャコ

ぎんがぱとろーるじゃこ

2013年発表の鳥山明の漫画。「ドラゴンボール」のプロローグにあたる。
目次[非表示]

週刊少年ジャンプ2013年33号から44号まで短期集中連載された鳥山明の漫画作品。全10話+番外編1話からなる。
オリジナル作品という触れ込みで始まったが、最終話にて「ドラゴンボール」の前日談であることが判明し読者を驚かせた。コミックスは2014年4月発売。

おもな登場人物

ジャコ・ティリメンテンピボッシ

主人公。グレイフリーザ的外見の宇宙人で銀河パトロールの隊員。
地球が凶悪な宇宙人に狙われていることを察知し、それを退治すべく地球にやってきた。
自称超エリートのかっこつけ。「悪党を華麗に退治する自分が格好いい」という動機で銀河パトロール隊員をしているため地球人を守ろうという使命感はとても薄い。
地球人が全滅しようが(宇宙文明視点では)誰も困らないし大したことではないと本音では考えている。
しかし、地球にやってきたと同時に宇宙船がトラブルで壊れてしまい、不本意ながら現地の地球人たちの協力を仰ぐことになり、その交流を描いたのがこの物語となる。
最終話では「凶悪な宇宙人」の到着を待ち続けるがなかなやってこず、これまた不本意ながらしばらく地球滞在を続けることになったという形で終わっているが、実はその宇宙人はジャコが目を離したほんの僅かな隙にすでに到着していた。その正体が何とサイヤ人の赤ん坊(カカロット)であり読者を驚かせた。
ドラゴンボール』のメディアミックスにもつながりが深く、『ドラゴンボールヒーローズ』『ドラゴンボールゼノバース』などのゲームに登場、さらには劇場版アニメ『ドラゴンボールZ 復活の「F」』ではアニメデビューした。

大盛徳之進(オーモリ)

東の都(=数十年後ナッパクンで破壊した都)のはずれの孤島に住む人間嫌いの老人。かつて政府の要請でタイムマシンの研究をしていた時空工学者。不時着したジャコの宇宙船の修理を任される。67歳。

タイツ

ジャコと大盛が東の都で出会った、西の都生まれのSF作家を目指す少女。
番外編で、ドラゴンボールのヒロイン・ブルマの姉であることが明かされる。17歳。妹のブルマとは軽く10歳以上は歳が離れている。
ブルマが大人になった頃には母親と似たような服装をしていた。

関連タグ

鳥山明 ドラゴンボール ドラゴンボールマイナス 復活の「F」
孫悟空(ドラゴンボール)カカロット) ブルマ(ドラゴンボール)
じっちゃん CC一家 ブリーフ博士 ブルマのママ バーダック ギネ
ジャコポーズ

pixivに投稿された作品 pixivで「銀河パトロールジャコ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 255657

コメント