ピクシブ百科事典

大佐マジギレ祭り

たいさまじぎれまつり

「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」(FA)アニメ第53話・54話のロイ・マスタング大佐を描いた絵に対してつけられたタグ。
目次[非表示]

もう喋らなくていいぞエンヴィー。まずその概要から説明してやろう・・・!

鋼の錬金術師 FULLMETALALCHEMIST」アニメ第53話・54話で、エンヴィーロイ・マスタング大佐に彼の親友であるマース・ヒューズ中佐(死後、二階級特進で准将)を殺害した張本人であることを、ヒューズの最愛の妻であるグレイシア・ヒューズに化けながらヒューズを殺したその卑劣な手口を自ら暴露して煽ったのが発端であった。
だが当の大佐はショックを受けるどころか激しい怒りを露わにし、
「もう喋らなくていいぞエンヴィー。まずその舌の根から焼き尽くしてやろう・・・!!」
という言葉と共に凄まじい形相で猛攻を開始。眼球をピンポイントで狙うえげつない攻撃を始め、地獄の業火のごとき焔の錬金術で、エンヴィーを火だるまにしていく。
当初は大佐を見縊っていたエンヴィーも焔の錬金術で身を焼かれてようやく目の前の敵が自分と同じホムンクルスであるラストを殺害した(=自分を殺せる力を持った)相手である事を思い出し、本来の巨大な怪物(トカゲ)の姿に変身したり、ヒューズに変身して大佐の動揺を誘おうとしたり、果ては大佐に変身してリザ・ホークアイ中尉を襲おうとするなど、あの手この手で人間の弱さにつけこむ攻撃を仕掛けてくるが、復讐に燃える大佐にはまったく歯が立たないばかりか文字通り火に油を注ぐ結果となり、再生がまるで追いつかない速さでの爆炎の連撃を受け焦熱地獄を味わわされ続けた。
そして「賢者の石」を使い果たしたエンヴィーは、また胚のような姿に戻ってしまう。止めを刺そうとする大佐だが、ホークアイや後に駆けつけたエドスカーに説得され、ようやく怒りの炎は鎮まった。

いつものクールな佇まいをかなぐり捨て容赦なく爆炎を撃ちまくっているかと思いきや、エンヴィーの目玉や口の中などを正確に狙う超局所的な狙撃の炎と、逃げ隠れしようが巨大化しようがお構いなしに薙ぎ払う大規模な爆撃の炎を使い分けるなど戦闘面では冷静さを失ってはいない。

その後、エンヴィーはエドの説得により殺されずにいたが、エドに「人間への嫉妬」という己の本質を理解されたことで、「人間ごときに自分を理解される」という屈辱に耐えきれず涙を流しながら、核である「賢者の石」を自ら引き剥がし、自害した。



貴様の関連タグは火に油を注ぐだけだ!!

鋼の錬金術師 ロイ・マスタング エンヴィー

どこだエンヴィー!この記事の関連タグを紹介しなければ、さらなる大爆発をぶちかますぞ!

てめーは俺を怒らせた
クリリンのことか

関連記事

親記事

ロイ・マスタング ろいますたんぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「大佐マジギレ祭り」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42583

コメント