ピクシブ百科事典

マース・ヒューズ

まーすひゅーず

「鋼の錬金術師」の登場人物
目次[非表示]

惚れた女と家庭持って普通に暮らすなんて、どこにでもある幸せだ。だが極上の幸せだ
娘だけじゃない、妻も自慢だ!

声優:藤原啓治

人物

1885年生まれ。アメストリス軍所属。
階級は大尉イシュヴァール殲滅戦時)→少佐中佐(本編開始時)。その後、殉職による二階級特進で准将。元軍法会議所勤務。

ロイ・マスタングの親友であり戦友。眼鏡顎鬚がトレードマークなダンディオッサン
家族溺愛しており、所構わず家族の写真を見せびらかしたり、自慢のろけ話のためにの回線を公然と使用するなど、極度の親バカ愛妻家。そのため、しばしば周りに迷惑をかけるものの、同時に気遣いや優しさを家族同様にかけるために、周囲の人物からは非常に慕われていた。
エルリック兄弟に対しても何かにつけ気にかけたり、初対面のウィンリィを自邸に泊まらせ、娘の誕生日パーティに誘うなど、面倒見の良い人物であった。

エド(エドワード・エルリック)から彼が第五研究所で賢者の石の錬成陣を教えてもらっていた為、リオール暴動や各地の戦場の位置を見て国土錬成陣の存在にいち早く気付き、ホムンクルスを狙われてしまう。軍法会議所で襲撃してきたラストを辛うじて退け、国土錬成やホムンクルスたちが大総統や中央上層部と繋がっている事を直感し、一般回線(公衆電話)から東方司令部にいるマスタングにこの事を伝えようとするが、その電話が彼に届く前に最愛の妻グレイシアに化けたエンヴィーに撃たれ、殉職するという悲惨極まりない最期を迎えた。享年29歳。早すぎる死だった。アニメ2期FAでは死の間際、「エリシア…グレイシア…ごめんな…早く帰るって約束…」と最愛の家族に謝罪しながら息絶えた。またその直前にヒューズを撃ったエンヴィーから「人間ってホント愚かだよねえ。無駄なことに命かけちゃったりしてさ」と吐き捨てられる場面が追加されている。
彼の死はエルリック兄弟やウィンリィ、マスタングらのに大きな影を落とした。結果として、漫画では単行本2巻から4巻のみという非常に短い登場であるが、人気は根強い。後にイシュヴァール戦の回想に登場したりするなど、死してなお物語に対する影響力を持っている。
ちなみに、単行本のカバー背表紙に書かれたイラストには彼とラストが登場していないが、これによりある共通点が偶然にも生まれることとなった。

2003年アニメでの活躍

アニメ版第1作ではストーリーがオリジナル且つ、序盤の展開が引き延ばされたので原作よりも長く登場。折り返し地点の25話まで登場した。だがやはりその分最期は悲しいものであった。
なお彼が埋葬された後、アルやウィンリィと共に列車に乗っていたエドが、通り過ぎた駅のホームで笑顔で手を振るヒューズの幻を見かける、という演出がなされた。それは霊だったのか幻だったのかは定かではないが、その様はあたかもエド達に最後の別れを告げに来たかのようであった。

(Wikipediaより一部抜粋、編集)

能力

回転が早く、情報演算能力に優れている。小説版4巻では力仕事に従事するアームストロング少佐とは対照的に「書類仕事なら任せろ」と豪語しており、事実マスタングを上回る速度で仕事を終わらせている。
とはいえ決して頭でっかちではなく、かつてイシュヴァール殲滅戦において前線で戦い抜いた屈強の軍人であり、暗器にも酷似したナイフ達人でもある。

ヒューズさんのナイフ ペーパークラフト



関連イラスト

ヒューズ一家
士官学生時代ヒューズ



関連タグ

鋼の錬金術師 アメストリス グレイシア・ヒューズ エリシア・ヒューズ
ヒューロイ

pixivに投稿された作品 pixivで「マース・ヒューズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388482

コメント