ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「恨みます」

概要

鋼の錬金術師』本編開始から13年前に将校イシュヴァール人子供誤射し殺してしまった事件をきっかけに、その後6年に渡って続いていたイシュヴァール内戦の最後の戦闘
泥沼化している内戦を終わらせるためという名目でキング・ブラッドレイ大総統からイシュヴァール人を兵士民間人問わず一人残らず殺害するという非人道的な命令が下されたことに端を発する。人間兵器と呼ばれる国家錬金術師が実戦に投入され、彼らの圧倒的な力によりアメストリス軍はイシュヴァール自治区の完全制圧に成功し、同地区はその自治機能を失って滅亡した
生き残った数少ないイシュヴァール人は国の内外に散り散りとなり、そこらでスラムを作り細々と生活することになってしまう。
また、この戦争によりイシュヴァール人のハーフスパイ嫌疑がかけられ公職追放となり、1/2以上イシュヴァールの血を引く者は処刑されたブリッグズ所属のマイルズはかろうじてクォーター(もしくはその子孫)だったため残っており、今なお複雑な思いを抱いている。

またウィンリィ・ロックベル両親もこの戦争で命を落としており、それを含めて本作の登場人物の多くに多大な影響を与えた最大の出来事として扱われている。

後にこの戦いのきっかけとなった軍将校がイシュヴァールの少女を殺害したという事件自体がエンヴィーが軍将校に化けて及んだ犯行であり、それによって起こった騒乱(イシュヴァール出身者粛清も含め)をエンヴィーと同じホムンクルスのブラッドレイが鎮めるという、もはやこの内乱そのものがいわば黒幕側の仕組んだマッチポンプのようなものだったことが判明している。

旧アニメでの設定

まだ原作で殲滅戦が描かれる前の放映のため、以下のようにオリジナルとは異なる設定が多い。

  • そもそも射殺事件自体がでっち上げで、実際はデビルズネスト組(当時は軍特殊部隊配属、まだ人間である)によるイシュヴァール人集落襲撃が戦端。彼らは「イシュヴァールの過激派がアメストリスへのテロを目論んでいる」と真っ赤な嘘を吹き込まれ、大量のイシュヴァール人を殺害。口封じのため、襲撃事件に関与した将兵は全員が処刑or合成獣生成実験のモルモットにされた。
  • 原作では賢者の石を使用した殲滅を行ったのはキンブリーだけだが、旧アニメではグラン、アームストロング、マスタングも使用して町ごとイシュヴァール兵を消し飛ばしている。
  • グランが極悪人という扱いであり、主要人物の関係者(ネタバレの為伏字)も部下だったマスタングに命じて射殺させている。それがトラウマで旧アニメのマスタングは銃を使えなくなっている。
  • 第五研究所で合成獣生成実験を行ったのもグランである(原作でもグランが第五研究所の責任者という発言がある)。
  • キンブリーの投獄理由は味方も人間爆弾に変えたから。
  • 原作とホムンクルスたちの黒幕の計画が全く異なるので、イシュヴァール殲滅戦勃発の真意も異なる。
  • なお、誤射の張本人とされたジュリエット・ダグラスなる将校はでっち上げであり実際は存在しないか、とっくに死んでいる。そしてその軍籍を利用して大総統秘書官に成りすましたのがスロウス

参加者

国家錬金術師


アメストリス兵


軍医


民間人


イシュヴァール


余談

『鋼の錬金術師』掲載から2年と経たずにアメストリスに名前や人種が似ている国イシュヴァール同様砂だらけの国に攻め込んでいる。
余談だが、旧アニメが放送されたのは2003年である。この意味をお忘れないよう。

戦争映画とかね。そんなのは見ないですよ。」
(『鋼の錬金術師』15巻作者コメントより、取材に応じたとある戦争経験者の男性)

関連項目

鋼の錬金術師 アメストリス軍

関連記事

親記事

イシュヴァール いしゅゔぁーる

コメント