ピクシブ百科事典

イシュヴァール殲滅戦

いしゅゔぁーるせんめつせん

『鋼の錬金術師』内で描かれた戦争。
目次[非表示]

概要

本編開始から13年前に将校イシュヴァール人子供誤射し殺してしまった事件をきっかけに、その後6年に渡って続いていたイシュヴァール内戦の最後の戦闘
泥沼化している内戦を終わらせるためという名目でキング・ブラッドレイ大総統からイシュヴァール人を兵士民間人問わず一人残らず殺害するという非人道的な命令が下されたことに端を発する。人間兵器と呼ばれる国家錬金術師が実戦に投入され、彼らの圧倒的な力によりアメストリス軍はイシュヴァール自治区の完全制圧に成功し、同地区はその自治機能を失って滅亡した。
生き残った数少ないイシュヴァール人は国の内外に散り散りとなり、そこらでスラムを作り細々と生活することになってしまう。

またウィンリィ・ロックベル両親もこの戦争を落としており、それを含めて本作の登場人物の多くに多大な影響を与えた最大の出来事として扱われている。

後にこの戦いのきっかけとなった軍将校がイシュヴァールの少女を殺害したという事件自体がエンヴィーが軍将校に化けて及んだ犯行であり、それによって起こった騒乱をエンヴィーと同じホムンクルスのブラッドレイが鎮めるという、もはやこの内乱そのものがいわばホムンクルス達の仕組んだマッチポンプのようなものだったことが判明している。

参加者

国家錬金術師


アメストリス兵


軍医


民間人


イシュヴァール


関連項目

鋼の錬金術師 アメストリス軍

pixivに投稿された作品 pixivで「イシュヴァール殲滅戦」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 388

コメント