ピクシブ百科事典

ホムンクルス(鋼の錬金術師)

ほむんくるす

荒川弘の漫画及びそれを原作としたアニメ『鋼の錬金術師』に登場する人造生命。
目次[非表示]

概要

鋼の錬金術師』は原作漫画と2003年放送のTVアニメで大きく設定が異なるが、ホムンクルスはどちらでも主人公であるエルリック兄弟と敵対する7人の人造人間として登場する。
彼らは七つの大罪に相当する名が与えられており、どの媒体においても即死級の攻撃ですら一瞬にして蘇生する再生能力と、200年生きても外見が変わらない不老長生を有する。ホムンクルスは人間と構成物質こそ大差ないが、体内に赤い石を有しており、これにより前掲の疑似不老不死としての肉体を維持している(赤い石の設定は原作と旧アニメで異なる)。
七体のホムンクルスは、他にはない特殊な能力を各個有しており、それらは往々にして他のホムンクルスをも凌駕する代物である。
彼らの体にはどこかにウロボロスの紋章が刻まれており、バラバラの状態から再生しても消えることがない。

中でも原作初期から登場するラスト・グラトニー・エンヴィーの三人は原作及び旧アニメのどちらにおいても3人でつるんでいることが多かったが、他は各自の思惑通りに動き、7人が完全な一枚岩だったことは原作・旧アニメ双方で一度たりとも存在しない

※以降の記載には本編のネタバレを含みます

原作・アニメ『鋼の錬金術師FA』における独自設定

  • 彼らを作ったのはヴァン・ホーエンハイム血液から作られたお父様と呼ばれる世界最古のホムンクルス。『お父様』が不要な欲望を削っていくうえで生まれたため、彼らは七つの大罪の名を有する。
    • したがって遺伝情報的にはエルリック兄弟とは腹違いの兄および甥・姪にあたる。(カバー下でネタにされていた)
  • 体内の赤い石は完全な賢者の石である。そのため、賢者の石部分さえ残っていれば全身が蒸発したとしても復活するが、賢者の石は人間のの結集体なので、一回再生能力を使用する度に残機である魂を消費していく。
  • したがって賢者の石を液化させ、人間に流し込むことによりその肉体を乗っ取ることも可能。ただし、老化は(遅くはなるが)するし、再生能力も使用できなくなる
  • 皆黒っぽい服を着ているが、これらは体の一部でありこれ以上脱ぐことができない。
  • 一切の生殖能力を有していない(肉体が人間ベースであるグリリンとブラッドレイは生殖出来る可能性がある)。


旧アニメ版における独自設定

  • 彼らを作ったのはイズミの師であるダンテ。彼女はホーエンハイム(旧アニメではホーエンハイム・エルリック)の最初の妻である。
  • ホムンクルスは人体錬成の失敗作」の成れの果ての姿。
  • 体内の赤い石は不完全な賢者の石であり、彼らは完全な人間としての転生に憧れている。
  • 賢者の石を使い切って消滅した場合、しばし空席(欠員)となり、次の人体錬成の失敗に際しその席に割り振られる。そのため原作以上に名前のモチーフと無関係な行動をとることが多いが、そもそもダンテがテキトーに名付けているだけなので本人たちも気にしていない。
    • 作中ではラースとラストには「先代」がいたという設定(恐らく賢者の石を使い切って死滅している)。
  • 人体錬成は確実に失敗するが、「作り出そうとした対象」は一応存在するため、その死体(遺骸)を目の当たりにすると急激に弱体化する。
  • 服は脱げる。


メンバー

ラスト(Lust)

御姉様ー!


CV:佐藤ゆうこ(旧)/井上喜久子(FA)
色欲のホムンクルス。妖艶な美女の姿をしている。紋章の位置は鎖骨部。
ホムンクルスの司令塔的な立ち位置(旧アニメでも序盤だけはそういう扱いだったが、生まれ順が遅いことから段々小間使いに成り果て、しまいにはエルリック兄弟と共闘する)。
特殊能力は最強の矛と呼ばれる、ホムンクルス最強の貫通力を有する伸縮自在の
原作では二番目に誕生した。

グラトニー(Gluttony)

食欲のホムンクルス
よくもラストを!!


CV:高戸靖広(旧)/白鳥哲(FA)
暴食のホムンクルス。禿げ頭の太った小男の姿をしている。紋章の位置は
見た目通り間が抜けていて、ラストを慕っている。ちなみに原作では一人称が「おで」、旧アニメでは「ぼく」。
常に空腹であり、優れた嗅覚で相手を探し当て捕食する。旧アニメでは真理の門の失敗作という設定であり、原作及びFAでは真理の扉の模造品を腹から作り出し空間そのものを「呑む」ことができる能力を発揮。
原作では五番目に誕生。

エンヴィー(Envy)

e.
コラボめでたい


CV:山口眞弓(旧)/高山みなみ(FA)
嫉妬のホムンクルス。やせぎすの中性的な外見(旧アニメでは男と言う設定)。紋章の位置は左腿。
皮肉屋でとことん性格が汚い。後述の特性上、凄まじいほどの体重とパワーを誇る。特に旧アニメでは終盤までひたすら物語をかき回していたが、その正体は意外な人物であった。
何にでも変身できる能力を有しているが、その本性はどの媒体でも巨大な化け物の姿をしていた。また原作・新アニメにおいては賢者の石を使い切った直後の「核」の状態から触れた人形兵を吸収することで復活する描写があった。
原作では四番目に誕生。

グリード(Greed)

デビルズ・ネストに吸ってるグリード
初代リン


CV:諏訪部順一(旧)/中村悠一(FA)
強欲のホムンクルス。突き立った頭と釣り目を持つ青年。紋章の位置は左手甲(盾装備時にも浮き上がる)。
その二つ名に恥じぬ強欲ぶりを有する野心家であり、一度手にしたものは自らの身を削ってでも離さない。造物主の元を離れデビルズネストという酒場で暮らしていた。原作では『お父様』に処刑されたが、残った賢者の石はシン国の王子リン・ヤオに宿され、長い事二重人格として活動していた。この形態をグリリンと呼んだりもする。
固有能力は最強の盾と呼ばれる防御力。体内の炭素を結集しダイヤモンド並みの硬さを得る。
原作では三番目に誕生。


残る三名はアニメ放映中に登場したため、設定は大きく異なります。

プライド(Pride)

傲慢のホムンクルス。

旧アニメ版

キング・ブラッドレイ大総統


CV:柴田秀勝(新アニメにも続投)
その正体はキング・ブラッドレイその人。細かい設定は原作と変わらないが、再生能力と空気の流れを読む力を有する。ちなみにこっちでは養子のセリムはフツウの人間
原作のお茶目な部分は単なる演技であり、ダンテにとって最も有能で忠実な家臣である。

原作/新アニメ版

傲慢


CV:三瓶由布子
何の皮肉かセリム・ブラッドレイその人。セリムの肉体は単なる器であり、本体はどす黒い平面の。この影を自在に操り、相手を切り裂いたり拘束したりする。単純な戦闘力はトップクラスである。
傲慢の名に恥じず、見た目とは真逆の徹底した残虐ぶりと狡猾な知能を有する。
『お父様』から最初に切り離されたため外見もよく似ている。誰が読んだかこども長男。義父であるラースは末弟なのに父。
紋章の位置は不明。

ラース(Wrath)

憤怒のホムンクルスであるが、どちらもあまり激情しない。
なお、彼のみプライドとの対応のため原作を先に表記する。

原作/新アニメ版

不撓不屈六十年史


CV:柴田秀勝
アメストリスの支配者であるキング・ブラッドレイ大総統の真の姿。
最後に作られたホムンクルスであり、人間の肉体を乗っ取った姿。そのため老化もするし再生能力も持たない。
固有能力は普段眼帯で隠してある最強の眼であり、ここに紋章がある。優れた動体視力と高い身体能力を用いた剣戟戦を得意とする。
旧アニメに比べるとモトが人間なのでお茶目な部分、男らしい部分が目立つ。

旧アニメ版


CV:水樹奈々
少年の姿をしたホムンクルス。紋章の位置は右足裏。
青白い肌をしているが、なぜか右腕と左足の色・大きさが異なる。
固有能力は融合能力であり、他の物質と触れ合うことでその物質と合体することができる。そのためホムンクルスで唯一錬金術を使えるが、戦闘力は7人の中で最も低い。
誕生当初は記憶を有していなかったため、とある方法で現実世界に出現してからは放浪を重ね、自分が人間だと思い込んでいた。後にエンヴィーに赤石を埋め込まれたことでホムンクルスとして覚醒する。
詳細はラース(鋼の錬金術師)を参照。

スロウス(Sloth)

怠惰のホムンクルス。

原作/新アニメ版

めんどくせぇ


CV:立木文彦
ホムンクルスで最も大きな体を有している。紋章の位置は右肩。
サボり癖があり事あるごとに「めんどくせぇ」と言い放つが、その固有能力は最速の足であり、ラースをも凌ぐスピードを有する(速すぎて本人の反応速度を超えている)。その巨体から放つ怪力攻撃、戦車の砲弾でも耐えるほどの筋肉の鎧も強力。
六番目に生み出され、ひたすら地下で穴を掘らされていたが…?

旧アニメ版

スロウス


CV:鷹森淑乃
ホムンクルスの末っ子。紋章の位置は左胸。
背の高い美女の姿をしており、怠惰どころかホムンクルスの中でも一番の働き者である。
大総統秘書官ジュリエット・ダグラスに擬態していた。
固有能力は体の液状化

関連イラスト

旧アニメ版

【切り絵】初代アニメ版のホムンクルス達



原作設定

七つの大罪
七つの大罪~お父様



コラボ

10のホムンクルス
ホムンクルス大集合



関連項目

鋼の錬金術師 アメストリス軍 
悪役 ダークヒーロー 悪の美学 七人組

pixivに投稿された作品 pixivで「ホムンクルス(鋼の錬金術師)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 81927

コメント