ピクシブ百科事典

悪役

あくやく

物語における悪人のこと。またそのようなキャラクターを演じる役者のこと。
目次[非表示]

概要

各種フィクションの作中において、明確に悪人と位置づけられるキャラクター全般を指し英語のヴィラン(villain)に相当する役どころのこと。また、そうした役柄そのものや、悪人を演じている役者のことを指す。歌舞伎では悪人方・悪形などとも呼ばれていたが、現在は悪役を敵役と称する。

あらゆるフィクションにおいて重要な役割を果たすが、特に「勧善懲悪」モノには絶対に欠かせない役どころとなる。

基本的に、作中(その作品世界において)で主人公側の視点から見た悪事を働き、憎まれたり恨まれたり、最終的に倒されたりする役割を担う。この悪役の行動やキャラが立っているほど主人公サイドが引き立ち、読者や視聴者のカタルシスを生む。逆の言い方をすれば、優れた悪役がいなければ、主人公は輝かないのである。

悪役と一口に言ってもそのキャラクター性は幅広く、部下を平気で切り捨てる冷酷なキャラや、自分の哀しい過去からの道へ進んでしまったキャラ(※いわゆる美形悪役に多いキャラ付け)鬼畜ヒーローのせいで同情を誘う悪役や、憎めない小悪党タイプなど、様々な悪役がいる。
逆に悪役のほうを主人公サイドとした作品も多々あり、悪役側の視点から状況を逆転して見ると、それまで正義と思われていたものがにもなりうる。それにより受け取る側にも色々と考えさせられたり、発想の転換を促されるど、物語の面白さや奥行き・深さ全般を担う重要な役どころでもある。

「悪役」と「敵役」の違い

「主人公と対立する立場ではあるが悪人ではない」「主人公と敵対するがのちに協力者となる」などのパターンの場合は、敵役(かたきやく)と呼ばれ、悪役とは区別される。この場合の敵対キャラは英語のアンタゴニスト(Antagonist)に相当する。

どちらも似たような意味の言葉ではあるが、字面的に敵役の方が「敵だけど悪ではない」という事が解りやすい。

時代劇において

勧善懲悪を主とする時代劇において悪役は必要不可欠な存在。
山吹色の菓子が大好きな代官や利権独占の為に賄賂を付け届ける悪徳商人、単純馬鹿なゴロツキ・ヤクザなどが各話で必ず登場する。(というか彼らがいないと話が進まない)

なお、上記の者に雇われた腕の立つ浪人など主人公達に成敗される為だけに登場するモブの悪役のことを「斬られ役」とも言う。
中には斬られ役専門の職人芸的な俳優もおり、一部のマニアックな時代劇ファンから人気がある。

悪役のキャリア

概ね大部屋俳優と呼ばれる脇役からの出身が多いが、悪役としても時には主役級の演技力が要求される事もありベテラン俳優が多い。その為か悪役に美学を見出し日々精進を重ね悪役専門とする役者も多い。

その出演作でインパクトある演技力を惜しみなく発揮すると「怪演」と評価され「怪優」と称えられる。

実は彼らは私生活ではストイックかつ非常に腰の低い人達が多いとのこと。特に演者同士では敵味方役関係なく団結力が強い傾向にある。

八名信夫氏率いる悪役俳優専門ユニット「悪役商会」では、非常にモラルを大事にする掟があるらしく、例え軽微といえども人様ならびに社会に迷惑をかける罪を犯した場合はユニットからの追放というとても厳しいものを敷いている。その理由は悪役を演じる側が本当に社会の悪役になってはならないという八名氏の理念からだそう。

悪役を演じる事の苦悩

先述のように悪役の美学を見出し、演技を磨く事で自身の持ち味を身に付けるという役者魂があるが、時にはその培った演技力のあまりに、演じる役の悪行がリアルに映り過ぎてしまい、それを真に受けた視聴者から演者そのものが憎まれるというケースも少なくはない。

視聴者に虚実混合させる程の演技力や悪役の魅力がプラスに評価されるのは役者冥利につきる為良い事ではあるのだが、問題はその演技力の凄まじさや、作中のストーリーの展開によって、視聴者側の感情移入が度を過ぎてしまった場合である。
作品によっては、悪役の劇中の言動や顛末に納得がいかず、そのフラストレーションの捌け口代わりに悪役の演者を執拗に攻撃する事で憂さ晴らしを図ろうという、たちの悪い視聴者も少なくなく、あくまでもシナリオや設定に則った演技であるのに、演者が物凄いバッシングを受けたり、実生活の中で八つ当たり同然に嫌がらせに遭うという風評被害に発展したことも決して少なくない。

その被害の内容も時代によって変化しており、インターネットが一般的に普及する90年代半ば以前は、『カミソリを仕込んだファンレター(所謂『カミソリレター』)』や特に手の込んだものとして『虫の死骸や生ゴミ等を山程に詰めたプレゼント』を悪役の演者の所属する芸能事務所や演者の住所(この頃は今よりも芸能人の個人情報がかなりオープンな時代だった)に送りつけるなどが主であったが、ネット文化が発達し、また個人情報が厳重に管理されるようになった今の時代においては、2ちゃんねるをはじめとする様々な掲示板やTwitterInstagramをはじめとするSNSなどで、悪役やその演者に対する恨み辛みや悪罵、更にはあらぬ“裏話”を書き連ねる事で炎上させ、演者のプライベートでの評判を貶めようとするやり口が主となっている。
また、中には撮影現場やプライベートにおいて、偶然鉢合わせた視聴者から、直接罵られたり、半ば暴行まがいな仕打ち(石を投げつけられる、足蹴にされる、ビンタされる、等)を受けたという事例も少なくない。

勿論、それに対する演者達の反応も様々で、ファンの想いを無碍にしない為に敢えて悪役として嫌われる汚名を一生被り続けていくと決心した演者や、悪役として嫌われた経験を大きな土台にしてその後、役者として更に飛躍する為の糧にした殊勝な演者もいる。が、中には二度とその作品のその役をやりたくないと公言した演者もおり、収録現場では涙しながらも気丈に演じた…という話を持つ演者もいたり、精神状態が本当にギリギリのところまで陥ってしまった演者の逸話も少なからずある。そして…中には絶えぬバッシングに心が折れて最悪の結末を迎えてしまった演者も…

こういった事がある為か、近年では共演者や制作側からのフォロー発言というものも見られるようになってきた。

詳しくは『風評被害』を参照。

ここまで読んだ方はもうお分かりだとは思うが、ドラマや映画に出てくる悪役達がどれほどイヤな奴であっても、それはあくまでも全て「演技」である。
坊主憎けりゃ袈裟まで憎いという言葉の通り、番組中における役者の言動に対して嫌悪感を覚えるのは仕方が無いが、演じた方々はこういう役を演じた事自体は悪くない事を忘れてはいけない。罪を憎んで人を憎まずという言葉があるように、悪役(がとった行動)を憎んでもそれを演じた役者まで憎んではいけないという事を忘れないように。
たとえ、客観的に自己責任の要素が在ってもそれを理由に徹底的に攻撃し、あまつさえ、そうやって自分の腹いせをしようと考える事は間違いである。役者に限らず、こういった誹謗中傷をする理由は知らない人間だからが大半だと思う。知らないから悪い印象しか無い人間それだけの人間と思い込み、仕事でも自分を不快な気分にさせた人間を許さないのである。

更に言うと、世の中には演じた役と同じ様な悪行(不祥事)を現実でも犯した役者も無きにしもあらずだが、勿論これは異例中の異例であり、そうした稀例や『悪役=演者も悪人』『テレビの中で許せない行動をとった=コイツは断罪すべき人間』という安易な偏見だけで、悪役を演じたり、問題行動をとった役者を過剰に攻撃する事は、慎むべきであることを頭において欲しい。

関連イラスト

悪の科学者
悪は滅びぬ!何度でもよみがえるさ!
次郎さんヴィランオールスターズ
マレフィセント



悪役の職業・属性など

魔王系魔王 / 大魔王魔女悪魔 / 小悪魔
支配者皇帝首領悪代官
職業不良 / ヤンキー / チンピラ / ヤクザテロリスト泥棒強盗詐欺師クラッカーネットワーク犯罪者)、マフィア死の商人戦争屋殺し屋殺人鬼)、海賊マッドサイエンティスト野心家軍人傭兵怪人モンスター
思想世界征服力こそ正義復讐弱肉強食
性格狂気狂人意地悪嘘つきわがままひねくれもの自分勝手サイコパス / 残忍ナルシスト高飛車欲張りドSまぬけ / ドジっ子 / バカ偉そうスケベ女好き)、卑怯者卑劣漢偽善者エゴイスト腹黒変態クズ / 人間のクズ / 真面目系クズ慇懃無礼
特徴正当化KYリンチ復讐 / 逆恨みトラブルメーカークーデター高笑い
版権ヴィラン / スーパーヴィラン / ヴィランズ / ディズニーヴィランズキュア悪役 / プリキュア悪役オールスターズ


関連タグ

敵キャラ敵役敵女
悪人悪党悪漢悪女ヒール
ボスボスキャララスボス
ライバルライバルヒロインダークヒーロー / ダークヒロイン
兵士戦闘員 / 女戦闘員雑魚敵クズモブ
悪役関連憎めない悪役哀しき悪役美形悪役必要悪三流悪役悪役化悪役令嬢悪役レスラー悪役顔
他関連勝てる気がしない佐山・御言


悪役を演ずることの多い俳優・声優

※男女の区別無く名前で50音順。近年は演じる機会が少ない人物でも、かつて悪役キャラをメインとしていた人物も記載。

俳優・女優

あ行赤星昇一郎 / 阿藤快 / 天本英世 / 新井浩文 / 安藤三男 / 飯田基祐 / 石橋雅史 / 石橋凌 / 石橋蓮司 / 石丸謙二郎 / 石山律夫 / 泉谷しげる / 伊武雅刀 / 宇梶剛士 / 潮健児 / 内田勝正 / 梅宮辰夫 / 江波杏子 / 榎木孝明 / 江見俊太郎 / 柄本明 / 江守徹 / 遠藤憲一 / 大倉孝二 / 大杉漣 / 大澄賢也 / 大滝秀治 / 大前均 / 緒形拳 / 岡田眞澄 / 小木茂光 / 小沢和義 / 小沢仁志 / 小沢真珠 / 小野武彦 / 小野寺昭
か行香川照之 / 賀集利樹 / 勝新太郎 / 蟹江敬三 / 金田明夫 / 亀石征一郎 / 川合伸旺 / 河原さぶ / 岸部一徳 / 北原義郎 / 北村一輝 / 北村総一朗 / 木下ほうか / 京本政樹 / 草刈正雄 / 国広富之 / 國村隼 / 黒沢年男 / 黒部進 / 幸田宗丸 / 神山繁 / 小林稔侍 / 小日向文世
さ行篠井英介 / 笹野高史 / 佐戸井けん太 / 佐藤二朗 / 佐野史郎 / 沢竜二 / 宍戸錠 / 嶋大輔 / 嶋田久作 / 神保悟志 / 菅貫太郎 / 菅田俊 / 菅原文太 / 杉本哲太 / 曽我町子
た行高木均 / 高倉健 / 高嶋政伸 / 高嶋政宏 / 高橋克実 / 高畑淳子 / 田口計 / 田口トモロヲ / 宅麻伸 / 田中邦衛 / 田中哲司 / 田中要次 / 田山涼成 / 丹古母鬼馬二 / 団時朗 / 段田安則 / 丹波哲郎 / 地井武男 / 津嘉山正種 / 津川雅彦 / 津田寛治 / 露口茂 / 鶴見辰吾 / 寺島進 / 寺田農 / 徳井優 / 床嶋佳子 / 豊川悦司
な行内藤剛志 / 中尾彬 / 中田浩二 / 長門裕之 / 中野英雄 / 中村獅童 / 名古屋章 / 夏木マリ / 菜々緒 / 奈美悦子 / 波岡一喜 / 生瀬勝久 / 名和宏 / 西岡徳馬 / 西田健 / 西田敏行 / 西村雅彦
は行袴田吉彦 / 萩原健一 / 萩原流行 / 白竜 / 橋爪功 / 橋本さとし / 長谷川初範 / 浜田晃 / 原田芳雄 / 原田龍二 / 春田純一 / 半田健人 / 緋田康人 / ビートきよし / ビートたけし / 左とん平 / 平泉成 / 平幹二朗 / 広瀬匠 / 福本清三 / 藤岡琢也 / 藤村俊二 / 船越英一郎 / 古田新太 / 細川俊之 / 穂積隆信 / 堀部圭亮 / 本田博太郎
ま行前田吟 / 誠直也 / 正名僕蔵 / 升毅 / 益岡徹 / 松方弘樹 / 松重豊 / 松田優作 / 的場浩司 / 丸山智己 / 麿赤兒 / 三浦浩一 / 三木のり平 / 三國連太郎 / 光石研 / 宮川一朗太 / 六平直政 / 村井國夫 / 目黒祐樹 / 森田順平 / 森次晃嗣 / 森山周一郎
や行柳生博安岡力也 / 八名信夫 / 山﨑努 / 山城新伍 / 山村紅葉 / 山本昌平 / 吉田鋼太郎 / 吉行和子 / 米倉斉加年
ら行竜雷太
わをん若山富三郎 / 渡瀬恒彦 / 渡辺哲 / 渡辺いっけい


声優

あ行青野武 / 青山穣 / 飯塚昭三 / 池田秀一 / 池田勝 / 石川界人 / 石田彰 / 石田太郎 / 石塚運昇 / 石森達幸 / 市川治 / 伊藤美紀 / 稲田徹 / 井上和彦 / 井上喜久子 / 井上瑤 / 内海賢二 / 梅津秀行 / 江原正士 / 江森浩子 / 大塚明夫 / 大塚周夫 / 大塚芳忠 / 大友龍三郎 / 大原さやか / 大平透 / 緒方賢一 / 岡本信彦 / 置鮎龍太郎 / 小野坂昌也 / 小原乃梨子
か行梶裕貴 / 勝生真沙子 / 加藤精三 / 蟹江栄司 / 神谷明 / 家弓家正 / 京田尚子 / 銀河万丈 / 釘宮理恵 / 玄田哲章 / 郷里大輔 / 小杉十郎太 / 小西克幸 / 小林清志 / 子安武人 / 小山茉美 / 小山力也
さ行坂本千夏 / 榊原良子 / 笹岡繁蔵 / 佐々木功 / 佐藤正治 / 櫻井孝宏 / 沢城みゆき / 沢りつお / 塩沢兼人 / 塩屋浩三 / 宍戸留美 / 柴田秀勝 / 島香裕 / 島田敏 / 壤晴彦 / 島崎信長 / 鈴置洋孝 / 諏訪部順一 / 関俊彦 / 関智一 / 沢海陽子 / 曽我部和恭
た行高木渉 / 高山みなみ / 滝口順平 / 多田野曜平 / 立木文彦 / 龍田直樹 / たてかべ和也 / 田中敦子 / 田中和実 / 田中信夫 / 田中真弓 / 田中理恵 / 千葉繁 / 茶風林 / 津田健次郎 / 戸谷公次 / 飛田展男 / 富田耕生 / 富山敬 / 戸松遥 / 豊崎愛生
な行中尾隆聖 / 中田譲治 / 中村秀利 / 中村悠一 / 生天目仁美 / 納谷六朗 / 奈良徹 / 西村知道 / 根谷美智子 / 能登麻美子
は行 土師孝也 /林原めぐみ / 速水奨 / 日野由利加 / 檜山修之 / 広瀬正志 / 深見梨加 / 福山潤 / 藤原啓治 / 二又一成 / 古川登志夫 / 古谷徹 / 宝亀克寿 / 細谷佳正 / 堀内賢雄 / 堀秀行 / 堀之紀
ま行増田俊樹 / 松本梨香 / 三木眞一郎 / 緑川光 / 三宅健太 / 宮野真守 / 麦人 / 森川智之
や行矢尾一樹 / 梁田清之 / 山路和弘 / 屋良有作 / ゆかな / 遊佐浩二
ら行
わをん若本規夫 / 渡辺明乃 / 渡辺久美子 / 渡部猛


外部リンク

関連記事

親記事

登場人物 とうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「悪役」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3288537

コメント