ピクシブ百科事典

火野正平

ひのしょうへい

日本の俳優・タレント。かつては「昭和の色男」や「元祖プレイボーイ」として名を馳せた人物。
目次[非表示]

概要

1949年5月30日東京都目黒区生まれで現在は大田区在住。本名及び旧芸名は二瓶康一(にへい こういち)。シーズ・マネージメント所属。

1961年に劇団こまどりに入団。翌1962年、『少年探偵団』(フジテレビ版)でデビュー。1973年NHK大河ドラマ『国盗り物語』で木下藤吉郎豊臣秀吉)を演じ、注目を浴びる。

人物

東京出身であるが、学生時代の一時期に大阪に住んでいたことがあるため、今でも時々関西弁が出ることがある。幼少時には父親の仕事の関係で岐阜県大垣市に住んでいたこともある。

「火野正平」の名義は、出世作『国盗り物語』から使っている。名前が似ていることから小説家の火野葦平の息子と言われた事もあったという(実際には血縁関係は無い)。「正平」の「正」は、当時の所属事務所の社長と交友があった小説家の池波正太郎から取った。

2011年よりNHKBSプレミアムにっぽん縦断こころ旅』のパーソナリティを務めており(メイン画像参照)、「とうちゃこ」のセリフとともにすっかり「口は少々悪いが気のいいおじさん」というイメージが定着している。
また、『こころ旅』の放映直前にはBS日テレで『長七郎江戸日記』が再放送※されており、若い頃と現在の姿の対比が可能である。

※交互に再放送されている『八百八町夢日記』の放映時は除く。

幼少期からの大の愛犬家であり、「女がいない時期はあっても、犬がいない時期はなかった」と言うほど。最大で同時に9匹飼っていたとのこと。

元祖プレイボーイ

私生活では1970年に一般女性と結婚し1男1女をもうけるも1972年に離婚※。
その後は数多くの女優と浮名を流し、ワイドショーや女性週刊誌の格好のネタとなることも少なくなかった。ただし、この手のタレントには珍しく、悪評が立ったことはほとんど無い(本人曰く「女から捨てられるタイプ」だとか)。
1982年には別の一般女性と事実婚状態※となり、籍を入れないまま2女を授かっており、現在もその女性と同居していることを明かしている。

※離婚したとはいえ前妻との戸籍そのものは抜いておらず、再入籍が不可能だったための苦肉の策と思われる。

これらの経緯から「握手しただけでも妊娠する」とまで言われ、前述の『こころ旅』でもこれをネタに「ハイ、俺と握手した人(現地のおばちゃん)みんな妊娠したよ~」とか「AKB握手会も行くよ~」などといったジョークを飛ばしている。
加えて、若い頃の火野の顔立ちがあまりにも濱田岳にそっくりであったため、2016年には「実は親子なのでは」という噂が立ったが、両者に血縁関係は一切無い。

関連イラスト

火野正平

夫婦善哉の火野正平がムチャ可愛いい。でもたまにええ声出してます。



関連タグ

俳優 男優 色男 プレイボーイ

玉置浩二 - 「玉置さんには負ける」と述べ、「あの人は…平成の火野正平だ」と発言した。

外部リンク

プロフィール (所属事務所)
プロフィール (NHK人物録)
Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「火野正平」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4234

コメント