ピクシブ百科事典

ベルトスクロールアクション

べるとすくろーるあくしょん

アクションゲームの一つのジャンル。
目次[非表示]

概要

ベルトアクションゲームは'90年代の代表的なアクションゲームのジャンル。
省略形でベルトアクション、ベルトゲーと呼ばれることもある。
対戦格闘ゲーム(格ゲー)と合わせて、格闘ゲームというジャンルとして呼ばれていた。
しかし、対戦格闘ゲームや3D系ゲームが主流になった現在は、殆ど新作が作られていない。

1986年にテクノスジャパンから発売された「熱血硬派くにおくん」でシステムが確立され、翌年同社から発売された「ダブルドラゴン」で完成された。その後もカプコンの「ファイナルファイト」をはじめ、各メーカーからこのゲームのシステムを踏襲したゲームを多く作られていった。

多人数の敵を相手に【殴る、蹴る、投げ飛ばす】の近接格闘戦の「ダブルドラゴン」「ファイナルファイト」タイプと、敵に投げることは出来ないが、武器を持って多人数の敵をなぎ倒す「ゴールデンアックス」タイプなどがある。

基本ルール

プレイヤーが前方に進んでいると敵が登場し、画面のスクロールが固定されて先に進めなくなる。期定数の敵を倒すことで、フィールドのスクロールが可能となり、先へ進むことができる。進んだ後に再び敵が現れて、倒すと先へ進む。これを繰り返し、各ステージのボスのエリアにたどり着き、ボスを倒してクリア。

特徴

  • フィールドは前方(一部縦、斜め)右方向のみの一方通行。引き返しは出来ない。3D作品の場合は、各エリアのチェックポイントに到達すると、次のエリアへ移行。前のエリアへは引き返し出来ない。
  • 対戦格闘ゲームとは違い、一部の作品を除きガードが出来ないため、一度攻撃を受けると終わるまで身動きが取れず、一定回数攻撃を受けると、吹き飛びダウンをする。
  • プレイヤーキャラにはボタン同時押しで、体力を消耗するが、左右の敵にダメージを与える緊急回避攻撃がある。
  • 作品にもよるが、簡単なコマンド操作で必殺技が出せる。通常の連続技で組み合わせると大ダメージ。また、一部の作品では、敵全体にダメージを与える必殺技もある。(「ザ・キングオブドラゴンズ」の魔法や、「パワードギア」のギガクラッシュなど)
  • 2人同時プレイだと、登場する敵の数が多くなる。また、ボスキャラの耐久力が上がる。一部の作品ではボスキャラは分身したりする。


作品リスト

※pixivに投稿作品がないゲームはリンク無しよ。

テクノスジャパン

カプコン

セガ

コナミ

バンダイナムコゲームス(旧ナムコ、旧バンプレスト、旧バンダイ

タイトー

ジャレコ

SNKSNKプレイモア

アイレム

台湾IGS

その他

など

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「ベルトスクロールアクション」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56990

コメント