ピクシブ百科事典

ハンティングアクション

はんてぃんぐあくしょん

「ハンティングアクション」とは、コンピュータゲームのジャンルの一つである。狩りゲーとも呼ばれる。
目次[非表示]

概要

いわゆる3Dアクションゲームの一種であるが、「複数プレイヤーで協力(=マルチプレイ)して大型の敵を倒す(=狩る)」「敵から得られる素材を集めて自らを強化していく」などの特徴を持つ。
日本でのハンティングアクションの源流は『ファンタシースターオンライン(PSO)』であるといわれる。PSOは公式ではアクションRPGという括りであるが、「複数人でPTを組みミッションを受ける」「ミッションの目的は大型のボスを倒すこと」「敵の落とす武具を入手して自己を強化する」など、後のハンティングアクションに繋がる要素を含んでいる。
ハンティングアクションという言葉が生まれたのは「モンスターハンター(MH)」シリーズの登場による。MHはPSOのシステムモチーフとし、よりアクション性を強化したゲームとして世に登場する。倒したモンスターからの素材剥ぎ取り、素材の採取発掘などのシステムはMHが元である。
PSO、MHとも、初めはネット上で仲間を探して行うオンラインゲームとして世に出たが、両作品とも、3D描画を行うことが出来、複数人で通信プレイが可能であるということからPSP移植されることになる(PSPoMHP)。これらのヒットにより、ハンティングアクションは携帯ゲーム機向きのジャンルとして定着していくことになる。

主なハンティングアクション

モンスターハンター
ハンティングアクションというジャンルを完成させたシリーズ社会現象とまで呼ばれ、その最高潮であるPSPのMHP3は、400万本以上を売り上げた。現在はナンバリング作品では3DSMH4G最新作として発売中。また、外伝作品としてMHXMHFなどの作品も登場している。

怪獣バスターズ
ニンテンドーDSで発売された。ウルトラシリーズ世界観を踏襲しており、怪獣として現れるが、ウルトラ戦士達は登場せず、主人公達は怪獣の住む星々を巡り、を使って怪獣に挑むことになる。後に完全版の『怪獣バスターズパワード』が発売された。

ゴッドイーター
近未来舞台に、人類アラガミとの闘いを描いたゲーム。ハイスピードアクションが売りでNPCを同行させることが出来たり、近距離・遠距離武器の即座な切り替えが可能。現在は最新作の『GE2RB』が発売された他、初代リメイクである『リザレクション』も登場した。

討鬼伝

SOUL SACRIFICE

ラグナロクオデッセイ

ロードオブアルカナ
スクウェア・エニックストレーディングカードアーケードゲームロードオブヴァーミリオン」の世界観を受け継いだ、中世ファンタジー的な世界観を持つゲーム。FFシリーズから一部のモンスターゲスト出演している。

関連タグ

アクションゲーム
狩りゲー

コメント