ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

任天堂が2004年に発売した携帯型ゲーム機。開発コードネームは「Nitro」で、本体や周辺機器の品番はそれに由来する「NTR」となっている。

本体は通常の液晶画面となる上画面に加えて、抵抗膜方式のタッチパネル機能を持つ下画面で構成された2画面構成の画面を有する折り畳み式となっている。この2つの画面「Dual Screen」より、DSと名付けられた。一方で、最初に発表された2001年のE3では 「Developers' System(開発者のためのシステム)」という意味も示されている。

タッチパネル画面での操作を活かした直感的なゲームプレイが可能となっているのが売り。しかしハードの初期から中期にかけて発売されたソフトの中にはこのタッチパネルによる操作を無意味に強要され批判を浴びているものも目立った。

タッチパネルの他にもマイクを搭載しており、こちらも声を認識させたり息を吹き掛けたりといった直感的な操作が可能。
何度かのアップデートを経て、DS Lite(DSL)、DSiDSiLLといったバリエーションが存在する。
売上については全世界で1億5400万台、日本だけで3300万台を記録し、特に日本では「一人一台」とすら言われた普及を見せた。

pixivでは、タッチペンの特性を活かしたペイントツールで描かれた作品が多数発表されている。
また、ソフトウェアパッケージやゲーム画面を摸したパロディー画も、1ジャンルを形成している。

初期型にはゲームボーイアドバンス用ソフトの接続端子が別途に備えられており、GBAのゲームも遊べる他、DSとGBAの2スロットを活用したソフトも存在した。ただし、GBAの周辺機器には対応していない(通信対戦などは不可能)。
DS用ソフトが充実してきた後は、互換機能を廃した上位機種も発売されている。

グローバルな仕様で、本体設定で使用原語を選択できた。これにより一部タイトルだとソフトが海外版に変わるものがあった。
なお、エリアプロテクトが存在しない為(DSLまで)、海外のソフトもそのまま動く。GBAスロットは拡張カートリッジの使用にも使われた。中にはDSソフトとGBAソフトをそれぞれのカートリッジスロットに挿しておく事で連動するソフトもあった。

2016年4月30日、修理受付終了。

スペック

CPUARM9 67MHz+ARM7 33MHzARM9はDSソフトの演算、グラフィックスを担当。ARM7はGBA互換や無線通信の制御を担当。
メモリ4MB
表示画素数256×192ピクセル×2画面
同時発色数262,144色(18bit)


ニンテンドーWi-Fiコネクション

2005年11月23日に始まった任天堂公式のインターネット接続サービス。
カンタン・あんしん・無料を三本柱にゲーム機におけるインターネット接続を普及させた。

だが、DSはWEPという危なっかしいセキュリティーしか対応していない為、注意が必要。(DSi以降は上級者設定でWiiと同じレベルまでセキュリティー向上。ただしDSソフトのWi-Fi機能は使用不可になる)
後継機の3DSでは最初からWPA以上のセキュリティーに対応している。

なお、DS、DSLiteはゲームソフトからWi-Fi設定を呼び出すが設定情報は本体ROMに保存される。
Wiiからは内蔵OSでWi-Fi設定を呼び出す方式に変更)
これはDSカードとDSシリーズ本体を紐付けて運用しているためと思われる。(そのせいでセキュリティー問題の根本的な解決が出来なかった)

2014年5月20日をもって無料サービス終了。(青マーク)
インターネットブラウザは標準搭載されておらず、オプション品が別途必要だった。(ニンテンドーDSブラウザー。後に発表されたDSiではDSiウェアとして配布)

シリーズ


後継機

  • ニンテンドー3DS 処理能力/通信機能が大幅に上がった他、専用眼鏡を用いず3D映像入出力を実現した。DSソフトの後方互換性は残されている(GBAソフトやGBAスロットを使う機能は使えない)。

また、大画面仕様のニンテンドー3DSLLや、廉価版のニンテンドー2DSも発売されている。


関連機器

  • IS NITRO CAPTURE:青い筐体にニンテンドーDSがケーブルで接続された開発用とされている機器の一種。青い筐体側にニンテンドーDSのゲームカードスロットやGBAカードスロットがある、外部モニター接続用と思われるSFC・N64・GCにあった映像ケーブル端子が二つ搭載といったもの。これはDSの映像を上画面や下画面の映像を外部出力させる機器とされているが実際は不明である。オークションで何故か出回っていたが、そのままでは使えなかったようである。


  • 時雨殿なび:ニンテンドーDSからボタンやコネクタ等を無くした時雨殿(現:嵯峨嵐山文華館)で使われた端末。ちなみにニンテンドーDSのロゴはそのまま入っている。

公式サイト

https://www.nintendo.co.jp/ds/

余談

開発初期のコードネームは「Nitoro(ニトロ)」。のちに2つの画面を持つことから「DS」がコードネームとなった。発売前にはニンテンドーDS以外の商品名を付けることも検討されたが、最終的にコードネームであるDSがそのまま選ばれたとのこと。
なお、DS本体や関連する商品の品番には「Nitoro」にちなんで「NTR」が付けられている。

DSは元々GBAと並行して開発が行われており、GBAは『究極の携帯型2Dゲーム機』なのに対しDSは『携帯型3Dゲーム機』として開発された。
そのためGBAとは別系統の計画で誕生しており、DSを発表した当時の任天堂は、「DSはGBA・GCに続く第三の柱であり、GBAの後継機ではない」と述べていた。
発売当初こそはGBAとDSは並行して展開されていたものの、DSの人気が高まるのに反比例してGBA市場は次第に縮小。任天堂は「GBAの後継機(新型ゲームボーイ)はしばらくない」と発表。GBAの後継機が誕生することはなく、DSが事実上の後継機となった。

関連タグ

任天堂 携帯ゲーム機 タッチパネル DS DSLite
DSi DSiLL
ニンテンドー3DS 3DSLL

ゲーム&ウォッチ:任天堂が過去に発売していた液晶ゲーム。シリーズ内に本機と同様に折りたたみ出来る本体に二画面の液晶スクリーンが搭載され上下の画面が連動する仕様の物がある。知ってる世代からはこれを連想した人も少なくないと思われる。

ゲームボーイアドバンスニンテンドーDSニンテンドー3DS

絵心教室 Colors!
うごメモ ピクトチャット メイドイン俺
気軽にスケッチ お絵描き工房
大人の塗り絵DS2
すれちがいMii広場
すれちがい伝説

関連記事

親記事

携帯ゲーム機 けいたいげーむき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ニンテンドーDS」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ニンテンドーDS」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 332021

コメント