ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

"I'm not boy"


概要

ゲームメーカーSNKが展開した携帯ゲーム機。

1998年10月に発売されるが、後述した販売戦略上の問題によりその半年後には「ネオジオポケットカラー」が、更に2年後の2001年にSNKが倒産した事で非常に短命に終わっているものの、ソフト自体はそれなりに展開された。


この時代、多くのメーカーが自社製の携帯ゲーム機を市場に投入していたものの、

ネオジオポケットは以下に述べるような販売戦略上の失策が複数あり、

当初の目的であるゲームボーイとの覇権争いはおろか2番手3番手争いにも敗れ、

SNKファン向けのマイナーハードというような立ち位置になってしまった。


機能面の特徴

当時の携帯ゲーム機としては珍しく内蔵ソフトが存在しており、ROMカセットを挿入せずに電源をONにすることで時計・カレンダー機能などが利用できる。時計機能と連動して、指定時間に電源を入れられるアラーム機能、ROMカセット側から参照する事で特定の時間・日付に遊ぶ事で楽しめる要素などが組み込まれていた。


当時のSNKのソフトウェアラインナップが格闘ゲーム主軸であったことから十字キー部分がメカニカルスイッチを用いたジョイスティックとなっており、携帯ゲーム機としては格闘ゲームのコマンド入力が非常に行いやすく操作性も優秀なのも特徴。


本体のカラーバリエーションは多数用意され、カーボン柄や迷彩柄など複数の色を使ったものや、中身が透けて見える半透明のものも存在した。

また、SNK本社大阪にあることから、某球団モデルも販売された。もちろん虎キチで有名なあの会社のあのヒゲも購入している。


本体中央部の液晶ディスプレイはモノクロ8階調。「ネオジオポケットカラー」専用ソフトは本機では動作できないが、全く動作しない訳ではなく、ソフト側にネオジオポケットカラーでの動作を促す警告文が入っている場合、それが表示されるようになっている。なお、モノクロ版とカラー版の双方に対応したソフトも存在する。ちなみに、モノクロ版のローンチタイトルの中にすでにカラー対応ソフトが含まれていた。


販売戦略上の失敗

販売スケジュール上の失策

前述の通り、1998年10月28日に発売されているが、その7日前にゲームボーイファミリーの新型、ゲームボーイカラーが発売されている。世間がカラー液晶の新型を持て囃す中、モノクロ液晶の携帯ゲーム機を発売という一手送れたリリースとなってしまう。加えて、ゲームボーイカラー6800円に対しネオジオポケットは7800円と、価格面でも不利であった。


ライバルであるゲームボーイがゲームギアPCエンジンGTなどのカラー液晶機をコスパや実用性の問題で抑えてヒット商品となっていたことや、1999年にワンダースワンが廉価・子供人気IP展開に振り切る事で成功を収めたという例こそあるものの、ネオジオポケットの展開はどっちつかずな部分が強く、次に述べる場当たり的な後発機リリースに繋がってしまった。


ネオジオポケットとネオジオポケットカラーの衝突、迷走

上述の理由で微妙なデビューとなったネオジオポケット(モノクロ)であったが、実は発売前からすでにネオジオポケットカラーの発売が決まっていた

I'm not boy

当たり前だがカラーの発売が決定しているのにモノクロの需要があろうはずもなく、ネオジオポケットは発売直後なのにワゴン直行という憂き目にあってしまった。だったら最初からカラーで発売すればよかったのにとは誰もが思う所だろう。


ネオジオポケットカラーは製品としての出来はよく、特に液晶品質の高さが評価される。しかしその反面、価格は8900円と上昇しており、ライバルゲームボーイカラーの6800円とは一つ違う価格帯になってしまった。この点を機にしたのか、7ヶ月後に軽量・廉価版NEWネオジオポケットカラーをGBCと同じ6800円で発売するなど、前2機種を購入したユーザーも困惑してしまう迷走っぷりを見せていた。


ネオジオポケット③

(NEW版は右上のColorの字体が異なる)


ソフト供給の失敗

ゲームボーイが市場で圧倒的な支持を獲得してた理由の一つが豊富なソフト展開であったが、ネオジオポケットはこの部分でも不利だった。一応、ネオジオポケットカラー時代まで含めると全82本のソフトが発売こそされたものの、モノクロ版ネオジオポケットでは45本しかプレイできず(一応後方互換自体はあるのだが)、ソフトの開発元はSNK、ADK、夢工房というSNKファンからしたいつもの面子が中心となっている(カプコンから5本、セガ系列から3本のソフトが発売される、ドリームキャストとの連動機能など他社とのコラボ要素もあったが、SCEIは参入予定となっていたものの実際にはソフトを発売しなかった)。


また、ソフトラインナップに関しても格ゲー以外に関しては麻雀、パチンコ、テーブルゲームなどジャンルに偏りがあった事は否めない。当時携帯ゲーム機としては唯一だったR-18指定付きの脱衣麻雀、ゲーム雑誌で取り上げられた事から注目された『水木しげるの妖怪写真館』、当時注目度の高かった『SNK VS. CAPCOM』シリーズなどユニークな作品こそあったものの、それ以外のソフトに関しては一般受けしにくいものが多く、販売数で苦戦する要因となった。


競合ハード、時制上の問題

当時の携帯機としては高スペックだったネオジオポケットだが、上述したような問題点を除いたとしてもあまりにもタイミングが悪すぎた感は否めない。当時巷で携帯ゲーム機と言えばゲームボーイのことであり後から参入する機種にとっては非常に大きな壁となっていた。


とはいえ、もう2,3年早ければまだ善戦できたのではないかという声もある。

ゲームボーイの発売は1989年であり、95年頃には既に型落ちハード扱いされていた。しかし、96年に発売された『ポケットモンスター』で一気に息を吹き返しているからである。初代ポケットモンスターの赤緑青ピカチュウ版の最終的な総売り上げは日本だけでも1335万本、世界全体で言えば4604万本という、今も総売り上げランキングに乗る化け物ぶりであったため、98年デビューはゲームボーイからシェアを奪うにはあまりにも遅く、無謀すぎた。


もちろんネオジオポケットにも良作はあるが、ポケモンのようにハードの売れ行き自体を牽引してくれるような超キラータイトルは存在しておらず、かといってワンダースワンのようにIP付き作品や移植作で2番手に付けるという次善策も取ることができなかった事が敗因となっている。


更に98年というタイミングは初代ゲームボーイが発売されてから10年、いつ後発機が出てもおかしくないタイミングであった。2001年に登場したゲームボーイアドバンス世代からはスーパーファミコンやネオジオのような1世代前の据え置きハード並のゲームを表現できるのが当たり前になってしまったため、スペック的にもの足りないものになってしまった点も大きな痛手であった。


ユーザーからの反応・その後

以上のように非常に混乱した販売戦略のせいかネオポケシリーズは今ひとつ知名度が伸びず、

更にSNKファンからも迷走する販売戦略に困惑する声があった。そうこうしているうちに発売元であるSNKも倒産してしまい、結局発売されたゲームは上で述べたように82本で打ち止め。シリーズ累計販売数は日本で50万台、世界で80万台と、PCエンジンGTよりは売れたがワンダースワンゲームギアには及ばないという微妙な立ち位置で終わった。


SNKの倒産はハイパーネオジオ64の失敗やお台場のネオジオワールドの経営不振などが原因として知られているが、ネオポケシリーズも原因の一つだったと言われている。


SNK倒産後は後継子会社のSNKプレイモアに知的財産権が譲渡されたが、

新体制が整う頃にはすでにゲームボーイアドバンスが携帯ゲーム機の主流となりつつあった為にネオジオポケットの展開は打ち切られた。

ソフトのアーカイブ化も以後全くされないままとなっていた為、データや権利が散逸しているのではないかという噂(プレイモアが競売にかけられたネオジオポケット関連の権利を引き継がなかった等)も存在した。


時は流れて2019年、ニンテンドースイッチSAMURAI SPIRITS(2019)の早期購入特典として、ネオジオポケットカラーソフト「サムライスピリッツ!2」が付属する事となり、現代のゲーム機でネオジオポケットが復活した。

2020年にはネオジオ30周年を記念して通常販売第1弾「SNKギャルズファイターズ」がSwitch向けに配信され、通常販売では同作が初の移植となる。「サムライスピリッツ!2」は第2弾、「ザ・キングオブファイターズR-2」は第3弾として一般販売もされる予定。


2021年にはネオジオポケットカラーの上記のタイトルを含めた10作品をセレクションした「ネオジオポケットカラーセレクションVol.1」が配信。本格的にネオジオポケットカラーのアーカイブス化が実現したのである。


挑戦的過ぎたCM

このネオジオポケット(カラー)を語る上で決して外せない話題と言えば、SNKユーザーを苦笑させた(?)CMだろう。

まずは以下の動画をご覧いただこう。



これの何処が挑戦的かと問われれば、某有名アイドル某イケメンがイメージキャラクターを務めた、某大手某当時最新携帯機が発売される時期に、このCMをよりにもよってゴールデンタイムに放映したのだ。

・・・良く訴訟沙汰にならなかったと言わざるを得ない。


しかしながら時は流れ、先述のように"I'm not boy"といえる任天堂のゲーム機で復活したのである。


外部リンク

ネオジオポケットカラーセレクション公式サイト


関連タグ

SNK NEOGEO 携帯ゲーム機 ドリームキャスト

関連記事

親記事

携帯ゲーム機 けいたいげーむき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 43387

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました