ピクシブ百科事典

サムライスピリッツ

さむらいすぴりっつ

エス・エヌ・ケイ/SNKの剣術対戦格闘ゲーム。 対戦格闘のシステムに武器戦を持ち込んだことと、敗者の死が明示される演出が特徴的。 「いざ、尋常に勝負!!」
目次[非表示]

武士道トハ 死ヌコトト見ツケタリ
修羅道トハ 倒スコトト見ツケタリ
我、悪鬼羅刹トナリテ
目ノ前ノ 敵スベテヲ…

斬ル!!

シリーズ概要

第1作は1993年7月7日に発売。登場キャラクター全員が武器を持った格闘ゲームはこれが元祖である。一撃で体力をごっそりと奪う強斬り、画面の拡大と縮小、決着時の血飛沫や切断=死の描写などは多くのプレイヤーに衝撃を与えた。

当初は餓狼伝説SPECIALまでのつなぎとして見られていたタイトルであったが、想定以上の大ヒット作となった。以降、SNKの主力タイトルの一つとして1年ごとにシリーズの新作を発売していくとグッズ展開や、海外リリース、TVアニメの放送、コミカライズ、更には番外編のRPG(!?)の発売など、精力的なシリーズ展開を行ったが、SNKが倒産した後は悠紀エンタープライズや有限会社K2(現:株式会社K2)等が開発を担当した。

海外版のタイトルは「SAMURAI SHODOWN」間違われやすいがSHOWDOWNではない。当時流行っていた映画「将軍 SHOGUN」とかけた造語らしい。

タイトルこそ『サムライスピリッツ』だが、実は『侍』を職業としているキャラは殆どいない。
『侍』を職業にしているネームドキャラは、シリーズ全体を通しても、柳生十兵衛、柳生磐馬、九葵蒼志狼、花房迅衛門の4人だけ。『閃』の菅又刃兵衛は家老なので侍とは微妙に違うし、『閃』のJ.やクロードは別に侍を職業としているわけではない。他にも、兇國日輪守我旺は物語開始時点で幕府に反旗を翻しているので、『元・侍』である。
つまり、『斬紅郎無双剣』には侍は一人も登場していないということになる(GB版である『熱闘』には十兵衛が登場する)。

ゲームの特色

戦闘

極限の読み合いを制する「一撃必殺」剣劇
見得を切る対戦時代劇

昔ながらの読み合いと立ち回りを重視した王道の格ゲーではあるものの、一部のキャラクターを除いて多くのキャラクターが一撃で体力ゲージを半分にする攻撃を有する、驚異のバッサリゲー。ある意味、格ゲーの王道の“先”を体現した、時代劇殺陣を彷彿とさせるゲーム性を有する。

初代作「サムライスピリッツ」が、この面ではもっとも極端なバランスになっていた。
連続技は制限が多く、必殺技の性能も全体的に低い(昇龍拳コマンドの対空技にろくな無敵時間がなくまともに対空できないなどザラ)。一方地上で大斬りが決まれば4割~7割減らして気絶→そのまま斬殺など当たり前。
結果、対戦は「大斬りの間合いをめぐって、出戻りの早い斬りや足技での牽制と歩きを駆使した『立ち合い』がラウンドの大半を占める」という異様な状況を生み出した。
稼働当初は立ち合いそのものを拒絶する飛びシャルロットなどが対戦シーンを荒らし回り、プレイヤーが減少する事態も招いたが対策が進んでからはその傾向も減少。
一瞬、ただ一歩の間合いを間違えれば死ぬる恐怖感に取り憑かれたゲーマーは多い。今でも初代作を対戦し続けるサムライ達が存在する。

シリーズが進むごとにコンボへの比重も高くなり、初期のバッサリ感は徐々に低下していった。それでも最大の強攻撃の一撃で1/4~2/5が斬り落とされるのは当たり前で、ちょっとした気のゆるみが敗北へと繋がる緊張感の高い試合展開となる。この「読み合いを制し、如何に一撃で相手を斬り伏せるか」を練り込んでいくことこそ、本シリーズ最大の魅力といえるだろう。

ただNEOGEOらしい特色だが、シリーズナンバーごとに調整の不備が顕著なことが多く、いわゆる「対戦ダイアグラム」(キャラクター間の総合的な相性差を表した評価)でのランク付けが安定しないという点でも、妙に尖っている節がある。場合によっては致命的なバグが残っていたり、開発期限ギリギリまで粘ったせいでデバッグ不足となりチートキャラを生んでしまったりと、別の意味でもいろいろと伝説が多い。

描写

前述のように、敗北=死を明確に表現しており、表現や演出は比較的シビアであり、そのため海外版では血の色等が変更されているものもある。

2004年発売の「サムライスピリッツ零SPECIAL」(以下零SPと略す)では全てのキャラクターに様々な斬殺描写があるのは勿論、「絶命奥義」という相手を完全に殺す必殺技の搭載により、色々なキャラがFATALITY状態になった。切断描写等の対象にならなかったナコルルやリムルルは無論のこと(初代、アスラ斬魔伝を除く)、新ヒロインの真鏡名ミナにも容赦なしである。胴体切断・破裂・辺りが血の雨などの過激な表現は一部で批判があり、当時賛否があった。

次回作の「天下一剣客伝」では反動からか斬殺はおろか斬られたときの出血エフェクトすら一切無くなってしまった。(他にも様々な演出の変更がある)これにはやはり不満の声も多くあり、またまた賛否が起きた。その次作である「閃」では海外版でのみ出血表現などが復活している。

なお、死亡したキャラは黒子が復活させているという設定がある。

黒子のバスケ



お見事!

零SP移植問題

同年に発生した事件の影響から、家庭用版ではこれらの描写が全て自主規制からカットされてしまう事態が起きた。一切告知等も無いまま発売してしまったこと、そして急な修正のためか、これに付随する不具合もあったことから購入者からの苦情が殺到し、結果としてそれが物議を醸す事になってしまう。

後に修正版との交換が行われ、こちらでは一部の不具合が修正、絶命奥義の演出についても残虐描写が抑えられて(単なる吹っ飛ばし等)ややマイルドになってはいるが復活した。

その後、「零SP」は長らく移植されなかったが、2017年7月14日SNK公式サイトのプレスリリースにて「零SP」のPS4版とPSVita版を今夏にリリースすると発表。2017年9月14日に配信をスタートした。物議をかもしたアーケード版のゴア描写も、忠実に再現されている完全移植版である。

剣劇、再び!!

サムスピシリーズは2008年発売の「サムライスピリッツ閃」でブランドそのものを危うくさせてしまい、その後はパチスロや『グランブルーファンタジー』や『ソウルキャリバーⅥ』のコラボなど散発的な展開で止まっていた。

冬コミ表紙【侍魂・ソウルキャリバー】



2018年9月、新生SNK体制の下、長きにわたる沈黙を破り3Dグラフィックと2Dのシステムを融合したサムライスピリッツ完全新作が発表された。KOF14では採用が見送られた『UnrealEngine4』の力で約10年ぶりの復活となる。

登場するのは初代サムスピから王虎、幻庵、天草を除いた10人(王虎はDLCで2019年12月から登場)、加えて幻十郎、色、慶寅の3人、さらに新規キャラクター3人が参戦し計16人が使用可能。後日DLCキャラクターを2カ月に1人のペースで配信する。2019年6月27日にPlayStation4XboxOneから発売し、夏にはアーケード、秋にはニンテンドーSWITCHSteamからも発売する。

血飛沫や胴体切断などの残酷表現も健在であり、レイティングはシリーズで最も重いCERO-Dとなっている。

登場キャラクター

メインキャラ

SAMURAI SPIRITS


真SAMURAI SPIRITS 覇王丸地獄変


サムライスピリッツ斬紅郎無双剣


サムライスピリッツ天草降臨


サムライスピリッツ零


サムライスピリッツ天下一剣客伝


以下隠しキャラ


SAMURAI SPIRITS~侍魂~


SAMURAI SPIRITS2アスラ斬魔伝


剣客異聞録 甦りし蒼紅の刃サムライスピリッツ新章


サムライスピリッツ閃


SAMURAI SPIRITS(2019)

サブキャラクター


真説サムライスピリッツ武士道烈伝


ナコルル~あのひとからのおくりもの~


サムライスピリッツ鬼


侍魂オンライン-朧月伝-


関連動画






関連イラスト

サムライスピリッツキャラで集合絵
センシティブな作品


祝!令サム一周年
サムライスピリッツ墨彩画シリーズまとめ



関連タグ

サムスピ ポリサム 侍魂 格ゲー SNK
魔界転生:世界観の元ネタとなった作品

他の記事言語
Samurai Spirits Samurai_Shodown

関連記事

親記事

SNK えすえぬけい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「サムライスピリッツ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29358562

コメント