ピクシブ百科事典

石川賢

いしかわけん

ダイナミックプロ出身の漫画家。永井豪の盟友であり、数々の作品を手がけた。代表作は「ゲッターロボ(漫画版)」「魔獣戦線」「虚無戦記」他多数。
目次[非表示]

夢の中で宇宙の真理を見たけど、起きたら忘れちゃった

概要

石川賢先生は日本漫画家ダイナミックプロ出身。1948年6月28日生まれ、栃木県出身。
得意ジャンルはSF時代劇漫画等だが、実際はケン=イシカワを最大の得意ジャンルとし、バイオレンス描写と壮大な大風呂敷ぶりに定評があった。
大風呂敷を広げるためそれを回収する前に打ち切りをくらう事もままあったが(「虚無る」などと呼ばれたりもする。ただし、言葉の元になった「虚無戦記」はしっかり完結させているのだが……)、ちゃんと完結させた作品ではしっかりと大風呂敷を畳んでいたりもする。

しかし大体の作品は銀河だの宇宙だの無茶苦茶に広げまくった風呂敷にワクワクしている読者に、さらに10倍に広げた風呂敷を見せつけ「もうこれ畳めないだろ…」と、思わせているところで更に100倍は風呂敷を広げる無茶苦茶なスケールのデカさが特徴で、実際に畳めなかった作品も多いのであんまり間違った印象と言う訳でもない。
そのスケールのデカさは生半可な厚さの黒歴史ノートでは絶対に太刀打ちできない。海外SFを凌駕するレベルのスケールのデカさと、絵と台詞から溢れ出る凄まじい情熱とその説得力はハッキリ言って日本の漫画家多しと言えども間違いなく唯一無二の物であった。

こんな人だが元々は非常に生真面目な人物であったらしく、盟友・永井豪氏にアドバイスを受けるまでは、ゲッターロボを合理的に変形合体させられないものかと四苦八苦していたという。
新ゲッターロボ」のインタビューにおいても、「漫画では動く映像で見せられない以上、ゲッターの合体にはどういう表現で説得力を持たせればいいかと常に気を配っている」と発言するなど、繊細な面も持ち合わせていることが伺える。

上述した永井氏の作品では、あばしり五ェ門(『あばしり一家』)やメカドン2号(『鋼鉄ジーグ』)など、石川賢をモデルにしたというキャラクターが登場する。


2006年11月15日急逝。享年58歳。その意思は宇宙のゲッター線の中に生き続ける。
天元突破グレンラガンはゲッター線の影響を受けて作られた。

作品リスト

ゲッターロボサーガゲッターロボゲッターロボGゲッターロボ號真ゲッターロボゲッターロボアーク
マジンガーZ ミケーネ恐怖の遺産
虚無戦記
新兵衛解体記
魔獣戦線
魔空八犬伝
極道兵器
5001年ヤクザウォーズ
スーパーロボット烈伝

コミカライズ

魔界転生
柳生十兵衛死す
変身忍者嵐冒険王版)
餓狼伝説 戦慄の魔王街
サムライスピリッツ 島原天草邪神城攻略編
ウルトラマンタロウ週刊少年サンデー版)


関連タグ

永井豪
原作クラッシャー←しなかった作品の方が少ない。自作品や豪ちゃん原作ですら。
ぼくのかんがえたさいきょうの ←これを大真面目に本気で描いた

pixivに投稿された作品 pixivで「石川賢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1438405

コメント