ピクシブ百科事典

魔獣戦線

まじゅうせんせん

『魔獣戦線』とは、石川賢による漫画作品。及びそれを原作としたアニメ作品。
目次[非表示]

概要

「ゲッターロボ・サーガ」「虚無戦記」「極道兵器」と並ぶ作者の代表作の一つ。永井豪の「デビルマン」に大きく影響されている。吸収・進化・復讐・神などのテーマやモチーフはこれ以降の作者の漫画にも多く見られるものである。

漫画本編以外の展開ではOVAと続編に「真説・魔獣戦線」がある。

あらすじ

来留間源三博士ら13人の学者(使徒)は「神の目覚め」のために新人間(ニューマン)を作り出そうとし、その実験のモルモットとして来留間博士の息子・慎一を使った。

しかし、慎一はまだ子供すぎた。手術のおもみに体が耐えられなかったのだ。実験が失敗と分かった使徒達はあらたな「材料」として来留間博士の妻である静江を使う。果たして手術は成功し、静江は鷹・ヘビ・ライオン・熊などの動物と融合した新人間となったのだ。

目覚めた慎一は彼らの目的・自分をモルモットにした実験の失敗・母もまた実験に使われたことを知り、激しく怒る。それに対し、来留間博士は非情にも「自分の人間性を断ち切るため」といい、慎一を殺そうとする。ところが、新人間となった静江が突如狂ったように暴れ、周辺を破壊しはじめた。激しい戦闘の末、シャフト博士がニードルガンで頭部を撃ち抜き、直後の落雷によって研究所は爆発。13人の学者は脱出したものの慎一と静江の行方は分からず、そのまま死んでしまったものと思われた。

それから5年、使徒らは行方をくらませ、慎一を見たものもいなかったが……

登場キャラクター

pixivに投稿された作品 pixivで「魔獣戦線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76890

コメント