ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

漫画家石川賢氏の作品全般における用語である。

当初の由来

元々は氏の作品である「虚無戦記シリーズ」から生まれた言葉で、一見繋がりの無い短編作品と思いきや、「実は虚無戦記の一つの物語であった」。という流れになっており、虚無戦記の世界に取り込まれる→虚無るという言葉が生まれたのであった。

現在の認識

現在では虚無る=打ち切りという認識が一般的である。

虚無戦記のラスボスである謎の生命体「ラ=グース」だが、あまりにチート過ぎる強さ故に作者自身倒す方法を思いつかなかったらしく、俺たちの戦いはこれからだ的に、ラ=グースに挑む所で終わっている。
他作品でも魔獣戦線シリーズでも、ラ=グース以上の強さを誇る「時天空」が出てやっぱり倒せなくて終わり、他にもゲッターロボサーガの様に、掲載雑誌が廃刊になってしまい止む無く打ち切りとなってしまった作品も多く、こういった作品を指して虚無ると呼称するファンも多い。

そして2006年、石川賢先生ご自身がゲッター線と共に虚無の世界へと旅立って逝かれた…
今頃はきっと永劫に続く戦いの中で、先生御自らラ=グースや時天空と戦い続けているであろう。

イシカワイズム

とはいえ、風呂敷をたためず打ち切りと言ってしまえばそれまでだが、石川氏の打ち切りは畳めないならいっそ全開にしてしまえと言わんばかりの終わり方も少なくなく、これはこれでと思わせる説得力がある。なかにはきっちり風呂敷をたたんだのに、最終回や追加部分で風呂敷を一気に広げる場合もある。

加えて後述の

  • 「そうか、そうだったのか……」と何か世界の真理(知らないほうが幸せな部類)を理解してしまう。
  • 決意を固め、終わりなき永遠の戦場に飛び込んでいく。

のパターンでは「当面の問題を解決して物語はおわるが、戦いは続いていくED」と取れなくもないきれいな終わり方を迎えている場合もある。ただ、続いていく戦いの規模が他作品に比べてあまりにもインフレしているだけなのだ。氏のゲッターサーガを原作とした世界最後の日などはその最たる例と言える。

こうなったら虚無る

  • 敵が強すぎてラスボスに挑む所で終了。
虚無の艦隊これくしょん


  • 「そうか、そうだったのか……」と何か世界の真理(知らないほうが幸せな部類)を理解してしまう。

まどからくがき2


  • 決意を固め、終わりなき永遠の戦場に飛び込んでいく。

兜卒天羅王降臨す!!【虚無戦記】


  • 目がグルグルになる。

2019-143


落書きドワオ


島風改装プラン


  • 「意気込んで虚無の世界に飛び込んでゆきましたが、虚無の世界はやはり虚無でした」(虚無戦記の作者コメント)

豪ちゃんはぴば





関連イラスト

突如、全てを知ってしまったチノちゃん
足し算の授業を聞いている時のあたい

関連記事

親記事

石川賢 いしかわけん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「虚無る」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「虚無る」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 548285

コメント