ピクシブ百科事典

真理

しんり

(1)物事の核心、本当のこと。(2)『鋼の錬金術師』に登場した、謎の存在。
目次[非表示]

曖昧さ回避

真理とは――

  1. 言葉の一。本当の事、真実。
  2. 人名の一つ。→マリ。ただし、「まさみち」と読む場合も
  3. 漫画、『鋼の錬金術師』にて登場するキャラクター(?)。本項で解説

鋼の錬金術師』の登場キャラクター(?)

「オレはおまえ達が"世界"と呼ぶ存在」
「あるいは"宇宙"、あるいは""、あるいは"真理"」
「あるいは"全"、あるいは"一"」
「そして」
「オレは"おまえ"だ」

本作品の主人公、エドワード・エルリックやその弟、アルフォンス・エルリック母親を練成するに当たって真理の扉の前に立つシーンで出てくる白い存在。
その周りに黒いもやみたいなのが無ければ多分見えないくらい白い空間に溶け込んでいる。
のっぺらぼう。というか肌そのものが無い。
人体錬成をする事により練成した本人の体がその者の真理の体の一部となる。

真理の門は「代価」を払う事により中を見る事が出来る。真理の門そのものが「代価」にも成り得る。が、真理の門を「代価」として払うともう錬金術が使えなくなるため真理のところまで行く事は不可能となる。

真理本人は非常に嫌な性格をしているが、心底嫌になる奴かと言えばそうでもなく、最終的にエドに助言するような素振りを見せている。

「オレ(私)は"おまえ"だ」というように、真理本人の姿形は真理の扉の持ち主の容姿(主に身長)に準じる。
ロイ・マスタングの場合は本人とほぼ同じ長身であり、"お父様"の場合は本人と同じ球状である。
なお一人称も含めて、真理ごとに性格が若干異なる。
エドワード・エルリックの真理は年相応の少年のような性格で、人を小馬鹿にした態度をとる。一人称は"オレ"。
アルフォンス・エルリックの真理は冷静で物静かな、それでいてやや悲観主義的な性格をしている。一人称は"ボク"。
"お父様"の真理は高圧的で厳格な性格をしている。一人称は"私"。

余談

なお、何気にカバー裏や巻末4コマなどではコメディー担当
実は母親がいるらしい

関連イラスト

シリアス

鋼の錬金術師最終回カウントダウン・0「真理」


笑いにも理解がありマス

シャキーン!


混ぜるな自然

【魔まマ】ボクは君達が“ライター”と呼ぶ存在【QB】



関連タグ

鋼の錬金術師
真理の扉

pixivに投稿された作品 pixivで「真理」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3083165

コメント