ピクシブ百科事典

園田真理

そのだまり

園田真理とは『仮面ライダー555』に登場するキャラクターで、今作におけるヒロイン。
目次[非表示]

概要

演:芳賀優里亜/幼少時:八武崎碧(現:悠木碧)

本作のヒロイン。年齢16歳で、(コハナなどの特例を除けば)仮面ライダーシリーズのメインヒロインでは最年少クラスの年齢。第7話に一瞬映った履歴書によれば、生年月日は昭和62年(1987年)9月13日
幼い頃からの夢として美容師を志している。一人称は「私」。

幼い頃ビル火災により両親を失い、たった一人生き残った「九死に一生を得た子供」として流星塾に引き取られた。
流星塾解散後は新しい養父母に引き取られ九州で暮らしていた(上述の履歴書には熊本市西池上の記述あり)が、東京の美容室でアルバイトすることが決まった矢先花形からファイズギアオートバジンを送られたことで、育ての父の真意を確かめようと東京へ向かう。そこで偶然乾巧と出会い、紆余曲折の末菊池啓太郎の実家であるクリーニング店「西洋洗濯舗 菊地」で、巧、啓太郎と3人で同居することになった(後に草加も加わる)。
アルバイトを経てそのまま東京で美容師として自立しようと考えていたため、(生い立ちもあって)美容室のアルバイトをしながらクリーニング店の手伝いも嫌がることなくやる働き者。依存心もなく、フォーゼなどの他ライダー作品の同年代キャラと比べても、自立度は高くしっかりしている。

気が強く、勝気かつ行動的で思ったことはハッキリ口にするため、初期は巧と口論が絶えなかった(巧役の半田健人氏も「初期は特にきつい性格」と評していた)。
物語後半にて巧の正体がオルフェノクだと知った際には、その性格とオルフェノク故に激しく動揺、恐怖しかなり怯えた上に一時的に巧と別離してしまった。
料理が得意で、「西洋洗濯舗 菊地」での炊事は彼女が担当している。巧が猫舌であることを承知の上ですき焼きや鍋焼きうどんを作ったり、草加が気に食わない巧を揶揄する意味でお子様ランチを用意するなど手の込んだ嫌がらせをしたことも多い。

木場勇治に淡い憧れを抱いていたが、彼の正体については最終決戦で目の当たりにするまで知らなかった模様。
(歪んだ好意を持つ)草加雅人海堂直也に好意を寄せられていることについては悪い気はしていなかったものの答えることはなく、アプローチがしつこい海堂にいたっては激しく拒否していた。澤田亜希からも好意を寄せられており結構モテる。

血縁者がいない彼女にとって流星塾生同士の絆は何より大切。
親しいものには思いやりがあり、澤田を庇おうとゴルドスマッシュの前に飛び出したり、草加の危機に阿部里奈と共に救援に向かい無理を承知でファイズに変身を試みるなど仲間のために時に無謀とも取れる勇敢さを見せるが、言葉の裏や心の機微を読むことには長けておらずそのせいで一度は澤田の手で殺害される事に。それでも最後まで彼を説得し信じ続けた。
逆に全てを知りながら真理を傷つけまいと何も語らない草加の心の内を慮ることは最後までできず、嫌いではないものの巧に厳しい態度を取る草加に辛辣な言葉を投げつけることも。

澤田に殺害された後、巧が医師から特別な手術を受けた形跡があることを知り、草加からスマートブレインの技術で命が助かった事を知ったことから、巧のラッキークローバー入りを条件に蘇生されることになる。
実は過去の流星塾の同窓会に出席した真理は一度他の元流星塾生達と共にドラゴンオルフェノクに殺害され、「オルフェノクの記号」を埋め込まれた上で事件の記憶を改変し無かった事にされて蘇生されていた(つまり彼女は2度死んだことになる)。
巧はオルフェノクの正体がバレる恐怖の上に、策略により流星塾襲撃の犯人と誤解されてしまったが、友情と信頼がそれに勝り再び啓太郎と共に彼を迎え、お互いに絆と決意を確認しあうことになる。
その一方で、巧を敵視する態度を崩さない草加に対しては一度は幻滅していたものの、終盤で巧の口から草加の死を聞かされた際にはかなりショックを受けていた。


巧が登場する『仮面ライダー大戦』では真理自身は登場しないももの、回想シーンで草加が巧に怨みの言葉を残す際に草加が「自分にとっての守るべき者」=真理の存在を仄めかしている。
なお、「マリ」という名前の少女が出てくる。

余談…で、いいのかなぁ?

第1話ではファイズに変身しようとするもベルトのエラーにより弾き飛ばされてしまうシーンがあるが、新番組予告は何の予備知識もなしに見た人に対してミスリードを狙ったものにしている。
いかにも彼女が変身して戦っている様に編集された為、ネットや児童雑誌「てれびくん」および「テレビマガジン」を閲覧せず予備知識もなく見た人は、主人公が彼女であると勘違いした人が多かった模様。
後にデルタに変身可能だった阿部里奈と共にもう一度ファイズの変身を試みたが、同じくエラーにより失敗している。
上記の「オルフェノク記号」が在る者がベルトの適合者となるが、何故か真理だけは蘇生後でもベルトの使用には適合しなかった。

仮面ライダージオウの第6話に当時の映像の流用シーンで登場している。

真理を演じた芳賀氏は後に『仮面ライダーキバ』の鈴木深央役、『仮面ライダーディケイド』でユウキ役、『仮面ライダードラゴンナイト』でマヤ・ヤング役(吹き替え)を演じるなどライダーシリーズの名ありの女性役では最多の出演数を誇っているのだが、ドラゴンナイト以外では最後に死亡してしまう結末であり、ファイズ劇中で死亡した回数を含めれば死亡回数4回という芳賀氏の出演自体が死亡フラグと化している(仮面ライダー以外でも、とある特撮作品にて……)。
ちなみにキバの出演が縁なのか、中の人ネタとしてディケイドのキバの世界では草加雅人役の村上幸平氏がカイザを演じた。真理あるところに草加あるというべきか。

そして、555と世界観が繋がっていると思われる『仮面ライダーゲンムズ スマートブレインと1000%のクライシス』ではスマートクイーン役も演じていたが、真理との関連性は不明である。

小さな星の女神の弟
夢を守る姉弟


また、幼少時の真理を演じた八武崎碧についてもネタは多い。彼女は後に声優としてブレイクする悠木碧の子役時代の姿なのである。
悠木氏の代表作の『魔法少女まどか☆マギカ』にライダーネタが多かったせいか鹿目まどか中の人ネタとしてファイズネタを絡める人が多く、まどかは母親になってくれるかもしれない女なんだよと案の定草加ネタが流行した。
また、鹿目まどかの弟である鹿目タツヤは愛称が「たっくん」であり、最終回での展開も相まって彼のほうでもファイズネタが定番となった。

ちなみに悠木氏は後に「音楽が作品に関わり鎧を身に着けて戦う」という、芳賀氏が出演したキバと共通点が多い『戦姫絶唱シンフォギア』で立花響を演じたが、設定誕生日が9月13日でありカイザの日とここでも草加が絡んでいる。もはやここまで来ると草加からは逃げられないかもしれない…。(フォローしておくと、上述した通り、9月13日は真理自身の誕生日でもあるため、いかにシンフォギアシリーズの原作者が特撮ファンとはいえ、カイザの日のみを意識しての設定とは断言できない)

なお、悠木氏は当作から11年後の『仮面ライダーゴースト』で主人公のバディポジションとなるユルセンの声優を務める事となる。

関連タグ

仮面ライダー555 仮面ライダーファイズ 流星塾
乾巧 草加雅人 菊池啓太郎 木場勇治 長田結花 海堂直也 三原修二 阿部里奈 澤田亜希
ライダーヒロイン

関連・類似キャラクター


神崎優衣園田真理広瀬栞

関連記事

親記事

流星塾 りゅうせいじゅく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「園田真理」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「園田真理」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83524

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました