ピクシブ百科事典

ファイズギア

ふぁいずぎあ

『仮面ライダー555』に登場するアイテム。
目次[非表示]

概要

ファイズギアボックス



仮面ライダーファイズに変身するライダーズギアのことであり、普段は銀のアタッシュケースの中に収められている。ファイズギアはそのセットを丸ごと総称する名称である。狭義には変身アイテムであるファイズドライバーとファイズフォンのみを指す。
ちなみにライオトルーパーを除くライダーズギアには『SB-○○○ ○』と対応ライダーの変身ナンバーと装備に対応したアルファベットが形式番号としてついている。

今までの仮面ライダーベルト腕輪だけで変身していたのに対し、ファイズはベルト+携帯電話で変身するというのが話題を呼んだ。また、ガジェットのほぼ全てが(変身ベルトのベルト部分も含めて)転送も自動生成も召喚もされず、持ち歩かなければならないというシリーズ全体で見ても珍しい形式になっている(変身ベルトのバックル部分だけ持ち歩く形式は平成シリーズには多い)。
当時流行し子供にとって憧れのアイテムであった携帯電話をモチーフにしたこと、クールな電子音声や、あれこれ操作したりや各アイテムが連動するギミックが受けて、それらを再現した玩具も前作を大幅に上回る売り上げとなった。この記録は、6年後のダブルドライバーに更新されるまで、平成ライダーの変身ベルト玩具の販売記録としては史上最多であった。

内容

ファイズドライバー

ベルト。これを腹部に装着し、中央のバックルに待機状態のファイズフォンを突き立て左に倒すことで変身する。
平成仮面ライダー史上、初めて○○ドライバーという名がついた変身道具である。
コンパクトな収納形態に変形する事はなく、使用者はベルト部分も含めて装着状態と変わらない物を持ち歩かなければならない為目立たずに携帯する用途には向かない。
その仕様上、滅茶苦茶外れやすいことがよくネタにされる。
セーフティーによって変身者がオルフェノクである必要がある為、普通の人間が変身しようとすると、『error』の音声とともに弾き飛ばされる。

ファイズフォン

携帯電話555と打ち込んでファイズドライバーに突き立てることでファイズに変身できる。
光線銃「フォンブラスター」としても使え、劇中ではの携帯電話としても普通に使用されている。

ファイズポインター

デジタルトーチライト(懐中電灯)。右腰にマウントする。
ミッションメモリーをセットすることでポインターに変形、右脚の脛部分のホルスターに付けることで必殺技のクリムゾンスマッシュを放つ際の照準器となる。
フォンブラスターに装着して射程を伸ばすことも出来るが、番宣を除いて映像作品で使用された事はない。

ファイズショット

デジタルカメラ。ファイズに変身する際は左腰にマウントする。
ミッションメモリーをセットすることでパンチングユニットとなり、手に装着して必殺技グランインパクトを放つ。
どちらの手でも持つこと自体はできるが、玩具版ではデジタルカメラ時のシャッターボタンがそのままグリップの横に付いた必殺技発動ボタンとなるため、必然的に右手で握りこむ形になる。

ファイズエッジ

オートバジンの左ハンドル。
ミッションメモリーをセットして引き抜くことで、フォトンブラッドの通う赤い刀身が出現する。
ロウ・ミディアム・ハイ・アルティメットの4段階出力調整が可能。
必殺技はスパークルカット

追加装備

ファイズアクセル

デジタル腕時計
アクセルメモリーをミッションメモリーを引き抜いたファイズフォンにセットすることでアクセルフォームに変身する。このアイテムのみ初使用後はスーツと同化したのか変身後に自動的に左腕に装着されており、個別の装備として持ち歩く状態が描写されていない。

ファイズブラスター

トランクボックス型ツール。ファイズフォンを差し込みコードを入力することでブラスターフォームに変身する。

その他

ファイズサウンダー

ハイパーバトルビデオ限定で登場したCDラジカセ。もともとは『てれびくん』公募の新武器コンテストの金賞に選ばれた作品。

余談

  • ファイズフォンⅩ 仮面ライダージオウにて登場したファイズフォンをモデルとした「ライドガジェット」。エクシードチャージも発動可能であり、ファイズショットやファイズポインターに似た装備を召喚することが可能。


関連項目

仮面ライダー555 ガジェット ツール オルフェノク 
スマートブレイン 乾巧 園田真理

ファイズアーマー・・・仮面ライダージオウにおけるファイズの力を持つ装備

ライダーズギア

カイザギア デルタギア 帝王のベルト

pixivに投稿された作品 pixivで「ファイズギア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 69536

コメント