ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

システムボイス:立木文彦


概要

左翔太郎フィリップ仮面ライダーダブルへの変身に使用する次世代ガイアドライバー。所謂変身ベルトである。

このドライバー専用に開発された6本の次世代型ガイアメモリがセットになっており、これらを総称して「ダブルドライブギア」とも呼ばれる。

ガイアメモリを装填した状態で開くと「W」の文字が形成され、ガイアプロセッサと呼ばれる部分がガイアメモリに対応したカラーリングに発色するのが特徴。


フィリップが言うには、ドライバーの使用者をフィリップと一体化させて最高の頭脳と肉体を合わせ持つ究極の超人を生み出すための装置(『ビギンズナイト』より)であるとのこと。

つまりはフィリップありきで作られたアイテムである。(照井竜と適合率の高いアクセルメモリありきで作られたアクセルドライバーも同様といえる)


普段はバックルの状態で翔太郎が携帯し、装着するとフィリップにも同型のベルトが出現して変身段階に入る(帯が巻きつくと同時にマキシマムスロットが構築されるが、途中からマキシマムスロットが構築された状態で帯が巻かれるようになった)。

まず、フィリップが自分のドライバー右手側のソウルサイドに自身のソウルメモリをセット。するとメモリが翔太郎側のドライバーに転送され、翔太郎も左手側のボディサイドに自身のボディメモリをセットし、両サイドをW字型に展開することで変身が完了する。

ファングジョーカーへの変身の際は翔太郎とフィリップの順番や役割が逆になる。(メモリを挿入する位置は変わらない)

そのため、どちらかがメモリを挿せない状況にあるときは変身できない。

変身後、挿入されているメモリをそれぞれが交換することでハーフチェンジが可能。右腰にあるマキシマムスロットにメモリを装填する事でメモリのエネルギーを最大限に増幅し、必殺技(マキシマムドライブ)を発動できる。


また、ダブルドライバーを装着しているだけでも翔太郎とフィリップは一心同体となるので、ドライバーを装着していればWにならずとも脳内会話(フィリップ曰く「ガイア・リレーション」)ができる。


なお、ダブルドライバーはこの世で翔太郎が持つ一機を除いて他には無く、フィリップに現れるものはダブルドライバーそのものではなく、フィリップの使用を前提としたプログラムにより現れるショートカットか影のようなものである。ここにメモリを装填する事により、彼の意識ごと翔太郎のダブルドライバーに転送されるという仕組みである。

ただし、これが逆だと成立しない。フィリップがボディを担当するファングメモリを使用する際もいかにダブルドライバーの影を出現させても、あくまで翔太郎の方がドライバーを装着、ジョーカーメモリを装填しなければファングジョーカーには変身できない。

要はフィリップがいても相方がいなければ成立しないシステムである。逆も当然ながら同じで、そもそもフィリップと融合しなければ前提としてWは成立しない。

ダブルドライバーを使った変身には誰一人として欠けてはいけないのだ。


なお、ダブルドライバーの使用はフィリップが相方となる事が前提となっているが、ボディサイドは翔太郎でなくとも成立する。というのも、翔太郎がボディサイドを担当する事になったのはアクシデントによるものであり、最初に想定されていたのは鳴海荘吉、次いで候補に考えられていたのは照井竜であった。

ちなみに夢の世界では翔太郎がソウルサイド、鳴海亜樹子がボディサイドの担当となっていた。


玩具版

DX版

2009年9月5日に販売されたもの(以下、初回版)と、2012年4月28日発売の「SUPER BEST 変身ベルト」版、2018年12月1日発売の「変身ベルト ver.20th」版の3度にわたり発売されている。

初回版はドライバーと4本のガイアメモリ(ジョーカー、サイクロン、ヒート、ルナ)が付属しダブルの3フォームの変身遊びが可能となっている。


仕組みとしては、ガイアメモリを差すとガイアメモリ先端のスイッチが押され、待機音が鳴り、開くとガイアメモリ正面のスイッチが押され、変身音声が鳴るというもの。

マキシマムスロットはガイアメモリ先端のもうひとつのスイッチと正面のスイッチを押して音声を鳴らす。

つまりダブルドライバー自体に音声ギミックは一切入っていない(これはアクセルドライバーロストドライバーも同様)。

収集アイテム側に完全に音声を依存するこの方式は、ベルト側の音声に縛られないため鳴らせる音声の自由度が高い、解析によるネタバレを防止できるといったメリットがあるが、廉価版である食玩版やガシャポン版のアイテムを使用すると音声がやや寂しくなってしまうというデメリットもあり、後のシリーズではゲーマドライバーにしか取り入れられていない。


初回版とSUPER BEST版以降の違いは以下の通り。

  • 付属メモリの本数

メタル、トリガーのメモリが追加され計6本になり9フォームの変身遊びが可能になった。(ただし武器はなし)

また、ver.20th版はメモリの内蔵LEDの発光が強くされ、スピーカーに使われている部品が赤くなっているのとジョーカーメモリのガイアウィスパー音声が変更。


COMPLETE SELECTION MODIFICATION版

「大人のためのDXから進化した変身ベルト」その第一弾として発売。

様々な変更点が加えられており、ディティールが向上している。

  • 塗装箇所の増加。墨入れやカラーリングの変更。
  • ベルトがメタリック&本革仕様に。アタッチメントパーツでサイズ変更可能。
  • ガイアメモリのシールがホログラムになり、音質が上昇。

しかし、初期に発売されたCSMであるため、音声関連はブラッシュアップされていない。


更に、2019年と2020年にver.1.5として再販

変更箇所は以下の通り。

  • ベルト帯が外れてバックルのみで持てる仕様に。また、本革から他のCSM同様にナイロンに変更。
  • 墨入れ箇所の一部が塗装に変更、艶消しに塗装箇所は劇中プロップ仕様に。
  • ガイアメモリのシールの比率を再現。サイクロン・ルナの整形色の変更。ボタン部分の塗装。

ダブルドライバーVer.1.5風都探偵 EDITIONではアニメ風都探偵でのセリフが流れるモードの追加だけでなく、変身解除音の追加、サイクロンメモリ及びジョーカーメモリのロストドライバーへの対応、トリガーメモリのマキシマムスロットへの対応、ヒートメモリのツインマキシマムの再現、等のアップデートが行われている。

アップデートはガイアメモリのみであり、ダブルドライバー自体は先に出たVer.1.5と同仕様であるため、メモリのみの購入も用意されている。



強化フォームのアイテムである「ファングメモリ」と「エクストリームメモリ」はDX版以降の一般販売では再販されていない。ファングメモリはCSM版がプレミアムバンダイで販売された。エクストリームメモリもしばらく登場しなかったが、2023年夏にこちらもプレミアムバンダイで発売されることになった。


余談

開発段階時はガイアドライバー2G(セカンドジェネレーション)とも呼ばれており、元は園咲家で使用されているガイアメモリ用の生体挿入フィルターの「ガイアドライバー」をある人物がさらに発展させて開発したものである。(ロストドライバーアクセルドライバーなどの他の次世代型ドライバーも同じ)


関連タグ

仮面ライダーW 仮面ライダーダブル

変身ベルト ガイアメモリ


『仮面ライダーW』に登場する変身ベルト一覧


主役ライダー変身ベルト

ディケイドライバーダブルドライバーオーズドライバー

関連記事

親記事

ガイアメモリ がいあめもり

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 238591

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました