ピクシブ百科事典

仮面ライダーダブル

かめんらいだーだぶる

本稿では、特撮作品『仮面ライダーW』に登場する「仮面ライダーダブル」について解説する。
目次[非表示]

「俺は、いや俺たちは2人で1人の探偵で、仮面ライダーだ!」

さぁ…お前の罪を数えろ!

CV:桐山蓮菅田将暉
スーツアクター:高岩成二

概要

センシティブな作品


風都の私立探偵、左翔太郎フィリップが変身する「2人で1人の仮面ライダー」。
元々2人はこの姿を「W(ダブル)」と呼称していたが、2人の活躍を目撃した風都市民の噂によって街を護る謎の戦士「仮面ライダー」という都市伝説が誕生。それを聞いた2人もこれを気に入り、「仮面ライダーW」と名乗るようになった。

Wの正体を知っているのは、鳴海亜樹子照井竜を除けば基本的に一部の依頼人やドーパントの変身者や関係者のみ。
正体を喧伝されたり厄介事に巻き込まれる可能性を鑑みて(基本的に口が軽く、さらに広い情報網を持つがために、逆に情報を発信された場合の拡散規模が危惧される)、刃野幹夫真倉俊風都イレギュラーズら翔太郎の関係者、協力者には正体を知らせていない。
風都署の警視である照井の力も借りて正体は隠しており、事件の中で正体を知った依頼人たちにも守秘義務を頼んでいる。
これはメインライターが同じ仮面ライダードライブの前半部に通じるものがある。

仮面ライダー(特に平成二期)の中でも珍しく、特定のモチーフがない。強いていうならば、仮面ライダーそのものがモチーフである(余談の項で後述)。(モチーフ大図鑑では、バッタと書かれており、ギザギザの節が刻まれたボディラインや半身が緑とそれらしい醸し出している。)


変身

「次世代型ガイアメモリ」を専用の次世代型ドライバーである「ダブルドライバー」に装填することで一方の精神をもう一方に憑依させ、2人分の意識を1人の肉体に宿して変身する。
変身に使われる6本の次世代型ガイアメモリにはソウルメモリボディメモリ2種類が存在し、フィリップが彼専用のソウルメモリをドライバー右側のソウルサイドに装填し、ドライバー左側のボディサイド担当の翔太郎がボディメモリを左側に装填する。
そしてソウル担当(主にフィリップ)がボディ担当の身体に憑依することで変身が行われるのだが、ボディ側に憑依した時点でソウル側の身体は意識を失い倒れてしまう為、物陰に隠したり亜樹子が退避させるのがお決まりのパターン。
基本的にはボディ担当の翔太郎が主な戦闘を行うが、ソウル担当のフィリップも右半身側のみ制御することが可能。
どのフォームにしろ2人分の意識があることに変わりないため、2人の息が完璧に合っていないと戦闘は行えない
ソウルサイド側が話す際はソウル側の眼が点滅し、声はエコーがかかったものになる(周囲にもしっかり聞こえている)。
また、片方の意識を憑依させる特性上、二人が離れていても変身可能。
ダブルドライバーをセットした時点で会話も可能になる。

ちなみにソウルサイド、ボディサイドでそれぞれ挿せるメモリは固定されているため、フィリップのソウルメモリをボディサイドに挿したり、翔太郎のボディメモリをソウルサイドに挿すことはできない。
たまに誤解する人もいるが、翔太郎が使っているボディメモリがソウル役に回れるのはファングメモリが相手の時だけであり、ファングとの組み合わせ以外でソウルメモリの役割をすることはできない。
そして翔太郎はファングとの組み合わせの時だけ例外的にソウルサイドを担当できるだけで、ボディサイド担当の人間(翔太郎)がソウルメモリを使うことはできない。(ソウルメモリはあくまでフィリップ専用のメモリである)

つまり下記の変身形態の逆の組み合わせ(ジョーカーサイクロン等)やボディメモリ同士、ソウルメモリ同士の組み合わせで変身するのはシステム上不可能である。

このように仮面ライダーダブルは最初からフィリップありきのシステムであり、彼をメインに双方が固定された役割がある。
(照井の使用ありきのシステムである仮面ライダーアクセルと同じと言える)

W


変身ポーズはそれぞれがメモリを持った方の腕を曲げるというシンプルなものだが、2人合わさることで腕がWの字に見える造りになっている(話の流れや演出上W字ではない場合もある)。

形態

ハーフチェンジ

メモリの組み合わせにより変身する形態。ここでは基本となる組み合わせを紹介する。
フォーム名は「ソウルメモリ名+ボディメモリ名」となり、平成一期に多く見られた「○○フォーム」とはならない。

Cyclone Effect


「風の右半身」と「切札の左半身」を持つ基本形態。
スピードを活かした格闘攻撃を得意とする。


Free your Heat


「熱き右半身」と「闘士の左半身」を持つ高火力形態。
炎を纏った棒状武器「メタルシャフト」による打撃を得意とする。


Finger on the Trigger


「幻想の右半身」と「銃撃手の左半身」を持つ銃撃形態。
「トリガーマグナム」による変幻自在の弾道を描く射撃を得意とする。


FANG STRIZER


「牙の右半身」と「切札の左半身」を持つ格闘特化形態。
ダブルのフォームの中で唯一、フィリップの身体をベースに翔太郎の意識を憑依させ変身する。
格闘中心の獰猛なファイトスタイルで戦う。

強化形態

サイクロンジョーカーエクストリーム


エクストリームメモリによって変身した最強フォーム。フィリップと彼の信頼にこたえた翔太郎で至った『究極のW』。
敵の情報の「閲覧」を可能とし、プリズムビッカーで複数のメモリの能力を収束させて戦う。

飛翔する探偵


劇場版限定のさらなる強化フォーム。
サイクロンジョーカーエクストリームの能力の組み合わせとその力を最大限に引き出した翔太郎とフィリップの強い想いが、街の人達の声援と風都の風を受けたことで生まれた想定外の奇跡のフォーム。
全てのエネルギーを集中した必殺技「ゴールデンエクストリーム」で風都最大の脅威を撃破して、全てのT2ガイアメモリを砕いた。

その他

【多少ネタバレ】映画記念に


ディケイドの「FINAL FORM RIDE」でWが分割された形態。

罪すらも振り切りる!


シュラウドが当初想定していた本来の『究極のW』。
照井竜とフィリップで変身した姿だが、照井がこれを拒否し、フィリップもあくまで自身の相棒として翔太郎を選び彼と究極のWに至ったため、結局作中で実現することはなくイメージ図としての登場のみに留まった。

『風都探偵』で示唆された、こちらもシュラウドが当初想定していた本来のW。
鳴海荘吉とフィリップが変身した姿らしいが、荘吉の死によってこちらも頓挫し、幻のフォームとなった。
風都探偵でシルエット図として登場。

🦖🔫


『風都探偵』で登場した新たな派生フォーム。
本編では不可能な組み合わせだったが、翔太郎とフィリップの適合率を含めた成長により変身が可能となった。
ただしそれでもファングの暴走衝動を抑えるにはまだ翔太郎とトリガーの適合率が足りない為、相性のよくない組み合わせであることは変わらず、『風都探偵』時点でもごく短時間しか変身はできない。(今後の2人の適合率の上昇によって変わっていく可能性は高い)

カタログスペック

パンチ力キック力ジャンプ力(ひとっ跳び)走力(100m辺り)
サイクロンジョーカー2.5t6t60m5.2秒
ヒートジョーカー5t5.5t49m6.5秒
ルナジョーカー2t4.5t50m4秒
サイクロンメタル3.5t7t37m9.5秒
ヒートメタル6t9t25m11秒
ルナメタル4t5t40m7.6秒
サイクロントリガー1.7t3t46m7.2秒
ヒートトリガー3t4t45m8秒
ルナトリガー3.5t4.5t45m8.5秒
ファングジョーカー8t13t30m3.2秒
サイクロンジョーカーエクストリーム5t10t120m4秒


マキシマムドライブ

メモリを右腰や武器のマキシマムスロットに装填することでメモリのエネルギーを最大限に増幅して発動する強力な必殺技
これをドーパントに叩き込むことで、変身者を殺すことなくメモリだけを破壊するメモリブレイクが可能。
基本的に必殺技名を叫んでいるが、これは伊達や酔狂等ではなく2人の呼吸を合わせるため
技名は翔太郎がその場で命名している模様。

ライブモードを持つ特殊な形状のファング及びエクストリームメモリは、メモリ自体にマキシマムドライブの発動機能を備えている。
メモリガジェットに挿入しても発動するが、そのメモリの属性のエネルギーが付加される程度でメモリブレイクに至るほどの威力はない。

使用する次世代型メモリ

ボディメモリ

ジョォーカァァーッ!!


「切り札」の記憶を宿したガイアメモリ。翔太郎と最も相性が良いメモリである。

メェタァルゥ!


「闘士」の記憶を宿したガイアメモリ。

トリガァァッー!!


「銃撃手」の記憶を宿したガイアメモリ。

ソウルメモリ

サイクロン!


「疾風」の記憶を宿したガイアメモリ。フィリップと最も相性が良いメモリである。

ヒート!


「熱さ」の記憶を宿したガイアメモリ。

ルゥナァ!


「幻想」の記憶を宿したガイアメモリ。

その他

ファングッ!


「牙」の記憶を宿したガイアメモリ。ライブモードという獣型形態を持つ自立型のメモリで、唯一フィリップがボディサイドを担当できるメモリ。フィリップ一人ではコントロールできないほど暴走衝動が強く、ソウルサイドに回った翔太郎が力を制御する必要があり、そのため翔太郎と最も相性が良いジョーカーメモリとの組み合わせでなければ当初は変身が成立しなかった。

エクストリーム!


エクストリームとは「極限」の意。
その名の通り、ダブルの力を「極限」まで引き出して、地球の記憶そのものと直結させて、究極のWに昇華するためのガイアメモリ。そのため地球の記憶は内蔵しておらず、地球の記憶そのものとデータリンクしているメモリである。またファングと同じく自立型のメモリであり、鳥形のライブモードを持つ。
内部には「ガイアスペース」と呼ばれる地球の記憶と直結した電子空間があり、ここにフィリップの体をデータ化して取り込むことで、彼の体を保護したり、ダメージを回復することができる。

  • プリズムメモリ
「結晶」の記憶を宿したガイアメモリ。サイクロンジョーカーエクストリームの武装であるプリズムビッカーを起動させるためのメモリで、同時に4種類のメモリの力を引き出してコントロールすることができる。

使用アイテム

ダブルドライバー


次世代型メモリを使って仮面ライダーWに変身するための次世代型ドライバー。ミュージアムで使用されているガイアドライバーを発展させた後継機の一つ。ドライバーの使用者をフィリップと一体化させて、最高の頭脳と肉体とを合わせ持つ究極の超人を生み出すための装置である。

ちっさいもの倶楽部


仮面ライダー達のサポートツール。ガイアメモリを模した思考型AIのギジメモリを装填することで、様々な小動物型のライブモードに変形して自立活動する。それぞれが様々な機能を有しており、ライダー達を戦闘だけでなく捜査などでも多方面からサポートする。

使用マシン

ハードボイルダー

ダブルのマシンがせいぞろいしたぞ!


W同様、前部と後部でカラーリングが分かれたバイク。後部ユニットをリボルギャリー内で換装することで様々な状況で活動できる。

  • ハードボイルダー

ハードボイルダー。


緑のユニットを装着したバイク形態。使い捨ての6連装ブースターを接続した「スタートダッシュモード」(上の画像中央下)もある。
元は仮面ライダースカルが使っていた、スカルボイルダーを改造した物。

  • ハードタービュラー

落書き


赤のユニットを装着した空戦形態。ジャイロユニットで音速を超えた速度での飛行が可能。

  • ハードスプラッシャー(上の画像右下)
黄色の水上ユニットを装着した形態。ホバークラフトの要領で水面を走行できる。

  • ハードガンナー

俺を使って!


アクセルのガンナーAを接続した形態。アクセルガンナーと同様ガイアキャノンを発射できる。

リボルギャリー

出動!


鳴海探偵事務所の秘密ガレージに車体を開いた状態で駐機してある巨大な車両。
開閉式の車体内部にハードボイルダーを格納し、ユニットを換装する機能を持つ。
非常に強固なボディと高い馬力を持つため、ピンチを乗り切るための遮蔽物や緊急時の撤退用の車両としての役目も果たす。
元はやはり仮面ライダースカルが使っていた、スカルギャリーを改造した物。

ちなみにこれらのマシンは元々はシュラウドミュージアム時代に考案したドーパント支援用メカのアイデアをさらに発展させて完成させた物である。

ガンバライジングでの活躍

ガンバライジングでは1弾からサイクロンジョーカーとルナトリガーが参戦。メモリチェンジもばっちり再現されている。フォーム数が少なく、劇中の必殺技も「トリガーフルバースト」のみ(「サイクロンブロー」も劇中さながらの風を纏った蹴りではあるが)で少々勢いが控えめだったが、5弾のCPの必殺技にてヒートメタルが登場し、ジョーカーエクストリームも収録された。

そして、ナイスドライブ1弾でヒートメタルが正式参戦。「メタルブランディング」も収録。
4弾のN(1番目にカードを出した時テクニカルゲージアップ)が、ナイスドライブ弾での仕様変更(テクニカルバトルの統一化、ガンバライダーの一部アビリティの弱体化)に伴い、一時期、ライダー全国対戦のオンライン対戦にてND1弾CPドライブ(毎ラウンドAP+20)と並び、使用率No.1の非常に強力なカードとしてオンライン対戦の定番デッキとして流行していた。

ナイスドライブ2弾では仮面ライダージョーカーがLRで登場。Wよりも先に高レア化された。
そしてナイスドライブ4弾ではLRLREX枠で待望のサイクロンジョーカーエクストリーム&ゴールドエクストリームが参戦した。また同弾でのトリプライドキャンペーンの枠でオーズ、フォーゼと共にMOVIE大戦MEGAMAXを再現したトリプルライダーキックが実装された。

バッチリカイガン3弾では中間フォームにあたるファングジョーカーがLR枠で参戦。最強フォームより後に参戦する珍しいケースでの参戦となった。

バトライド・ウォーシリーズ

無印よりプレイアブルキャラとして参戦。基本のフォームチェンジはサイクロンジョーカー、ヒートメタル、ルナトリガーの三つであるが、それぞれの形態で必殺技を使用すると右半身(フィリップの担当するメモリ)だけメモリチェンジを行い、その形態でのマキシマムドライブを発動させるという仕様。

メモリチェンジの硬直があるため通常技に組み込みにくいという欠点があるが、一度メモリチェンジを行えばそのフォームでのマキシマムドライブに限り硬直が起こることはない。

この仕様により通常時でも9つのフォームを持ち、最強状態や究極状態(「Ⅱ」以降)の二つも含めるとゲーム中最多の11フォーム変身とながいある。といっても必殺技でのフォームチェンジによる戦闘モーションや性能の差はほとんどないのだが(ルナトリガーのみ弾丸が変化する)。

なおファングジョーカーのみメインの変身者が違う為か、完全な別キャラ扱いである。

余談

あえて言おう!Wを小文字で並べてはいけない!!

企画段階では従来の仮面ライダー通り1人で変身する予定だったが、Wのデザインが決定した後「左右で色が違うことへの理由付けが欲しい」ということになり、探偵モノ定番のバディ要素とも絡めて「2人で1人の仮面ライダー」が誕生したという経緯を持つ。

変身時に翔太郎の顔にキカイダーの黄色いラインを思わせる紋が浮かび上がるため元ネタはキカイダーだとよく言われるが、Wのデザインは「風」と「格闘」が主体であり、コンセプト自体は仮面ライダー1号などの原点としての「仮面ライダー」を強く踏襲している。
漫画版「仮面ライダー」では、ショッカーライダーに殺され脳だけが摘出された本郷猛が、自宅の地下に眠る培養液の中から、一文字隼人が変身する「仮面ライダー2号」にテレパシーで指示を伝えていた。

「行こう本郷…おれたちは、いつだってふたりだ!」

関連タグ

仮面ライダーW 左翔太郎 フィリップ
ガイアメモリ ダブルドライバー
ハードボイルダー リボルギャリー ハーフチェンジ メモリガジェット はんぶんこ怪人
さぁ、お前の罪を数えろ!
主役ライダー 平成ライダーシリーズの仮面ライダー一覧

仮面ライダーアクセル仮面ライダースカル仮面ライダーエターナル:本作のサブライダー

アナザーW:「仮面ライダージオウ」にて登場したダブルの力をもつ怪人。

仮面ライダービルド:メインカラーが二色でアイテムを二つベルトに装着して変身する後輩ライダー。ダブルの没ネタをもとにしている説もある。

仮面ライダーバルカン(ランペイジガトリング):後に本当に2人で1人の仮面ライダーになったライダー。

アントホッパーイマジン…色合いが似ている。

主役ライダー
ディケイドダブルオーズ

○号ライダー
ダブル(1号) → アクセル(2号)

関連記事

親記事

鳴海探偵事務所 なるみたんていじむしょ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーダブル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1513455

コメント