ピクシブ百科事典

仮面ライダーバールクス

かめんらいだーばーるくす

映画『仮面ライダージオウ Over Quartzer』に登場する劇場版限定ライダー。
目次[非表示]

???「俺が平成という道を、きれいに舗装し直してやろうってこと」

\バールクス!/

「変身!」

ライダータイム!

仮面ライダー・バールクース!

演/声:ISSA(Over Quartzer)、???(ファイナルステージ)
スーツアクター:中田裕士

概要

映画『仮面ライダージオウ Over Quartzer』に登場する劇場版限定ライダー
「歴史の管理者」クォーツァーのリーダーが、ジクウドライバーとバールクスライドウォッチで変身する。

モチーフは仮面ライダーBLACKRXであり、名前もアナグラムになっている(BLACK RX→BARLCKX→バールクス)。

変身ポーズは天高く掲げた右掌を回転させ、手の甲を外に向けた状態でゆっくりと顔の近くまで腕を持っていくというもの。RXのポーズを意識したものと思われる。
背後に現れる時計はバッタの翅や脚があしらわれた、ゴルゴムの紋章にも見える豪華なもの。ドライバーを回転させた後、RX同様の「光のオーロラ」を身に纏い、姿が変わる。

だが、変身時のシーンをよく見ると、ライドウォッチをセットしただけでジクウドライバーのボタンを押し忘れている

スペック

身長200.0cm
体重112.5kg
パンチ力60.0t
キック力126.0t
ジャンプ力一跳び81.0m
走力100mを0.7秒

意外にもそのスペックはパンチ力を除きグランドジオウより低めに設定されている。ジャンプ力に関してはゲイツリバイブにすら負けている。

容姿

メインカラーは黒。頭部は金色の懐中時計型で、複眼はカタカナの「ライダー」を模しており非常に大きい。
深緑の胸部アーマーには革バンドを模したパーツが2つ巻かれている。

全身に金色の歯車のような意匠があり、どことなくオーマジオウに似ているが……?

両肘にある昆虫の脚のようなトゲは、RXのライバルであるシャドームーンの要素と思われる。両者とも創世候補であり、“魔王”と相対する存在としてのチョイスだろう。

能力

雑誌では「平成仮面ライダーの能力を全て無効化する」と紹介されていたが、劇中でその根拠となっているのはソウゴの「平成ライダーの力が通じない!?」という台詞のみであり、実際に持っている能力かどうかは不明。どちらかと言うと全平成ライダーを凌駕するほどの実力の持ち主と考えた方が近いのかもしれない。
剣技においても、グランドジオウや彼が召喚した歴代平成ライダーをまとめて圧倒するなど、非常に高い戦闘能力を持つ。

後のファイナルステージにおける描写にて、「『仮面ライダービルド』までに登場する平成ライダーとジオウにのみ能力が適用されるが、変身者本人の実力も申し分なく高い」とする説が有力となった。ファイナルステージでは剣から電撃を放っているが、効果音から恐らくストロンガーライドウォッチの力を発動したものと思われる。

また、創世王の能力である長方形バリアを展開することも可能。敵方の能力が使える辺り、ある意味では「アナザーRX」としての側面もあるのかもしれない。

使用アイテム

バールクスライドウォッチ

バールクス


その姿はブラック!? RX!? 悪のライダーは…バールクスだ!

仮面ライダーバールクスの力を宿したライドウォッチ
ライダーズクレストは「カメン」、西暦表示はゲイツリバイブらと同様に「0000」。
ちなみに変身時に流れる文字は「SINGULAR」と表示される(ゾンジスザモナスも同様)。

レジェンドライダーのライドウォッチ

BLACK RXライドウォッチ


BLACK RX、ロボライダーバイオライダーの3つ。
起動することで原作のライダーの能力を使用することができる。

南光太郎から力を奪った可能性が高いが、アナザー1号のアナザー1号ライドウォッチの誕生経緯などを考えると、平成ライダーが持つRXの要素から作り出すことも可能かと思われる(実際、RXは『クウガ』以降のフォームチェンジなど、メタ的にRXの影響を受けた作品は多い)。

RXに進化する前の姿であるBLACKのライドウォッチは所持していないが、

などの説がある。
また、RXはBLACK完結後に始まった続編であるため、「改変後の歴史では南光太郎がRXに進化せず、BLACKのまま現代に至っているのでは?」という考察も。
バールクスウォッチの音声にBLACKの名前が出ているため、「ホルダーには装填していないけれども、BLACKの力も奪っている」とも「音声では区切っているが、BLACKRX単体のことを表現している」とも解釈することもでき、判断ができない。

リボルケイン(自称)

仮面ライダーバールクス


鍔に風車の意匠がある専用武器。
本家リボルケインサタンサーベル、バイオブレードを思わせる形状で、「リボルケイン!」の掛け声とともにジクウドライバーから取り出す。
ちなみに鍔の風車部分をよく見ると、周囲の装飾は変形したカタカナで「リボルケイン」と書かれている

セリフの上では「リボルケイン」となっているが、実は公式の資料には一切「リボルケイン」と記載されていない
超全集では「『リボルケイン』という掛け声とともにベルトから取り出す剣」、食玩『装動』では長剣と呼ばれている。

必殺技

バールクスタイムブレーク

「平成ライダー自体に意味がないからな!」

足に紅いエネルギーを纏い回し蹴りを放つ技。
グランドジオウの召喚した、複数人の平成ライダーをまとめて撃破する威力を持つ。
『超全集』によれば、直前に放った飛び蹴りもこの技に該当する模様。
この時はRXのような両足蹴りではなく、BLACKのライダーキックと同じ片足蹴り。

リボルクラッシュ(仮称)

「さらばだ、ジオウ! 替え玉の王よ!!」

リボルケイン(自称)の鍔に付いている風車を回転させながら刀身を発光させ、敵を切り裂く。
本家RXのリボルクラッシュのような構えで飛び掛かって敵を突き刺す芸当も可能だが、グランドジオウに使用しても火花が迸るエフェクトは出ず、大きく吹っ飛ぶ程度に終わった(実は本家RXもガンバライドの初期ではリボルクラッシュを放つと、敵が大きく吹っ飛ぶ演出になっていた)。
ただし突き刺すシーン自体はきちんと存在し、仮面ライダーウォズに投げつけて貫き、殺害に追い込んでいる。投擲自体は本家RXもやっているので、使い方としては問題ない。

バイオアタック(仮称)

「お前ら……。おかげで平成ライダーの歴史はムチャクチャだ!」

バイオライダーライドウォッチを起動させて発動。体を液化して敵の攻撃を回避したり、長方形型のバリアを形成する。
劇中ではキングフォームの攻撃を液化で回避し、Jライドウォッチと併用して巨大化した。

劇中における活躍

全てのライドウォッチを集めたソウゴの前に現れ、ソウゴに真実を突きつけて監禁。
その後の戦闘でも圧倒的な力でグランドジオウすら一方的に追い詰め、変身解除に追い込む。

ソウゴをダイマジーンが生み出した時空の穴へ放り込み抹殺しようとするも、ソウゴが土壇場でオーマフォームの力を手にしたことで形勢逆転される。
追い詰められる中、バイオライダーライドウォッチとゾンジスの落としたJライドウォッチの能力により巨大化。ライダーたちを圧倒しつつ自分の行動の正当性を叫ぶが、ソウゴに真っ向から否定され、全平成ライダー+ゲイツによる平成ライダーキックでバリアごと貫かれて爆散した。

仮面ライダーバールクス


爆散する直前の様相は、貫通されたバリアに空いた『平成』の文字を見せつけるという、まるで新元号の発表シーンのようであった。加えて、バールクスの顔にあるライダーの文字と合わせて「平成ライダー」の文字が完成し、ライドヘイセイバーの「ヘイセイライダーズ!」のコールが入る。

そして、映画の後の時間軸では……。

バトルスピリッツ

コラボブースター「仮面ライダー〜開戦!ライダーウォーズ〜」で登場。
作中の「平成ライダーの力を無効化する」という設定から、コスト9以下の系統「仮面」を持つスピリット・アルティメットの効果をアタックステップ時に無効化する能力を持っている上に最大BPが21000であるため、劇中通りグランドジオウへのメタになる。
しかし、これらの効果はオーマジオウ、キングフォーム、ムテキゲーマーオーマフォームオーディンには全くの無意味で、BP勝負にも負けてしまう。仮に、効果を無効化できる対象だったとしてもアルティメットフォーム(アルティメット版)といった純粋なBP勝負で強いユニットも存在している。
しかし先ほど挙げた5体はレベル2までの維持コストがコア3つ以内なので召喚時効果でコアシュートして倒してしまうことは可能。流石は平成ライダーの天敵と言ったところか。

さらにもう1つ、紫の系統「仮面」を持つスピリットがアタックした時、相手のスピリットのコア1つをリザーブにコアシュートできる能力を持つが、紫の系統「仮面」を持つスピリットはほぼ全て平成ライダーであるため、皮肉なことに平成ライダーが居ないと、このカードは全力を発揮できない
「平成」を否定している彼自身も「平成ライダー」であるという証明が、ここでも果たされてしまうとは奇妙なものである。

余談

もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな」というネタの通り、仲間を率いて戦うジオウの対極である「誰の力も必要としない究極の個人」のイメージもコンセプトにあると思われる(実際のRXには、アクロバッター霞のジョー、そして10人の先輩といったたくさんの仲間がいたのだが)。

U.S.A 「仮面ライダーバールクス」


変身前の演者であるISSA氏は、2度のテレビ主題歌担当2度の映画主題歌担当と『仮面ライダーTHEFirst』での出演経験だけでなく、バラエティ番組でショッカー戦闘員を相手に仮面ライダーのマスクを被ってアクションを披露した経験があるほどの仮面ライダー好きとして有名である。

スーツアクターは当初、BLACDおよびRXのスーツアクターを担当していた岡元次郎を起用する予定だったが、スケジュールの都合が合わずに断念したらしい。

萬画版魔王との関係

仮面ライダージオウ』自体にも言えることだが、萬画版『仮面ライダーBlack』の魔王と共通性を指摘されることがある。
この作品において、この魔王の正体の候補とされるのは秋月信彦南光太郎。両者ともテレビシリーズにおいてバールクスのモデルとなったシャドームーンとBLACKRXに変身したキャラクターである。
この魔王がいる未来とされるのが、2018年か2019年。
さらに、幻という形ではあるが南光太郎の前で巨大化してみせるなど、バールクスとの共通点が指摘されることがある。

関連記事

仮面ライダージオウ Over_Quartzer チートライダー 魔王ライダー

仮面ライダーエターナル 仮面ライダースカル 仮面ライダー3号:映画主題歌を担当した人物が変身する仮面ライダー。

霞のジョー:『RX』で彼を演じた小山力也氏は『ジオウ』においてオーマジオウの声を演じている。

魔王(仮面ライダーBlack):萬画版『仮面ライダーBlack』において南光太郎の未来の姿とされる人物。

アナザーシャドームーン世紀王たちキングストーンを手に入れた創世王の姿。ある意味でバールクスのアナザーライダー的存在とも捉えられる。

関連記事

親記事

常磐SOUGO ときわそうご

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーバールクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 310529

コメント