ピクシブ百科事典

Over"Quartzer"

おーばーくぉーつぁー

「Over"Quartzer"」とは、平成仮面ライダー第20作『仮面ライダージオウ』のオープニングテーマである。
目次[非表示]

時代を駆け抜けた平成仮面ライダーたち
今 その力が未来へと受け継がれる
祝え!新たなる王の誕生を


過去の意思では欺けない
感じろ そう Nexus Future
Now, Over "Quartzer" 目映い世界 魅せて


概要

作詞:Shuta Sueyoshi&溝口貴紀
作曲:MiNE・Atsushi Shimada
歌手:Shuta Sueyoshi feat.ISSA

平成仮面ライダー第20作『仮面ライダージオウ』のオープニングテーマ。
仮面ライダー電王』で「Climax Jump」を歌唱したAAAのメンバーの1人である末吉秀太と『仮面ライダー555』で「Justiφ's」を歌唱したISSA、すなわち平成ライダーの主題歌を担当した経験がある2人によるスペシャルユニット「Shuta Sueyoshi feat.ISSA」が担当している。

歌詞全体にこれまでの平成ライダー作品を連想させるフレーズがいくつも盛り込まれているのが特徴(後述)。この他、後付けの可能性も否めないが、2番の歌詞には本編初出となる未来の仮面ライダーを連想させるフレーズも含まれる。

“Quartzer”とは?

ぶっちゃけ造語である。
公式見解は出ていないものの、ファンの間では「quartz」(=「石英水晶」、クオーツ時計の中枢を担う鉱石「quarter」(=「4分の1、四半期(3ヶ月)」、「quarter century」だと「四半世紀(25年)」になる)を掛け合わせた固有名詞という見方で概ね一致している。
ちなみに、「前四半期や前年同四半期との比較」を表すビジネス用語として「quarter over quarter」なる物がある。関連性は不明。

これほど意味の深い単語であるにもかかわらず、本編では“Quartzer”の「ク」の字も出てこないまま話数だけが重ねられていった。
――しかし、本編も終盤に差し掛かった2019年5月末、忘れかけた頃になって思いがけない展開が訪れた。
去年の夏映画に引き続き主題歌のそれを転用したタイトルの夏映画の制作発表が行われ、そこで“Quartzer”にまつわる伏線予想の斜め上を行く形で回収されていたのである。

平成ライダーへのオマージュについて

にわかの浅い読みからマニア深すぎる読みまで諸説あるが、ここではその中でも比較的分かりやすいものを挙げてゆく。


余談

目映い世界魅せて
Yes, my lord… You’re my king



関連タグ

仮面ライダージオウ 主題歌

Be_the_one(仮面ライダービルド)→Over"Quartzer"(仮面ライダージオウ)→REAL×EYES(仮面ライダーゼロワン)

関連記事

親記事

仮面ライダージオウ かめんらいだーじおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「Over"Quartzer"」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3308

コメント