ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

Over"Quartzer"

おーゔぁーくぉーつぁー

「Over"Quartzer"」とは、平成仮面ライダー第20作『仮面ライダージオウ』のオープニングテーマである。
目次 [非表示]

過去の意思は嘘では欺けない

感じろ そう Nexus Future

Now, Over "Quartzer" 目映い世界 魅せて


概要

作詞:Shuta Sueyoshi&溝口貴紀

作曲:MiNE・Atsushi Shimada

歌手:Shuta Sueyoshi feat.ISSA


平成仮面ライダー第20作『仮面ライダージオウ』のオープニングテーマ。

仮面ライダー電王』で「Climax Jump」を歌唱したAAAのメンバーの1人である末吉秀太と『仮面ライダー555』で「Justiφ's」を歌唱したISSA、すなわち平成ライダーの主題歌を担当した経験がある2人によるスペシャルユニット「Shuta Sueyoshi feat.ISSA」が担当している。



“Quartzer”とは?

ぶっちゃけ造語である。

公式見解は出ていないものの、ファンの間ではquartz(=「石英、水晶」、クオーツ時計の中枢を担う鉱石「quarter」(=「4分の1、四半期(3ヶ月)」、「quarter century」だと「四半世紀](25年)」になる)を掛け合わせた固有名詞という見方で概ね一致している。

ちなみに、「前四半期や前年同四半期との比較」を表すビジネス用語として「quarter over quarter」なる物がある。関連性は不明。


これほど意味の深い単語であるにもかかわらず、本編では“Quartzer”の「ク」の字も出てこないまま話数だけが重ねられていった。

――しかし、本編も終盤に差し掛かった2019年5月末、忘れかけた頃になって思いがけない展開が訪れた。

去年の夏映画に引き続き主題歌のそれを転用したタイトルの夏映画の制作発表が行われ、そこで“Quartzer”にまつわる伏線予想の斜め上を行く形で回収されていたのである。



余談

  • 当初はISSAではなく西川貴教が参加する予定であったらしいのだが、何かしらの事情で急遽変更となった模様。
    • 根拠として、2018年8月7日の制作発表会見で流れた最初の『仮面ライダージオウ』PVBGMはISSAパートを西川貴教が歌うバージョンだった事(証言ツイートその1その2)、改稿が間に合わなかったのかベルト玩具「DXジクウドライバー」発売当初の取扱説明書に「Shuta Sueyoshi feat. Takanori Nishikawa」名義でTVサイズ主題歌をダウンロードするためのQRコードが載っている事(証言ツイートその1その2その3)などが挙げられている。
    • 本人が8月28日のニコニコ生放送で「8月に大きな仕事が入ってたんだけど丸っと来年になった」と発していた(証言ツイートその1その2)ため、ひょっとしたらひょっとするかもしれない。
    • ――そして、制作発表会見にて「超大物アーティスト」が主題歌を担当する旨が言及されてからちょうど1ヶ月後となる2019年8月17日の続報で、ついにひょっとした
    • ちなみに、末吉秀太と西川貴教は以前1度だけコラボ楽曲を発表した経験がある。
    • それから4年後、超英雄祭2023にで西川貴教×Beverly(次回作前作繋がり?)のスペシャルカバーという形で本曲を披露した。

  • 冒頭部分に使用されたロゴは平成ライダー20作品目を記念して作られたものであり、平成ライダー20人の足型とマイティキックを放つクウガの姿が描かれていて、ライダーキックをイメージしたものとなっている。
    • このロゴは『てれびくんデラックス 愛蔵版 仮面ライダージオウ 超全集』の裏表紙にも描かれている。
  • オープニング映像におけるサビのワンシーンでは、バイクに乗ったジオウとゲイツの通過直後、ライダーキックを放つ体勢のまま静止していたライダー達が一斉に動き出すが、この中でディケイドより前のライダー(いわゆる平成一期)で写っているのはファイズのみ。
  • オープニング映像のラストには歴代平成ライダーのタイトルロゴが0.数秒単位で流れるように写し出され(放送順ではない)、最後に初代『仮面ライダー』のそれが写るという演出がなされている。
    • ただし、『ジオウ』にて1号との共演は実現しておらず、直接の共演は『スーパーヒーロー戦記』まで待たねばならない。
  • 小山力也氏による冒頭ナレーションの他、OP映像の一部は物語の進行度合いによって変更されている。
    • カブト編に当たる第37話と第38話では『カブト』のOP『NEXT LEVEL』のイントロが使用され、途中で本曲に映るというお遊びが盛り込まれた。
  • リズムゲームでは『太鼓の達人』に収録され、プレイするとジオウの着せ替えを獲得する事ができる。カテゴリー的な部分もあって太鼓独占と思われたのだが、2019年3月19日には『jubeat festo』にも収録された。
  • 全体的に語りかけるような内容の歌詞であることや終わりがけのフレーズから、ウォズから我が魔王へ向けられた賛美歌なのではないかという考察がある。

(実際には、劇場版への暗喩だと思われる)

目映い世界魅せてYes, my lord… You’re my king


関連タグ

仮面ライダージオウ 主題歌

Justiφ's15年前の仮面ライダーの主題歌で、こちらもISSAが担当している。

グランドジオウ:OP映像で歴代平成ライダーの石像の表面が剥がれる演出があり、この形態の変身演出にも取り入れられた。


Be_the_oneOver"Quartzer"REAL×EYEZ

関連記事

親記事

仮面ライダージオウ かめんらいだーじおう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 35275

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました