ピクシブ百科事典

ウォズ

うぉず

ウォズとは、特撮作品『仮面ライダージオウ』の登場人物である。
目次[非表示]

「その名も”仮面ライダージオウ”! まさに生誕の瞬間である」
「この本によると……」

演:渡邊圭祐

概要

ツクヨミ達と同じく2068年の未来からやってきた謎の予言者
「逢魔降臨暦」という、腕時計と無数の歯車が表紙に描かれている奇妙な本を常に手にしており、時折常磐ソウゴの前に姿を現し(屋内外どころか時代も問わない為非常に神出鬼没)、予言めいた言葉を発しては姿を消す怪人物。
ソウゴのジオウとしての戦いをサポートするようで、魔王になる事を決意した彼を「我が魔王」と呼んで、ジクウドライバーを献上する。ジオウ初変身時には、叙事詩を朗読する詩人のような口調で王の生誕を称えた。上記の台詞はその際に発したもの。

魔王誕生を阻止するためにこの時代に来たツクヨミや、新たな王の擁立を目論んでアナザーライダーを生み出すタイムジャッカーとは違い、彼の目的は「ソウゴを正しく導く事」であり、「正しい歴史を守ろうとしているのは私だけ」と自称している。
おそらく未来の魔王を想定しているものと思われるが、ソウゴの「最高、最善の魔王になる」という発言に驚いていた事からして、早くも彼の思惑とソウゴの願いとは、ずれが生じ始めている様子である。
とはいえ、その発言を聞いてなおソウゴをジクウドライバーを渡し、恭しくサポートするなど、その思惑は読めない。

第2話からは「逢魔降臨暦」を読み上げるという体で、アバンで前回までのあらすじを紹介するストーリーテラーと、本編の内容を少しバラしては「おっと、先まで読み過ぎました」とおどけるなど、狂言回し的役割も務めている。

その2話でジオウがビルドアーマーを使おうとした時にニヤっと笑うなど上記の目的が本心であるか謎の部分が多い。2年前作品でも1年前作品でも協力者を装った人物がいたので、今後の彼の動向も気になるところである。

尚ソウゴからは、理解できない文言をこちらの都合御構い無しに次々に繰り出してくる為、イマイチ信頼されておらず、時と場合によっては邪険にされることも少なくない。但し、彼の言葉に従うこともある為、信頼こそしていないが、敵意は抱かれていない。

余談

名前の由来は恐らくApple社のエンジニアであり『ウォズの魔法使い』の異名を持つスティーブ・ウォズニアックと思われる。
実際に彼の渾名も『ウォズ』である。

殆ど何も理解できていないソウゴに対し、彼の気持ちお構いなしにやたら仰々しく接し、過剰に彼を称える姿やあらすじ紹介時の茶目っ気のある態度から、一部の視聴者の間では早くもネタキャラ扱いが始まっており、一話終了直後、ツイッターには#ウォズさんクソコラグランプリなるハッシュタグとコラ画像が作られた。
しかし、全ての視聴者がネタキャラ扱いを許容しているわけではないので、発言や書き込みには注意が必要である。

関連タグ

仮面ライダージオウ

白い魔法使い DJサガラ:仮面ライダーシリーズで似たような立ち位置の人物。

鳴滝ディケイドに登場した自称予言者。

pixivに投稿された作品 pixivで「ウォズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39158

コメント