ピクシブ百科事典

刃唯阿

やいばゆあ

刃唯阿とは、『仮面ライダーゼロワン』の登場人物である。
目次[非表示]

「道具は使い様だ」
「ヒューマギアとどう付き合うかは、要は人間次第」
「バックアップさえあればいつでも復元できる。それが人工知能、それがヒューマギアだ」

演:井桁弘恵

概要

内閣官房直属の対人工知能特務機関A.I.M.S.の技術顧問。24歳。仮面ライダーバルキリーに変身する。
男口調で話す強気な性格で、技術顧問でありながら戦闘力も高く、銃を手にマギア相手の戦闘にも積極的に参加している。
また、A.I.M.S.に支給されているエイムズショットライザープログライズキーの使用許可を一任されている。
現時点では作中で「仮面ライダー」の名を使っている唯一の人物である。

不破諫より立場としては上であるが、好戦的な不破は「A.I.M.S.の隊長は俺だ」とほとんど唯阿の命令を聞かず、許可が下りてないエイムズショットライザーを無断で持ち出し、さらには唯阿の許可がなければ使用を制限されるプログライズキーのロックを力づくでこじ開けて仮面ライダーバルカンに変身するなど独断行動を連発。隊員達も彼に同調して発砲する事が多く、彼女の苦労は絶えない。

半ば偶然にバルカンに変身できた不破に驚きながらもしっかり彼の戦闘データを記録する等の臨機応変ぶりや、データ送信を装いながらヒューマギアを密かにハッキングしたり、真意を隠して或人達に接触するなど、不破とは違う頭脳派ならではと言える抜け目のない強かさを見せることもある。
不破に関してはパンチングコングプログライズキーやアタッシュショットガンなど武器のテスターとして利用する方針に切り替えた模様(とはいえ第4話でデイブレイクタウンに潜入する不破にキーを渡すと共に「自分の仕事を忘れるな」と上司らしい思いやりは持ち合わせている)。

第3話ではその強かな一面を存分に発揮し、或人達と接触した際、視覚データを自動転送するプログラムを一貫ニギローに仕込み、それを利用してデイブレイクで消滅したと思われていたプログライズキーのデータが飛電インテリジェンスにある事を突き止めた。
そして同話ラストにて、その事を謎の人物に報告している。

ヒューマギアに対する考え方

ヒューマギアを頭から否定する不破とは違い、ヒューマギアの可能性について一定の理解を示しているが、その根底には「ヒューマギアは道具」「壊れたら作り直せばいい」という良くも悪くもドライで冷徹な考え方があり、ベクトルは違えどヒューマギアに激しく執着する或人や不破と違い、戦いで葛藤も暴走も起こさないのはこの考え方によるもの。
逆に、そうした心の揺らぎが或人や不破の人間らしさと考えるなら、それが無い唯阿はある種の残酷さも漂わせてもいる。『ヒューマギアはあくまで人間を補佐する“道具”でしかない、ましてやそれが自我に目覚めるのは好ましくない』という無常が横行するゼロワンの世界においては、そうした価値観を持つ事が生き易いのかもしれないが。
なお、『ヒューマギアが自我を持つのは好ましくない』点には不破も同調している(過去のトラウマにより、自我を持つ≒暴走の可能性があるという思考を持ったからだと思われる)。唯阿がコントロールの効き難い不破の面倒を見ているのは、この点で彼が自分を裏切らないという確信があるからだろう。

上記の謎の人物から第6話にてライトニングホーネットプログライズキーを渡され、ライトニングホーネット形態へと変身し、違法ヒューマギアである香菜澤セイネが変貌したガエルマギアを何の躊躇もなく撃破。
その際、或人に「早く(香菜澤セイネを)廃棄すればこんな事にならなかった」と上記の「ヒューマギアは道具」という考えに沿って注意している。冷たい意見に取れてしまうが、セイネを早く処分すれば、シンギュラリティを得て滅亡迅雷.netに狙われる事もなく、愛する人の前でマギア化するという悲劇を防げた可能性が高かった。彼女がどこまでの流れを知って或人に注意したのか不明だが、唯阿の言い分も一理はある。

数々の謎の行動


第7話ではが用意した暗殺特化型ヒューマギアフリージングベアープログライズキーを利用して確保し謎の調査を行い、ドードーマギアに変貌するまでの一部始終を記録。そのままゼロワンに向かっていったのを見過ごした。ドードーマギアはゼロワンと共に戦っていたバルカンによって倒されたが、単純な解剖調査が目的ならわざわざ泳がせてゼロワンにぶつける必要はなかったはずである。しかも確保に使用した自動車はA.I.M.S.のロゴが描かれていなかった

その後、マンモスマギアと交戦中のゼロワンに、フリージングベアープログライズキーを渡す。
実際にフリージングベアーの氷攻撃でマンモスマギアを打破する事に成功したが、フリージングベアープログライズキーの製作者や何故マンモスマギアの弱点が氷と知っていたのかは不明。また、フォームチェンジした際に、何故別組織である彼女が所有していたプログライズキーで、飛電インテリジェンス所有の通信衛星ゼアから光線が放つようになるのかも不明。
そもそも何故自分で使わなかったのだろうか…?

戦いの後、迅が回収する前にマンモスゼツメライズキーを回収。
そして上述の暗殺特化型ヒューマギアに何らかの細工をした模様。

「道具は使いようだな…」

この言葉の真意とは果たして…?

余談

A.I.M.S.や不破の名前を見るに、下の名前(唯阿)の由来は「You are」と思われる。
不破を「Who are」とすると、組み合わせる事で「Who are you?」と言う文章も成り立つ。

第3話で報告をしていた相手の正体は今のところ不明。
順当に考えれば、A.I.M.S.の上層部と思われるが、意味深に正体を隠していることから、まだ見ぬ勢力の可能性もありうる。
その場合、彼女にある疑惑が浮上するが…?

不穏な動きを見せているが、第7話では女子生徒を身を挺して庇っているので、根は悪い人間ではない可能性も残っている。なお、不穏な動きに関しては不破は知っていない、若しくは不破に隠して行動している。
或人に対しては彼と意見が対立する不破とは対照的に、ニギローの売り込みにフォローしたり前述の様にプログライズキーを手渡すなど(裏がありながらも)表面上は協力的に接している。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン
仮面ライダーバルキリー A.I.M.S. 不破諫

西馬ニコ:作中における唯一の人間の女性レギュラー繋がり。こっちは序盤からいるキャラである以上今後増える可能性はある。
湊耀子:先輩女性ライダー。同僚に隠し事をしつつドライに接している点が同じである他、「A.I.M.S.に潜入しているスパイ」説が本当であればスパイとしての先輩になる。
クリム・スタインベルト:『意志有る機械達』の生みの親である天才科学者にして、ライダーシステムや装備の実質的な技術顧問。しかし被造物に対しては過度にドライな思考を見せていて(これは機械になった自分自身にも適応されている)、それを彼の技術より生まれた機械生命体達に危ぶまれた結果、彼らの抹殺対象にされ人としての命を落としている。
そして後に機械生命体達の危惧は的中、最悪の未来で邪悪な支配者として復活・君臨した。

明神つかさ:雰囲気(男口調など)や公的機関に属する点が似ている。尚、内閣官房に対してこちらは国際的な警察組織

関連記事

親記事

A.I.M.S. えいむず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「刃唯阿」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 494772

コメント