ピクシブ百科事典

仮面ライダーメイジ

かめんらいだーめいじ

『仮面ライダーウィザード』に登場する仮面ライダー。
目次[非表示]

「さあ…終わりの時よ…」

概要

本編

3色メイジ


仮面ライダーウィザード』に登場する魔法使いの一人。テレビ本編では4、5、6人目の魔法使いである。稲森真由飯島譲山本昌宏が変身する。
第40話で再登場した真由が最初に変身し、第48話では譲と山本も変身。
譲と山本の変身するメイジは、真由が変身するものとはカラーリングが異なり、オレンジの部分が譲はブルー、山本はグリーンとなっている。
これにウィザードの基本スタイルであるフレイムスタイルレッドを合わせると、火・水・風・土の4属性の色が揃うようになっている(4属性の人柱として意図したものとも考えられる)。

変身ベルトとメイジウィザードリングで変身する。腰には「メイジのベルト」を装着している(ワイズドライバーに酷似しているが詳細は不明)。腰周りはスカートの様な形状になっている。
白い魔法使いやウィザードと同じくフェイス部分は宝石を思わせる造形ではあるが、表面が研磨された宝石を思わせるウィザードとは違い、表面部分は白い魔法使い同様研磨されていない原石を思わせる造形となっている。
肩から突き出た大きな角が特徴的。左腕が巨大な鉤爪「スクラッチネイル」となり、それを武器とする。また、ウィザードと同じくウィザーソードガンも使用している。

ライオトルーパーのような量産型ポジションであるが、ウィザーソードガンが使え、スタイルチェンジ以外の魔法の指輪はウィザードや白い魔法使いと同じく使用でき、幹部系ファントムと同等に戦える性能や、使用者が成長すればドラゴン系スタイルと同様にファントムの力を引き出す事が出来るなど(計画利用の為とはいえ)中々の高性能な量産型になっている。おまけに変身者が洗脳させられている為迂闊に手が出せない、厄介な存在である。

白い魔法使いは再びサバトを開きコヨミを蘇生させる為に、打倒メデューサを望む真由を魔法使いにした後に「5人の魔法使いがいれば全てのファントムを消し去る事が出来る」と真由に嘘をついて魔法使い探しに利用する。その一方自らも、魔法使いの資格を得ながらそれを拒んだ譲、山本を拉致し洗脳(笛木曰く少々荒っぽい方法)し強制的に変身させた。
(洗脳の影響か、譲と山本には目の下に隈のようなものができている)
その後真由は白い魔法使いに騙されていたことを知り、全員サバトの魔方陣形成の為に人柱として利用されかけるが、ビーストの活躍によりサバトは失敗。同時に譲、山本の洗脳は解除された。
最終決戦ではグレムリン(進化体)が送り込んだグールに3人揃って立ち向かった。

その後もファントムと対峙するときには変身することもあるようで、天下分け目の戦国MOVIE大合戦で変身しているところが見られる。

劇場版

2013年公開の『劇場版 仮面ライダーウィザード inマジックランド』にも登場する。

「魔法使いの国」の住民は皆魔法使いであるため、リングさえあれば老若男女問わず誰でも変身可能。当然ながら、変身者によって体格が異なる。
TV版とは装備・外見が若干異なる。マスクのカラーリングは、いずれも稲森真由が変身したものと同じ琥珀色。

主に一般市民の魔法使いが変身し、マヤ大王に仕える親衛隊はマントを羽織り、槍にもなる魔法の箒「ライドスクレイパー」を装備する。
劇中ではドーナツ屋店長と店員、瞬平凛子輪島繁らレギュラーメンバー、本作初登場のシイナなども変身しており、各々に変身ポーズが異なる。

その後、近衛隊のスーツは『仮面ライダー平成ジェネレーションズ』のドラル配下のバグスターウイルスのコスチュームの1つになっている。

体格・体力データ

身長195cm
体重80kg
パンチ力(推定値)※2t
キック力3.2t
ジャンプ力ひと跳び12m
走力100mを7秒


※:本作の魔法使い(仮面ライダー)達は「玩具のウィザードリングを使って遊ぶ子供たちが真似して怪我しないように」という配慮上、原則的にパンチを行わない。そのため公式からのスペックは推定値となっている。

また、近衛兵、近衛隊長のスペックは異なる。

魔法

チェンジ
メイジに変身する。劇場版と真由が使用する物のカラーはオレンジだが、譲はブルー、山本はグリーンになっている。
テレポート
空間を操り、瞬間移動する。
コネクト
魔法陣で空間と空間をつなぎ、遠くのものを取り出す。
バリア
敵の攻撃を防ぐ壁を作り出す。ウィザードのディフェンドとは異なりメイジは特性を持たないので6角形状の壁で固定されている。
グラビティ
重力を操作する。ランドドラゴンの魔法石から作られた指輪のはずだが、晴人が貸したのか同じ効力を持った指輪が別にあったのかは不明(後々使ってるリングを考えると同じ指輪を持っていた可能性が高い)。劇中では真由が使用した。
チェイン
ウィザード、白い魔法使い同様、鎖で相手を拘束する。洗脳された譲が使用した。
ホーリー
聖なる力を宿した光波で大ダメージを与える。真由が白い魔法使いからインフィニティーリングを奪う代わりに与えられた力。劇中では1回しか使われなかったが、小説版で再び使用。
ジャイアント
ウィザードのビックと同等の性能を持ちスクラッチネイルを巨大化させる、譲が使用。
スペシャル
ウィザードの指輪と同様体内のファントムの力を現実世界で引きだす、劇中では山本がドッジテイルを伸ばして攻撃するメイジ版ドラゴンテイルと言える攻撃法を行った。笛木曰く「(晴人が)既に進化しているところまで達している」と説明していたが、晴人とは異なり洗脳によって無理矢理ファントムの力を引き出していると思われる。真由が使用した時は魔法陣から火炎を放つ攻撃を行っており、使用者によって効果が異なる様子。
エクスプロージョン
白い魔法使いのものと同等の性能。
ブリザード
冷気で相手を凍らせる。ウォータードラゴンの物と同じ効果。譲が使用。
サンダー
電撃を放って攻撃する。ハリケーンドラゴンの物と同じ効果。山本が使用。
余談になるが、山本役の川口真五氏は過去の平成ライダーシリーズでも雷属性の仮面ライダーを演じた事がある。
コモン
劇場版に登場。様々な効果の魔法を発動させる。

バトライド・ウォーシリーズ

」の「仮面ライダーの映画」というテーマを受け敵戦闘員として登場。特に映画というテーマの無い「創生」でも引き続き敵戦闘員として登場する。
「アロー」による遠距離攻撃、ライドスクレイパーによるラッシュ攻撃など、戦闘員の中でも高い攻撃力を持つ厄介な存在。映画では戦闘員と言ってもTV本編では幹部系ファントムと互角に渡り合うこともある強さを考慮してのことだろうか。

ファイナルステージでは

劇場版同様に凛子と瞬平が変身しているが、通常カラーのオレンジではなく、瞬平は山本と同じグリーン、凛子は譲と同じブルーのメイジとして登場している。
テレビシリーズに引き続き真由も変身し、魔宝石の世界でダークウィザード一味を相手に活躍した。

「pixiv」の世界の仮面ライダー

魔法を使うライダー「メイジ」


姿はともかく名前の方はだいたいあってた

関連タグ

仮面ライダーウィザード inマジックランド
稲森真由 白い魔法使い 飯島譲 山本昌宏
女性ライダー 学生ライダー ポリスライダーズ
美少女仮面ポワトリン:ある意味元ネタ

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーメイジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 311136

コメント