2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「王の判決を言い渡す…死だ!!」

CV:山本匠馬
スーツアクター:永徳

概要

仮面ライダーキバ』に登場する仮面ライダー
登太牙「運命の鎧」の別名を持つサガの鎧を纏った姿。
モチーフは。基本カラーは複眼。専用ツール「サガーク」がバックルとなり、専用武器「ジャコーダー」をバックルに挿入して引き抜くことで変身する。

キバの鎧以前に開発された、最初期型の鎧。故に専用武器はジャコーダー1つ、所持するウェイクアップフエッスルも1つだけと武装は必要最低限のみだが、キバエンペラーフォームに匹敵するポテンシャルを持つ。剣状のジャコーダーロッドによるスピーディーなフェンシングスタイルと、ムチ状のジャコーダービュートで標的を捕縛し叩きつけるパワフルな戦法を使い分ける。

本来ならファンガイアのキングである太牙は闇のキバの鎧もしくは黄金のキバの鎧を継承するはずだったが、母親である真夜が前者を実質的に封印、後者を異父弟に託していたために代用としてサガの鎧を使用していた。
47話終盤にて、太牙が闇のキバを手にしてからはジャコーダーのみ継続登場になってしまい、サガーク共々出番は終了。その後については触れられていない。
しかし、本編の実質後日談である『仮面ライダーキバ ファイナルステージ』では再びサガに変身している。

なお、劇中では変身前のみバイク(DN-01)を所持しており、変身後のライダーマシンは存在しない。

全仮面ライダー大投票93位(88票)

スペック

身長205cm
体重110kg
パンチ力12t
キック力35t
ジャンプ力90m
走力100mを2秒


必殺技

スネーキングデスブレイク

SAGA vs 193


サガークにウェイクアップフエッスルを差込み「ウェイクアップ」のコールとともに吹くことで発動する。上空に皇帝の紋章を出現させ、ジャコーダービュートで標的を刺し貫き、それにビュートを通して縛った敵を宙吊りにする。吊るし上げた後に魔皇力を直接送り込むことで、標的を破壊する。破壊力は40t。貫いた標的をそのまま背負って締め上げるパターンも存在する。また、敵に巻きつけるだけでも魔皇力の注入は可能である。

ジャコーダーブレイク
ガンバライジングにて使用。
ジャコーダーロッドで3回切り裂き、敵を爆破させる。

ジャコーダーストレンジ
ガンバライジングにて使用。
ジャコーダービュートを敵の首に巻き付け、壁にたたきつけた後、魔皇力と思われる赤い稲妻状エネルギーを流し込む。

ジャコーダーフルスラッシュ
ガンバライジングにて使用。
ジャコーダーロッドで素早く3回切りつけた後、エネルギーを充填させた刃で一気に切り裂く。

アイテム

サガーク
ファンガイアの王を守護する為に作られた、ヘビ型人工モンスター。サガーク族に属する。
円盤の様に潰れたデフォルメ形状となっており、移動の際は空中を自在に飛行する。人間には理解できない古代のファンガイア語を喋る(「ヘンシン」や「ウェイクアップ」を除く)。
太牙の腰に取り付くことで変身ベルトのサガークベルトになる。
変身や必殺技発動時にジャコーダーを挿し引きすることで円盤部分がレコーダーのように回転する。

ジャコーダー
変身用キーにして、サガ専用のリコーダー型汎用武器。ロッド剣状の「ジャコーダーロッド」。ムチ状の「ジャコーダービュート」の2種類の形状をとる。直接攻撃の他にも、魔皇力を電撃のように走らせ攻撃に使うことが可能。変身しなくとも武器としての使用自体は可能。互換性があり、太牙がダークキバに変身した際はジャコーダーがそのまま武器として使用され、スネーキングデスブレイクを使用した。
なお、サガークとジャコーダーのギミックは仮面ライダーXライドルを意識したものらしい。

ウェイクアップフエッスル
必殺技スネーキングデスブレイクを発動させる白いフエッスル。

使役モンスター

ククルカン
巨大なコブラに似たモンスター。変身しなくても自在に呼び出すことができる。自在に飛行し、頭部から光球を連射する。
マザーサガーク
サガークの同族である巨大な人工モンスター。基本カラーは。自在に飛行し、底部から触手や破壊光線を武器に戦う他、腹部から1000体もの大量の量産型サガークを出撃させることが可能。

テーマ曲

Roots of the King



仮面ライダーディケイド

第14話『超・電王ビギニング』ではディエンドによって仮面ライダーサソードと共に召喚され、仮面ライダー電王ソードフォームと戦った。
なお、サソードとは、
1:剣型の武器を用いて戦う
2:毒を持った生物がモチーフ
3:変身者が怪人(サソードはワーム/サガはファンガイア)
4:怪人種族の頂点に君臨した事がある(サソードはワームのボスを洗脳する事でワーム軍団の頂点に立った/サガはチェックメイトフォーのキング)
5:名前が「サ」で始まる
6:変身者を演じた役者の名字が「山本」
などの共通点がある。

第30話『ライダー大戦・序章』では「キバの世界」の仮面ライダーとして登場。劇中では「ブレイドの世界」の仮面ライダーギャレンと戦った他、「響鬼の世界」の鬼達とも対決し、天鬼轟鬼をスネーキングデスブレイクで撃破するというとんでもない事をやってのけた。続いてアスムが変身した響鬼をも打倒しようとしたところを海東大樹の銃撃で妨害され、最期は響鬼のカウンターによる音撃を受けて撃破された。
もし海東の妨害が無ければ、「響鬼の世界」はサガ1人の力で壊滅させられていたかもしれない。もっとも「響鬼の世界」からしたら、事情も分からないうちにいきなり現れた素性の知れない戦士に襲撃を受けたわけで、ほぼ完全に被害者である。
原点の『仮面ライダー響鬼』がライダー同士の抗争がほとんど無い世界観であったこと、そしてアスム響鬼を襲名して間もなかったことから、「対処が遅れたのは仕方なかった」とする声も。

その後、『MOVIE大戦2010』ではディケイドの死により復活したらしく、同じく復活した仮面ライダーイクサと共にワタルの前にその姿を見せた。

ガンバライジング

ガンバライジングの前身であるガンバライドでは未参戦だったがナイスドライブ2弾にてシリーズ初参戦となった。
初登場ながらレアリティはSR止まりだが、1番目にカードを出せばAP増加という強力なアビリティを持つ。
キバとイクサとチームを組むと「鎧の三重奏」のチームボーナスが発動する。更にND3弾で参戦した蛇をモチーフとしたライダーとチームを組むと「王の蛇!」のチームボーナスが発動する。

余談

主役ライダーが人間とファンガイアのハーフ、2号ライダーが人間であるため、3号ライダーのサガがファンガイアのライダーとなることは順当な流れで決まったものである。

関連タグ

仮面ライダーキバ
登太牙 サガーク スネーキングデスブレイク ククルカン(仮面ライダーキバ)
サブライダー ダークライダー 社長ライダー
平成ライダーシリーズの仮面ライダー一覧
必殺仕事人

関連・類似キャラクター


3号ライダー
ドレイクorザビーサガメイジ

0号ライダー
ダークカブトサガスカル

○号ライダー
イクサ(2号) → サガ(3号) → ダークキバ(4号)

外部リンク

仮面ライダーサガ | 仮面ライダー図鑑 | 東映
カメンライド サガ | 仮面ライダー図鑑 | 東映

関連記事

親記事

サガーク さがーく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「仮面ライダーサガ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「仮面ライダーサガ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 293526

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました