ピクシブ百科事典

4号ライダー

よんごうらいだー

4号ライダーとは、結城丈二が変身するライダーマンの通称、またはそれにちなんだ平成以降のライダー作品における4人目のライダーの呼び名のことである。
目次[非表示]

曖昧さ回避

もしかして→仮面ライダー4号

4号ライダーとは、

  1. 結城丈二の変身するライダーマンに付けられた称号
  2. 平成ライダーにおける、4人目の仮面ライダー

本項では2について記載する。

概要

仮面ライダーが複数登場する平成ライダーにおいて、サブライダーが多数登場することも少なくない。その中でも主役ライダーを1人目にした際4人目にあたる仮面ライダーが、2号ライダー3号ライダーに則り「4号ライダー」と呼称される。

特徴としては物語の悪役ポジションで登場することが多く、後に共闘する展開もある。
そのイメージ故、主役ライダーとはまた違った個性を持たされるため、場合によっては主役ライダーを凌ぐ人気を持つことも少なくない。

2、3号ライダーに比べ作品によって存在しなかったり、さらに設定や役割なども大きく違うため、より共通点は少ない。さらに細かい設定のため定義は少ないが、大まかなお約束としては以下の通り。

  • 悪役として主役ライダーと対立するものがほとんど。物語が進むにつれて正義になることもあるが、中には最後まで敵だった者もいる(王蛇など)。
  • 接近戦が主体(剣や徒手空拳など)のライダーがほとんどである。遠距離戦特化の多い3号と差別化した結果か。
  • フォームチェンジする事はほとんど無いが、基本的に主役ライダーに比べハイスペックなので、主人公は基本フォームで対応するのは難しく、中間フォームか最強フォームでなければ手も足も出ない場合が多い。(他作品でも4人目の戦士は特に強い事が多い)
  • 何かしら過酷な運命や過去などを背負っている。(3号ライダーと同様)
  • 変身者は主役ライダーと歳の差が広いことが多い(全てではない)。

平成ライダーにおいては多くても2人~4人のライダーが登場する作品がほとんどであるため4人目が存在しない作品も多い。かといって「4番目に登場したから4号ライダー」という訳でもなく、明確な「4号ライダー」の位置付けはかなりあいまいであるといえる。
本記事の作成当初から7番目の登場である王蛇が既に公式の都合で「4号」の扱いとして入っていたり、本編で登場したライダーに劇場版限定ライダーをそのまま加えて「〇号」の数字を継続するという事もある。
以下の一覧
  • 「TV本編で4番目に登場した(アナザーアギトetc.)」
  • 「TV本編での登場は4番目以降であったが、終盤まで活躍した為か公式からは他のライダーを出し抜き4号ライダーにされている(王蛇)」
  • 「変身者が複数いる量産型ライダーとして登場したが4番目に登場し、メインキャラがTV本編で変身したので4号ライダーにされている(ライオトルーパー)」
  • 「TV本編での登場は早かったが、本格参戦が4番目(白い魔法使い)」
  • 「TV本編のライダーは4人未満だが、劇場版や小説のライダーを付け足して数えると4番目になる(エターナルetc.)」

一覧

4号ライダー変身者演者スーツアクター
平成ライダー
アナザーアギト木野薫菊池隆則白井雅士
仮面ライダー王蛇浅倉威萩野崇岡元次郎
ライオトルーパー ???
仮面ライダーレンゲル上城睦月北条隆博岡元次郎
仮面ライダー斬鬼ザンキ松田賢二永徳
仮面ライダーサソード神代剣山本裕典渡辺淳
仮面ライダーダークキバ 高岩成二
仮面ライダーエターナル大道克己松岡充渡辺淳
仮面ライダーアクア湊ミハル荒井敦史永徳
仮面ライダーイカロスツバサなしなし
白い魔法使い笛木奏池田成志渡辺淳
仮面ライダー斬月呉島貴虎久保田悠来渡辺淳
ゴルドドライブ蛮野天十郎森田成一岡田和也
仮面ライダーダークゴースト 今井靖彦
仮面ライダーレーザー九条貴利矢小野塚勇人藤田慧
仮面ライダーローグ氷室幻徳水上剣星渡辺淳
仮面ライダーツクヨミツクヨミ大幡しえり佐野夏未
令和ライダー
仮面ライダー迅中川大輔永徳
仮面ライダー剣斬緋道蓮富樫慧士藤田慧
仮面ライダーバスター尾上亮生島勇輝岡元次郎


各ライダーの詳細

☆は劇場版限定ライダー

平成ライダー

アナザーアギト


変身者:木野薫
歴代最初の4号ライダーで、劇中では『もう一人のアギト』とされた仮面ライダー。
変身者は闇医者。右腕は事故で失い、移植されたもの。
モチーフはアギトと同じ龍か、バッタやイナゴという説が回っているが明確にはされていない。ただ、生物的なイメージやマフラーからは仮面ライダー1号を彷彿とさせる。
武器は使用せず、近接格闘のみで戦うが、三人のライダーを上回る実力を持つ。

諸事情でスーツが腐敗していたため、ディケイドを始めとしたクロスオーバー系の作品には全く登場していなかったが、後にスーツが新造され仮面戦隊ゴライダーにて復活を果たした。
強化フォームはなし。

王蛇


変身者:浅倉威
歴代最凶とも呼ばれるコブラモチーフの仮面ライダー。
登場順としてはライアガイに続く7番目になるが、彼らが比較的早期に退場したため終盤まで生き残ったこちらを記載する。

騙し討ちや不意打ち、とあるライダー攻撃の盾にしたあげく近くにいたお前が悪いと言い放つなど、手段を選ばない荒々しい戦いぶりもさることながら、変身者が凶悪殺人犯であることも目を引く。
ライダーバトルに勝利し願いを叶えるのではなく、ただ闘ってイライラを無くせればいいと考える戦闘狂。

それまでのライダーにはない荒々しさゆえか人気が高く、後に仮面ライダーエグゼイドスピンオフでまさかの大復活を果たし、さらに投票企画によりライドウォッチも作られた。

強化フォームはなしだがHEROSAGAでは強化フォームとして王蛇サバイブが誕生した。

ライオトルーパー


変身者:スマートブレインSP部隊、海堂直也
量産型ライダー劇場版のライダーではあったが、TV版の終盤でも登場したため4号ライダーとも捉えられる事がある為本項に記載。あくまで量産型であり変身者も不固定なので外部作品でも戦闘員扱いされているため、別の分類にも分けられる。

個体のスペックは他の仮面ライダーよりも低いが、数の優位を活かしフォーメーションを組んで戦う事で補っている。劇場版では(設定上)1万人のライオトルーパーによる大部隊が存在する。TV版では準レギュラーである海堂直也、そして5人のスマートブレインSP部隊が変身し、ファイズ達と対峙した。
仮面ライダーディケイド』に登場するディエンドの召喚では一度に3体(ある劇場版では5体)も召喚される。その便利性からか「兵隊さん、行ってらっしゃい」とよく呼び出されている。
ちなみにΟ(オミクロン)というギリシャ文字がモチーフ。
強化フォームは登場しないがHEROSAGAではライオトルーパーVer.2という強化個体が登場した。

最強のライダー


変身者:上城睦月→(桐生豪)→上城睦月
トランプのクラブと蜘蛛をモチーフとした、ライダー。
主人公よりも年下という4号ライダーの中でも若手である。
杖を使った棒術、カードによって氷や毒を扱い、更には怪人の召喚までもこなす。

変身者はベルトをたまたま拾った普通の高校生だったが、それに秘められた闇の力によって戦いに巻き込まれてしまった。
当初は変身すると別の人格が宿り、怪人を倒したり主人公のブレイドたちに襲い掛かっていた。後に自我を保ったまま変身できるようになるが、それでも闇が消えた訳ではなく、人格が徐々に破綻して力を求めるようになってしまう。そしてその闇をブレイドや周りの人々のサポートによって完全に破壊・制御し、正真正銘正義のライダーとなった。
強化フォームは本編では登場しなかったが、「S.I.C HERO SAGA」でジャックフォーム小説版ではキングフォームが登場している。

斬鬼さん


変身者:ザンキ
エレキギターとその音撃を武器とする仮面ライダー。本作の3号ライダーとされる轟鬼の師匠であるため、轟鬼の雷属性や攻撃方法もこの男からの直伝である。

主人公の響鬼威吹鬼と同じく師匠の立場であったが、ある理由で姿を見せなくなる。しかしその後も一時的に登場して活躍をしていた。
弟子想いなどの熱い一面を持っていることから人気の高い仮面ライダーでもある。
強化フォームはなし。

サソード


変身者:神代剣
恐らく初のサソリをモチーフにした仮面ライダー。毒に塗れた剣を武器とし、二段変身「キャストオフ」によって、高速で行動するクロックアップを使いこなす。

変身者は御曹司、いわゆる「お坊ちゃん」ではあるが数カ国の外国語を話せるほどの教養があり、身体能力も高く戦闘スタイルはお手の物。が、世間一般の常識から外れていることから天然ボケなところも。
その一方で、「全てのワームを倒す」という強い憎しみが篭った一面も見せる。カブトのライダーの中では出番の多かった方。
強化フォームはなし

ダークキバ


変身者:キング紅音也登太牙
名称の通り、主人公・キバのダーク版でダークライダーを兼ねている。キバの最強フォームであるエンペラーフォームと同等以上の力を持つと言われている。
しかし、その変身のリスクも遥かに大きく、普通の人間が変身すればすぐに死亡してしまう。

過去ではファンガイアの頂点と呼ばれるキングが変身し支配をしていたが、変身の要であるキバットバットⅡ世がキングに愛想を尽かして音也に力を貸した。
現代ではサガの変身者だった登太牙が終盤で変身した。

ダークライダーの中でも一際デザインや活躍に定評があり人気が高く、仮面ライダーディケイドネガの世界編ではダークライダー達のボスとして登場している。
強化フォームはなし。

エターナル


変身者:(加頭順)→大道克己
死人として蘇り、兵器として使われた傭兵部隊のリーダー。
白のボディと黒マント、蒼い炎を纏ったかのような青線がよく目立つ。
圧倒的な体術とナイフを扱い、更には凶悪性とカリスマ性を併せ持つ。必殺技は26本のメモリを全て使用して放つのが最大の特徴。

元々は劇場版限定ライダー当映画のラスボス扱いであったが、実質的な登場が4番目である事、スカルアクセルと同様に彼のキャラクター性が人気を博し単独映画の劇場版限定ライダーでは初となる主役の作品が作られた為、ここに記載。
Vシネマでの単独主役作品「仮面ライダーエターナル」にて、ダブルと出会う前の過去が語られ、彼に関する様々な謎が判明する事となった。

強化フォームは存在しないと思われたが、VシネでAtoZに登場していた形態「ブルーフレア」が既に強化フォームに当たる状態であり、基本フォームは「レッドフレア」であることが判明した。また、26本のメモリを全てマキシマムドライブした状態をさらなる強化フォームと解釈することもできる。

オーズも一緒に!


変身者:湊ミハル
MOVIE大戦MEGAMAX」に登場。
人によって意見が別れるところではあるが、New電王と同じくオーズ陣営の戦力として捉えた場合バース・プロトタイプを3号ライダーとして扱うと4人目の戦士となる為こちらに記載。
水の力を用いて変身し、水場での闘いを得意とする。専用マシンは、シリーズでは唯一のウォータースライダーである。

未来で活躍する仮面ライダーだが、不祥事によって悪の力に支配され、現代の世界まで飛んできて悪行を行う。しかし、主人公の映司たちの協力のおかげで解放され、本来の力を取り戻した。
因みになんと仮面ライダージオウにもゲストして登場。他のゲスト以上に重要な役割をもって登場することとなった。無論のこと明日のパンツも健在である。
強化フォームはなし。

変身者:ツバサ
映像作品には一切登場せず、小説版にのみ登場する仮面ライダー。挿絵は無い為公式の全体像イラストは存在しない
フォーゼ中のストーリーでは4番目に登場するライダーなのでこちらに記載。
変身デバイスや姿の一部はフォーゼとメテオを元に形作られている。
強化フォームには完全態らしき姿が存在する。

白の魔法使い


変身者:笛木奏
主人公の操真晴人ウィザードの力を与えた張本人。ウィザード達と同じく魔法を使う。2話から登場していたが、戦闘を見守るような立場であり、本格的な変身や戦闘は終盤からである。
その魔力や戦闘能力は他の仮面ライダーを遥かに上回り、ウィザードの最強フォームであるインフィニティースタイルで漸く互角であるほど。武器は笛を模した剣であり、その笛の音で攻撃や防御も行っている。

変身や戦闘が行われるのが終盤近くからであり、3号ライダーメイジより遅いために4号とされているが、登場そのものはメイジどころかビーストよりも早い(2話登場)。
強化フォームはなし。

メロンアームズ!


変身者:呉島貴虎
メロンと和風の武将をモチーフとした白の仮面ライダー。戦闘は他ライダーより一枚上手な程の強さ。
仮面ライダーシリーズで初めて1話から登場し、強化フォームが与えられた4号ライダー。更には本作最終回後に発売されたVシネマで主役を果たしているほど人気も高く、その数年後も彼が主人公を務める物語が仮面ライダーシリーズ初の舞台演劇として実現している。

変身者は仮面ライダー龍玄こと呉島光実の兄で、大企業のエリートであり、重大な計画の責任者を任される程の実力を持つ。
初期では犠牲をいとわない冷酷な一面を見せ、主人公・葛葉紘汰たちと対立していたが、本来の性格や紘汰と打ち解けていったことから次第に協力するようになる。
作中では不運に見舞われてばかりだが、主人公顔負けの悪運の強さも持ち併せている。

強化フォームは仮面ライダー斬月・真ウォーターメロンアームズ(Vシネマ)、ジンバーメロンアームズ(小説版)、カチドキアームズ(舞台)。

lap.41「黄金のドライブはどうやって生まれたのか」


変身者:蛮野天十郎
名称通り、『金色のドライブ』。公式では仮面ライダー扱いされていないが、ドライブの2号機的な立ち位置でもあるため4号ライダーとして扱われる。
特別な武器は所持していないが、技発動によってドライブ達の武器やアイテム(シフトカー)を強奪しそのまま使用する。
変身者は蛮野天十郎とあるが、蛮野本人は劇中以前に死亡しており、正確には科学者である蛮野の意識が取り組まれたバンノドライバーが、ロイミュードの体を支配し取り付けて変身したもの。

歴代でも類を見ない卑劣さから人類、果てはロイミュードをも敵に回してしまい、最後は息子であるによって引導を渡されるという因果応報の末路を辿った。

ダークゴースト&ゼロスペクター


変身者:アルゴス(劇場版)→(本編)
こちらも人によって解釈が異なるが、劇場版にも本編にも登場したため記載。ゴーストに似た姿のいわゆるネガライダーである。
劇場版の変身者であるアルゴスはアランの兄にして天空寺タケルと同じ死霊であり、英雄の力(ナポレオン魂一休魂ピタゴラス魂)でゴーストチェンジすることができる。全人類の死霊化を目論み、タケル達に襲いかかるラスボスキャラだが、同じゴーストであるタケルとの対比や仙人に利用された過去で歪んだ人間性などのもう一人の主人公としての要素、さらに彼自身の極致としての姿である仮面ライダーエクストリーマーが存在するためキャラクター性も高い。
TV本編では最終決戦で仙人がまさかの変身。タケル達のために人間界と眼魔界をつなぐゲートをその力で作るものの、タケル達にアルゴスと間違われたり、歳が歳なためかまたはユルセン曰く、「最初からみんなに迷惑かけてるダメキャラ」であるためか、戦闘ではあまり活躍しなかった。
ちなみに仙人はこれとは別に専用の眼魔ウルティマ・エボニーの変身能力も備えているため、ある意味強化フォームかもしれない。

ノリにノってるぜ!!
Kamen Rider Lazer Turbo - Lv.0


変身者:九条貴利矢
仮面ライダーであると同時に主人公ライダーマシンを兼ねているという特殊な例の仮面ライダー。
本作のライダー達は三等身型(レベル1)と人型(レベル2)を持つが、このライダーはレベル2の時にバイクになる。当然バイクのまま闘うことは出来ず、動けるレベル1で戦っても戦力差が大きい、と不利な面を多く持つ。(ただし早い段階から強化フォームで人型となり克服された)

変身者は監察医。ハンデがかけられているにも関わらず、真実を見つけるために単独行動し、嘘を吐いてまで目的を達成しようとする喰えない人物。劇中では真実に近づき過ぎたために消されてしまったが、後にレーザーターボとして復活し、再び主人公達と共に戦い抜いた。
仮面ライダーゲンムとの対立や終盤の活躍からも人気が高く、ゲンムとの最後の対決を描いたVシネマが販売された。

強化フォームはレーザーターボ。さらにVシネマで仮面ライダーレーザーXが登場した。

ローグ


変身者:氷室幻徳
三つに分かれた日本の西都に属する仮面ライダー。
モチーフはクロコダイル(ワニ)と割れ瓶。
圧倒的なパワーと防御力を持ち、初登場ではその高いスペックでビルド達に圧勝してみせた。

変身者は東都首相補佐官にして敵組織幹部として暗躍しており、首相である父の影に隠れ人体実験を行う非道な人物だったが、実際は攻撃性が高くなる状態にされたための行動であり、ライダーになったことで解放された。
その後は西都に所属し、敢えて汚れ役を演じてビルド達と対立していた。だが凶大な悪に立ち向かう為、ビルド達と手を組むことになる。
初めはそれまでの経緯や本人の罪の意識から仲間ともぎこちない雰囲気であったが、徐々にダサTシャツを披露するなどコミカルな発言・シーンも増えて打ち解けていき、仲間としても強大な戦力となった。

強化フォームはハイパーバトルDVDが初出のプライムローグ
後にファイナルステージやVシネグリスにも登場する等、ハイパーバトルDVD出身の形態としてはかなり恵まれている。

祝え! 仮面ライダーツクヨミ 誕生の瞬間である!!


変身者:ツクヨミアルピナ
平成ライダー最後の女性ライダー。最終話の1話前で登場となったが、れっきとした「ジオウ」の4号ライダーである(それまではネオディケイドが4号ライダーとして扱われていた。詳しくは後述)。
本編では登場タイミングの関係もあり活躍は僅かだったが、冬映画ではゲイツウォズとの合体技など4号ライダーとしての活躍を存分に見せており、Vシネ第一弾でも登場。今後も活躍に期待したいところ。

なお、当初は番外編たる「補完計画」でネタとして登場しており、登場そのものがサプライズとなり視聴者を大いに驚かせた。
強化フォームはないが、(少なくとも玩具のツクヨミライドウォッチとジクウドライバーでは)アーマータイムは可能と思われる。

令和ライダー

迅


変身者:
滅亡迅雷.netの行動係が主人公から奪ったフライングファルコンプログライズキーで変身する。
変身者がヒューマギアであるが故に善悪を理解していないため、子供のような無邪気さで冷酷にヒューマギアを暴走させている。
とあるきっかけで自我に覚醒し初めて自らの行いに迷いを見せるも、上司にあたるにより自らも暴走させられ変身することとなった末に一度は破壊されるが…。
強化フォームはバーニングファルコン

仮面ライダー剣斬


変身者:緋道蓮
風双剣翠風で変身する仮面ライダー。
ソードオブロゴスの一員でテンションマックスな性格。忍術の力を使う。
当初は4号ライダーと見られていた(ここピクシブでも同様)が、登場順が正義の5ライダーで一番最後(5人目)、テレビ朝日及び東映公式サイトのキャストの項でも5番目に書かれており異論もあるが、第11章のオープニングでは変身前の演者の方は5番目のままだが、スーツアクターの方でとうとう4号ライダーに記載される事態になった(ジャパンアクションエンタープライズの出演者情報でも同様)。

仮面ライダーバスター


変身者:尾上亮
土豪剣激土で変身する仮面ライダー。
当初は5号ライダーと見られていたが、登場は3号ライダーであるはずのエスパーダよりも早い3番目だった上、テレビ朝日及び東映公式サイトのキャストの項でも4番目であり、バスターこそ4号という意見も出てきている。

番外作品

仮面ライダーアマゾンネオ


変身者:千翼
アマゾンズSeason2に登場した4人目の仮面ライダー。とはいえSeason2の主人公のため、むしろ4号ライダーというより主役ライダーというべき存在である。
アマゾンオメガアマゾンアルファとは違い、新型のベルトであるネオアマゾンズドライバーを用いて変身し、アマゾンズインジェクターを駆使する事でアマゾン細胞から様々な武器を形成・使用する事を可能にしている。
変身者の千翼は常日頃から食人衝動に悩まされており、それ故にアマゾンを憎み、自分がアマゾンである事を強く否定していた。そんな中、自分が唯一食人衝動が発生しない少女・イユと出会い、彼女を自身の心の拠り所にしていくのだが……。

通りすがりの


変身者:門矢士
仮面ライダーディケイド」の主人公であるレジェンドライダーの1人。
準レギュラー的立ち位置な上、たびたび仲間の海東と共に主人公たちの戦いに介入してくるため、本来の4号(上述のツクヨミ)が最終話の1話前で登場するまでは「ジオウ」の4号という評価をされていた。
自らを『世界の破壊者』と名乗り、ソウゴ達とは時に対立し時に協力するトリックスター的ポジションである。

関連タグ

仮面ライダー ライダーマン 仮面ライダー4号
2号ライダー 3号ライダー 4号ライダー 5号ライダー 6号ライダー
0号ライダー

4号キュア

関連記事

親記事

サブライダー さぶらいだー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「4号ライダー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5716

コメント