ピクシブ百科事典

ナイトローグ

ないとろーぐ

ナイトローグとは『仮面ライダービルド』に登場する怪人である。
目次[非表示]

『バット!』
「かつて俺に流れていた血は、燃え盛る野心によって蒸発した」
「もう昔の俺はいない……」
「蒸血」
『ミストマッチ!』
『バット・バッ・バット… ファイヤー!』

「戦争の始まりだ」

CV:水上剣星

データ

  • 身長:197.5cm
  • 体重:103.0kg
  • パンチ力:17.2t
  • キック力:20.5t
  • ジャンプ力:49.0m(ひと跳び)
  • 走力:4.1秒(100m)


概要

仮面ライダービルド』に登場する蝙蝠のような意匠を持つ怪人。戦兎は当初『コウモリ男』呼びだった。
怪物というよりはダークヒーローという感じの洗練されたデザインをしており、一見すると眼のように見える蝙蝠型のゴーグル状の部分をよく見ると、その下に本当の目が隠れていることが確認できる。

ほとんど自分の過去を覚えていない桐生戦兎の唯一残っている記憶は、ガスマスクの男達によって人体実験を施される自分を、ナイトローグが冷然と眺めているというものだった。そのため戦兎は自分の記憶を取り戻す鍵を握っているに違いないと、彼の行方を追い求めている。

その記憶からどうやらスマッシュを生み出しているファウストに所属している事と、組織の幹部らしいという事、そして組織のリーダー格という事が窺い知れるが、それ以外の詳しい事は分かっていない。

第7話で判明したその正体は、東都政府首相補佐官兼東都先端物質学研究所所長・氷室幻徳その人であった。やはり敵キャラだった彼であるが、後述の変身動画ではファウストの制作動画にて怖い顔を繰り返してNGを連発するというコミカルな面もみせている。

個人認証機能等は備えていないようで、相応のハザードレベル(最低でも3以上と思われる)の持ち主であれば誰でも変身することが可能だが、戦闘能力は変身者によって差が出る模様。

行動

第1話から喋っているが、ネタバレとなるためかなり声の加工がされている。
だが、加工した声が聞き取りにくく、第3話からは若干加工されただけのものになった。

第2話にて『nascita』の地下秘密基地に匿われていた万丈龍我に「恋人に会わせてやる」と伝え彼を誘い出す。しかし実際は彼の恋人である小倉香澄に人体実験を施しスマッシュとして変貌させ、龍我共々口封じとして消そうと画策していた。

その後、ビルドと龍我の前に姿を現し、ビルドから人体実験について問い詰められるも「モルモットの顔などいちいち覚えていない」と一蹴し、香澄を元に戻そうとするビルドたちに、体の弱い香澄から成分を抜き取れば死に至るという残酷な宣告をした。
このように人体実験を施す事や、それによって人間の命が失われる事に何も感じていない冷酷な精神性が伺える。
また、理由は不明であるがフルボトルベストマッチについても知っているような事を仄めかしている。

第7話で幻徳が変身したため視聴者には正体が明らかになった。戦兎たちが北都へ入るのを阻止するべく乗り気でないスタークを無理やり伴い彼らの前に出現。しかしスタークの攻撃が向かってきたため逃げる戦兎たちを取り逃がしてしまう。

第13話では、ブラッドスタークにパンドラボックスを奪われた事で難波重工から援助を打ち切られ、その怒りからブラッドスタークと交戦したが、スタークとの実戦経験の差で敗北する。

第15話では奥の手である巨大なコウモリの翼を展開し、クローズを変身解除にまで追い込んだが、ビルドラビットタンクスパークリングフォームには敗北し、変身解除にまで追い込まれた。

第20話でパンドラボックスを奪って逃走した際は、巨大なコウモリの翼で全身を覆い、ドリルのように回転しながら突撃する技を披露したが、これもラビットタンクスパークリングフォームには通じず、またしても敗北を喫する事となった。

その後、幻徳が仮面ライダーローグとなった為、それ以降はネットムービー「7つのベストマッチ」で内海が変身する程度しか出番がなくなってしまっている。

そして第38話では、新たに仮面ライダーマッドローグが登場。恐らくナイトローグのスーツを改造した物と思われる為、今後ナイトローグの出番は……。

同時にエボルエボルトリガーで生み出したもう一枚のパネルにセットしたバットボトルが黒く変化した。おそらくそれも元のバットボトルのリペイントと思われる......ナイトローグェ...

さらに、番組放送開始(2017年9月)から2018年6月現在までのジャンクションに一度もナイトローグが登場していない。序盤での主人公のライバル枠なのに…

戦闘能力

第2話では短いものの初めて彼の戦闘シーンが描写され、この時はハリネズミタンクとなったビルドの攻撃を素手で難なくいなすなど余裕かつ圧倒的な実力を見せている。

この他、上半身に複数存在する煙突状のパーツから噴き出す煙で瞬時に姿を現したり、煙の中から武器を召喚する能力も有しており、モチーフである蝙蝠のように天井に張り付いたりする事も可能。また少しの距離なら飛ぶこともできるようである。

更に、背中から巨大なコウモリの翼を展開して自由自在に飛行するという奥の手も秘めている。

使用アイテム

ナイトローグへの変身アイテム。
トランスチームガンにセットする。

拳銃状の武器。
光弾を発射する他、撤退する時の煙幕も放出できる。

刃の下部分にバルブが備えられた状の武器。
柄の部分と刀身部分を分離させてトランスチームガンに合体、ライフルモードにもなる。

必殺技

  • スチームブレイク

詳細は不明。

  • アイススチーム
第7話で初使用、スチームブレードに氷の力を纏わせた斬撃。

  • エレキスチーム
第7話で初使用、スチームブレードから真っ直ぐ発射した電撃を相手に打ち込む。
第8話では発動直後に振り回して電撃を拡散させ攻撃した。

  • デビルスチーム
第15話で初披露、ブラッドスタークと同様にスチームブレードからネビュラガスを放出し、人間をスマッシュに変貌させる。

ガンバライジング

ボトルマッチ1弾にて参戦が決定。

内海版ナイトローグ

第12話で、幻徳の秘書である内海成彰が世間を欺く捨て石として変身した。
しかし実戦に慣れてないのか、駆けつけたビルドが変身した海賊レッシャーには勝てず変身解除され、戦兎に後悔の念を語っている最中に幻徳から銃で撃たれ、川へ落とされた。

その後、ブラッドスタークによって救われた彼は、本編第21話~第22話の間のストーリーである『ハザードレベルを上げる7つのベストマッチ』にて、戦兎がハザードトリガーの暴走停止装置の開発に協力するため再びナイトローグに変身。この時はストロングスマッシュハザードのホログラムを盾にする事でスマホウルフハザードフォームの攻撃をかわし、その隙を突いてハザードトリガーを外し変身解除させるという離れ業を披露した。

関連動画


余談

「ナイトローグ」を英語で綴るとKnight RogueまたはNight Rogueになると思われる。
Rogueには「悪漢」の意味があるので、無理やり訳すと「悪の騎士」、「夜の悪人」、「夜盗」などといったところか。

上半身の特徴や能力から「大気汚染」がモチーフの1つと考えられる。

7話までは前作のゲンムのようにナイトローグもまた「正体」が判明していないキャラクターであったため、様々な人物が候補として挙がっていた。以下は判明前の候補者たち。


葛城巧
龍我に「殺されたはず」の科学者。
生前はパンドラボックスの担当をしており、誰もが認める天才科学者であったが、裏では「悪魔の科学者」とも呼ばれていた。
1回限りのキャラクターの割にはテレ朝公式ページにて紹介がされていることからも不自然な点がちらほら。

内海成彰
氷室の部下である内海がナイトローグである説。
組織のNo.2がボスに成り上がったりすることはよくあるため、むしろブラッドスタークの方じゃないかとも言われていたが、第5話で彼が現れた同時間に幻徳共々ガーディアンの指揮に当たっていたため、ブラッドスタークの説は消えた。ナイトローグの説は薄々と残っていたが、7話でナイトローグと一緒にいた為、それも否定されたどころか氷室がナイトローグである事は周知であった様子。
彼自身も相応のハザードレベルに達していた模様で、上記の通り、第12話では捨て石として幻徳に代わりナイトローグに変身したが、幻徳ほど力を使いこなせてはいなかった。

石動惣一
戦兎を拾ったカフェのマスター。
第2話で見せた孫の手生成場面から不思議な力を持っている=スマッシュに繋がる人間ではないか?ということから挙がった説。また、現在のところナイトローグは巧妙に戦兎達に対して一歩先手を打っている→戦兎達の行動が把握されているのではないか→一番身近な人物ならそれが可能という考えもある。
仮に敵であるならば戦兎をファウストに連れ戻さず匿った上で全面協力する不自然さやファウストに攫われたことのある娘・美空の存在、何より命を弄ぶファウストを憎んでいるという点で引っかかることも。
だが、3話で戦兎が毒で攻撃されたあと、すぐナシタに連れて帰り治療したこと、彼がバイトでいない時に現れたこと、軽いノリの口調と仕草からブラッドスタークの可能性が出てきていた(最も、ブラッドスタークが平然と子供をスマッシュに変えたり東都の警備員を殺害したりしている様子から矛盾もするが)。
第13話にて、その正体がブラッドスタークだと判明した。

変身時の掛け声の「蒸血」は「蒸気」と「吸血」の造語と思われる。また、宇宙刑事の変身口上の蒸着焼結韻を踏んだ元ネタと思われる。
なお、ガンバライジングでもテレビ本編で正体が氷室幻徳と発覚するまで声が加工されていたが、ガンバライジング2弾以降は加工が解除されている。ちなみにこちらでの変身口上はなんと「蒸血」ではなく、変身』。これは加工解除後もそのままにされている。

関連タグ

仮面ライダービルド スマッシュ(仮面ライダービルド) ファウスト(仮面ライダービルド) ブラッドスターク

関連項目

アポロガイストシャドームーン魔進チェイサー:同じく主人公のライバル的な位置付けのキャラクター。専用武器・フルボトルの商品展開がなされることや仮面ライダーに近いデザインから、魔進チェイサーや仮面ライダーパラドクスのように味方化するのではないかとも予想されている。
キバ(仮面ライダー):同じコウモリモチーフでマスクの形状が酷似しており、ひらかたパークでのスペシャルショーではビルドが見間違える一幕があった(勿論すぐに「イヤ…違うな」と認識)

pixivに投稿された作品 pixivで「ナイトローグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 408833

コメント