ピクシブ百科事典

ラビットタンクスパークリングフォーム

しゅわっとはじける

ラビットタンクスパークリングフォームとは仮面ライダービルドに登場する形態の一つである。
目次[非表示]

『ラビットタンクスパークリング!』
『Are you ready?』
『シュワッとはじける! ラビットタンクスパークリング! イェイ!イェーイ!』

俺は自分が信じる正義のために、あんたを倒す!!

概要

仮面ライダービルドの強化形態。初登場は第14話。

ビルドドライバーラビットタンクスパークリングを装填することで変身する。
炭酸のようなエフェクトで相手を吹き飛ばす、高速移動など、以前のラビットタンクから大きく進化を遂げている。

スペック

パンチ力14.8t(右腕)/25.5t(左腕)
キック力35.6t(右足)/26.7t(左足)
ジャンプ力ひと跳び66m
走力100mを2秒

ジャンプ力以外は、ラビットタンクの約1.5倍の力を持つ。しかし右腕は元々力が弱かったため、他の部分との差がより大きくなってしまった。

能力の特徴は「」であり、これでラビットタンクの各種能力をさらに引き上げている。
右肩「BLDバブルラピッドショルダー」左脚「クイックフロッセイレッグ」は「ラピッドバブル」を発生させ泡の破裂を活かした高速移動を可能にし、左肩「BLDバブルインパクトショルダー」右脚「ヘビーサイダーレッグ」は攻撃時に「インパクトバブル」を発生させ破裂時に衝撃波を発生させる。
胸部「カルボニックチェストアーマー」から必殺技発動時に「ディメンションバブル」を発生させ、自在に空間を歪めての予測不可能な攻撃を可能にする。

ドリルクラッシャーに引き続き、他フォームのビルドウェポンも使用可能。
また、腕部に装着された刃により高速斬撃などを繰り出せる。

容姿

新たに白がメインカラーに追加されトリコロールになった。
装甲は炭酸の刺激のイメージかギザギザになり、上半身の一部には泡のような白いドットが表れている。
変身の際はビルドのライダーズクレスト型のフレームが現れる。

必殺技

スパークリングフィニッシュ

ワームホールの様な図形を出現させてその中に敵を拘束、無数の泡と共にライダーキックを叩き込む。
一撃で2体のコブラを倒し、このキックの余波でこれまで他のベストマッチフォームの必殺技を受けても耐えたブラッドスタークを変身解除に追い込んだ。
その他、通常の跳び蹴りや後ろ蹴りのパターンもある。
また、ドリルクラッシャーをはじめとするビルドウェポンのボルテックブレイクと同時発動することも可能で、第22話ではカブトムシフルボトルで発動したボルテックブレイクに泡のエネルギーを付与した。

ガンバライジングでも同名の必殺技を使用。こちらはX軸で敵を拘束したあとラビットタンクのボルテックフィニッシュの放物線が管状に変化し、その中を炭酸とともにウォータースライダーのごとく滑り降りてキックを決める技となっている。

余談

メインカラーのトリコロールは美容院の前に置かれるサインポールと同じ色である。劇中では惣一行きつけの理髪店として「バーバー桐生」という店があるらしきことが分かっており、そこから「桐生」という苗字がつけられた。そして「戦兎」という名前はラビットタンクから取られているため、色から「桐生」・名から「戦兎」を見出せるこのフォームは「桐生戦兎そのものであるフォーム」と見ることもできる。
実際、惣一の計画で戦兎に求められていたのは20本のフルボトルの生成と「スクラッシュ」の完成のため、そのどちらでもない発明品になるこのフォームは真の意味で戦兎自身の手によって誕生したフォームと言える。

冬映画『仮面ライダー平成ジェネレーションズFINAL』で先行登場している。映画の公開日が14話放送日の前日であったこと、劇場版の時系列が14話と15話の間であるなどの理由からあまり目立たないが。

関連項目

仮面ライダービルド ビルド(仮面ライダー) ラビットタンクフォーム 炭酸飲料 中間フォーム 強化フォーム

ファングジョーカー-ビルドと変身システムが似ている仮面ライダーダブルの強化フォーム。全身が鋭利なものになる、冬映画で先行登場する、特殊な形状の変身アイテムを使うなど共通点が多い。

サイクロンジョーカーエクストリーム
スーパータトバコンボ       …基本形態の要素を持つ強化形態つながり。

ゲネシスドライバー+エナジーロックシード……同じく炭酸飲料を模したライダーに変身させる。

pixivに投稿された作品 pixivで「ラビットタンクスパークリングフォーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44421

コメント