ピクシブ百科事典

ディケイドアーマー

でぃけいどあーまー

『仮面ライダージオウ』に登場するアーマータイムの一つ。
目次[非表示]

アーマータイム!
カメンライド!ワーォ!
ディケイド!ディケイド!ディーケーイードー!

ウォズ「祝え!全ライダーの力を受け継ぎ、時空を越え過去と未来をしろしめす時の王者
    その名も仮面ライダージオウ ディケイドアーマー!」

「お前…誰に向かって言ってんだ?」

概要

ジクウドライバーの左側にディケイドライドウォッチを装填して変身するアーマータイム
その名の通り仮面ライダーディケイドの能力を持つ。
いわゆる中間フォームに該当する形態であり、第14話でジオウが変身した。

容姿

今までのアーマータイムと違い、全身がそのままディケイドを模したマゼンタと銀のアーマーに覆われている。
顔面はケータッチを連想させるモニター状になっており、複眼が「ディケイド」の文字になったディケイドの顔が表示されている(よく見るとカードのバーコードなども描かれている)。誰が呼んだか画面ライダー

右肩にもバーコード状の「ディケイド」の文字があり、胸部から左肩にかけてバーコードが刻まれている。
バーコードの下の数字はディケイド放送年の「2009」に続けて「453145」と刻まれており、これは元々ディケイドのライダーズクレストにも書かれていた数字でもある。
(a→1、b→2…といった風にアルファベットに置き換えると「decade」となるもの。)

スペック

アーマー基本時

パンチ力18.7t
キック力43.3t
ジャンプ力49.1m(ひと跳び)
走力3.2秒(100m)

ビルドフォーム
パンチ力18.7tt(右腕)/22.2t(左腕)
キック力51.5t(右足)/43.3t(左足)
ジャンプ力73.7m(ひと跳び)
走力3.0秒(100m)

ゴーストフォーム
パンチ力21.6t
キック力46.4t
ジャンプ力55.3m(ひと跳び)
走力3.1秒(100m)

能力

胸部「アタックブレスター」に全ての仮面ライダーのデータをアーカイブしており、その能力を使いこなすことができる。
また、アンダースーツは生地に微粒子サイズで封入された「シックスエレメント」の結合配列を自在に操作することで、一時的に各仮面ライダーのスーツと同等の性能に変化。
その際、マテリアル及びデータ供給を受けた装甲も10層中8層が一時的に各仮面ライダーのスーツと同等の性能に変化する(上2層は外部にパージされる)。
頭部スクリーンも2次元的に仮面ライダーの頭部を再現することで、3次元のオリジナルと同等の性能を得ることができる。

ファイナルフォームタイム

ウォズ「祝え!全ライダーのち…」

「くどい」

ディケイドライドウォッチの「F.F.T.スロット」へレジェンドライダーのライドウォッチを装填することで、各ライダーのいわゆる「中間フォーム」を模した姿に「フォームチェンジ」することができる(公式サイトでもアーマータイムは「変身」、こちらは「フォームチェンジ」と分けられている)。
肩の文字がライダー名、胸部から左肩にかけてのバーコードが形態名の文字に変化し、その他の部位は各中間フォームの部位そのままの形状となる(スーツ流用かは現状は不明)。

この時のジオウの形態名は「仮面ライダージオウ ディケイドアーマー ○○フォーム」…長い。そしてややこしい。

  • ビルドフォーム

ジオウ ディケイドアーマービルドフォーム


「ビ・ビ・ビ・ビルド!」
仮面ライダービルドラビットタンクスパークリングフォームの能力を持つ形態。ライドヘイセイバーとドリルクラッシャークラッシャーの二刀流で戦う。
なお、この形態に変身した時もウォズがいちいち祝おうとしたため、士に「くどい」と強制ストップされている。
ビルドの中間形態は他にラビットタンクハザードフォームラビットラビットフォームタンクタンクフォームがあるが、これらのフォームが選ばれなかった理由としては第一にハザードは暴走するというデメリットがある他、ビルドの中間形態の数が多すぎるという問題を解決する為に、ラビットとタンクの力を併せ持ち、かつ派生形態の存在しないスパークリングに白羽の矢が立ったのだろう。

  • ゴーストフォーム

ジオウ ディケイドアーマーゴーストフォーム


「ゴ・ゴ・ゴ・ゴースト!」
仮面ライダーゴーストグレイトフル魂の能力を持つ形態。
ライドヘイセイバーのみで戦う。
モチーフに闘魂ブースト魂が選ばれていない理由としては、あちらは中間形態というよりは第二の基本形態のような扱いであることや、グレイトフル魂とディケイドのコンプリートフォームに共通点が多いからだと思われる。

武装

ライドヘイセイバー

ディケイドアーマーのメイン武器。
ハンドセレクターを回転させる事でジオウを除く19の仮面ライダーの技をアーカイブデータから選択・現実化することができる。
「ライドウォッチベース」にライドウォッチが装填されている場合、複数の技を選択可能な必殺技状態となり、ハンドセレクターを3回転させることで全技を同時に発動する超必殺技となる。

必殺技

  • アタックタイムブレーク

現時点では未使用。

  • ファイナルアタックタイムブレーク
ファイナルフォームタイム時の必殺技。
ドライバーの回転ではなく、ディケイドライドウォッチのボタン操作で発動する。
現時点では未使用。

  • デュアルタイムブレーク
ライドヘイセイバーを使った必殺技。
ライドヘイセイバーのハンドセレクターを回転させ、選択したライダーの力を使って発動する。

  • 平成ライダーズアルティメットタイムブレーク
ライドヘイセイバーを使った超必殺技。
「ヘイセイ」の文字とライダーズクレストが描かれた20枚のカード型エネルギーを纏ったヘイセイバーで十字に切り裂く。
ただしモーションは電王の必殺技と同じような動きである。
ちなみにほんの一瞬しか映らないのでわかりにくいが、この20枚のカード型エネルギーの内、龍騎の部分だけは「ヘイセイ」の文字が左右反対になっているなど、かなり芸が細かい。

ディケイドライドウォッチ

ジオウ ディケイドアーマー


カメンライド!様々な仮面ライダーに変身するライダーは…ディケイドだ!

仮面ライダーディケイドの能力を持つライドウォッチ。
今までのライドウォッチとは大きく形状が異なり、回転ギミックの代わりにライドウォッチ装填用のスロット「F.F.T.スロット」を持つ。

第13話の時点で門矢士が所持しており、第14話でゲイツゴーストライドウォッチの力を奪う代わりに彼に授け、後にソウゴの手に渡った。

関連記事

アーマータイム ディケイド 中間フォーム

ガンバライダー - 頭部の形が酷似しており、モチーフの一つと考察されている。ちなみにディケイドはガンバライドの販促も兼ねていた。

仮面ライダー龍騎仮面ライダーカブト
中間フォームが存在しないため、ファイナルフォームタイムはどうなるのかと視聴者から心配されているライダー達。
無理やり当てはめた場合、契約後の龍騎(龍騎ブランク体→契約後龍騎→龍騎サバイブ)とライダーフォームのカブト(マスクドフォームライダーフォームハイパーフォーム)が中間フォームという扱いになりそうだが果たして……

pixivに投稿された作品 pixivで「ディケイドアーマー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26209

コメント