ピクシブ百科事典

シャイニングホッパー

しゃいにんぐほっぱー

特撮番組『仮面ライダーゼロワン』に登場する形態の一つ。
目次[非表示]

或人「見ててくれ、イズ…ワズ!」

The rider kick increases the power by adding to brightness!
シャイニングホッパー!

"When I shine,darkness fades."

或人「お前じゃ勝てない。俺を超えられるのはただ一人…俺だ!」

概要

仮面ライダーゼロワン飛電ゼロワンドライバーシャイニングホッパープログライズキーを使って変身した姿。
いわゆる中間フォームに該当するが、登場以降は最初からこの形態に変身する事が多く、実質新たな基本フォームのように使用されている(なお番組上では基本フォームが変更されたという扱いにはなっていない)。

当初は想定以上に成長していた或人に性能が追いついておらず、ライジングホッパー1.8倍程度の出力しか発揮できなかったが、その後に他の形態のゼロワンの戦闘データを組み込むことで完成し、真の能力を引き出せるようになった。

変身時には、まずオーソライズしたキーを高く掲げたところに通信衛星ゼアからの光が照射され円形のゲートが出現。それを開くと輝く大きなバッタのライダモデル「シャイニングホッパー」がオンブバッタのようにライジングホッパーのライダモデルを背に乗せて現れ、それをデータネットで捕らえて身に着ける。

英文意訳は「ライダーキックは強くなる!輝きの力を纏って!」「俺が輝けば、闇は消える」

容姿

仮面ライダーゼロワン・シャイニングホッパー


或人に合わせ最適化された「ライダモデル」により、アンダーアーマーにあたる「ライズアーキテクター」が「シャイニングアーキテクター」に変化。
さらに左右の背部にはバッタの後ろ脚を模した推進器「シャイニンググラディエーター」が追加されている。

スペック

身長192.2cm
体重90.2kg
パンチ力18.3t
キック力58.9t
ジャンプ力70.0m(ひと跳び)
走力2.3秒(100m)


Shining Hopper


最大の特徴として額に演算処理装置「シャイニングアリスマテック」を持つ。
これは、敵をラーニングすることで行動を予測して約25000通りの対処パターンを算出、約0.01秒で最適解を導き出すことができる。
これによりドードーマギア改が自身のラーニングに基づいて行おうとした行動をその直前で逆予測し、別の手を打って相手を翻弄させた。

ただ、それに関連しては変身者の潜在能力を強制的に引き出す能力も備わっているため(イズ曰く力の前借り)、必要に応じて敵を上回る戦力を発揮できるが、戦闘後は強烈な負荷に見舞われてしまう(実際戦闘後の或人は強烈な筋肉痛に襲われていた)という反動がある。これは或人が本調子ではない場合は長時間の戦闘が困難になる程のリスクであり、よって初登場後はこれを避ける為にできるだけ短期決戦に持ち込んでいるようにも見受けられる。

派生形態であるシャイニングアサルトホッパーメタルクラスタホッパー登場後は出番が少なくなっていたものの、第34話で久々に登場。だが、第15話で圧倒した時よりもラーニングで強くなった仮面ライダー滅に苦戦してしまう。

必殺技

  • シャイニングインパクト
『シャイニングメガインパクト!』


第13話で初使用。
通常のライダーキックを放った後、吹き飛んでいる敵に高速移動で追いつき再びキックを放つ。
ガンバライジングでは分身を作り出して同時キックする技となっている。

  • シャイニングメガインパクト
第13話で初使用。シャイニングインパクトの強化技の1つ。
高速移動によるラッシュを相手に叩き込み、トドメにライダーキックを放つ。
他の形態と同様に技が当たる瞬間に技名が表示される。
ガンバライジングでは分身を4体作り出し、各方向からキックを繰り出し、本体がトドメのキックを浴びせる演出になっている。


シャイニングホッパープログライズキー

ZERO ONE Shining Hopper


シャイニングジャンプ!

通信衛星ゼアがヒューマギアによる危機を予測して開発した新型プログライズキー
オーソライズ後、出現するゲートに使うことで、ライダモデルを解放するキーとしても機能する。

シャイニングホッパー!!!


イズ「そこには…或人社長に期待する、全てのヒューマギアの願いがこもっています!」

第11話にて製造が開始され第12話で一旦完成を見るも、ゼアの予測以上に或人が成長していたため出力不足だった。
イズはプログライズキーの戦闘データと自らから抽出した観測データを組み込むことで完成させようとしたが、割って入ったワズ・ナゾートクがイズの身代わりとなり完成した。


武装

オーソライズバスター

通信衛星ゼアが製造した専用の武器

アタッシュカリバー

第15話で使用。

派生形態

シャイニングアサルトホッパー

シャイニングアサルトホッパー


シャイニングホッパープログライズキーにアサルトグリップを装着し、シャイニングアサルトホッパープログライズキーで変身する派生形態。

余談

アサルトグリップが登場から1か月近くで複製されてしまったこともあり(共用のアイテムが複製された前例はあるが、そちらは初登場から大分時間をかけて使用されている)、シャイニングホッパープログライズキーを完成させたストーリーもあってシャイニングホッパーの方を好む視聴者からは、シャイニングホッパーの出番がもう無くなってしまう可能性を心配されていた。
また、この形態から更に強化されたシャイニングアサルトホッパーは、「シャイニングホッパーの派生形態」といえば聞こえはいいが、実際の所は色々使い分けが出来る中間フォームの派生形態と違い、シャイニングアサルトホッパーにはシャイニングホッパーのような負荷もないので、実質的な上位互換であり、こちらになる必要性が一気になくなってしまっている。実際に複製以降は最初からシャイニングアサルトホッパーで戦っている事が多いが、第34話で久々に登場した。

この時は「農業用ハウスの敷地内であり飛び道具をむやみに使えない」という不利な状況ながら、スピードに関しては上の形態であるシャイニングアサルトホッパーよりも上であるからかが使役した多数のトリロバイトマギアを瞬殺して被害拡大を防いでおり、「二次被害を出せない場所において多数の相手と戦う」状況に適していることが見て取れる。

一方で強化形態であるにも関わらず商品化という面ではあまり恵まれていない。
カードゲームでは基本的に登場しており、ガンバライジングでの初登場は強化形態らしく最高レアリティのレジェンドレアであり、バトルスピリッツのコラボブースターでも登場している。
反面、フィギュアなどの立体物においてはこの形態を飛ばしてシャイニングアサルトホッパーが収録される事が多く、更にゼロワン初の本格的なアクションゲーム『memory_of_heroez』ではシャイニングアサルトホッパーは登場するがこの形態は登場しない(しかもハイブリッドライズであるフライングファルコンはこの形態を差し置いて登場が決定している)など、若干不遇な扱いを受けているとも言える。

関連記事

仮面ライダーゼロワン  ゼロワン(仮面ライダー)
シャイニングホッパープログライズキー 中間フォーム
シャイニングアサルトホッパー

仮面ライダーゼロツー
???
???
???

平成ライダー
ディケイドアーマー/ジオウⅡ/ジオウトリニティ → 

令和ライダー
シャイニングホッパー/シャイニングアサルトホッパー/メタルクラスタホッパードラゴニックナイト/プリミティブドラゴン/エレメンタルプリミティブドラゴン

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シャイニングホッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 460215

コメント