ピクシブ百科事典

飛電ゼロワンドライバー

ひでんぜろわんどらいばー

飛電ゼロワンドライバーとは、特撮ドラマ『仮面ライダーゼロワン』に登場する変身ベルト。
目次[非表示]

プログライズ!

CV:メイナード・プラント、ブレイズ・プラント(MONKEYMAJIK)※アークドライバーを除く他の変身ベルトおよびプログライズキーも同様

概要

仮面ライダーゼロワン変身ベルト。作中では「ゼロワンドライバー」と呼ばれる。
人間の手でヒューマギアをコントロールするための「新時代セキュリティシステム」が組み込まれている。

飛電是之助の告別式当日、通信衛星ゼアからの指令を受け飛電インテリジェンス社長室ラボの多次元プリンターでライジングホッパープログライズキーと共に3Dプリントされ、イズを介して2代目社長に任命された飛電或人に託された。

長く続く「仮面ライダーシリーズ」の中でも、作中で変身ベルトの製造工程が描かれたのはこれが初めてである(一応ファイズ等でも製作途中の描写があったが、既に完成品に近い状態まで仕上がっていた)。

モチーフはその見た目からグラボ(グラフィックボード)だと思われる。

機能

ZERO ONE Shooting wolf


「オーソライザー」によりプログライズキーをオーソライズ(認証)する機能を持ち、展開したプログライズキーを差し込むことで、キーが宿す「ライダモデル」とゼロワンシステムが反応。
生物の固有能力と人体の相互作用を最大化する形態に変換する「プログライズ」を実行し、「ライダモデル」やゼロワンのアンダースーツを量子成形機「ビームエクイッパー」により照射成形することでゼロワンへの変身を行う。

装着と同時にベルトの背面側にある「バックレイドーム」によって装着者の脳は衛星ゼアと無線接続され、人工知能に匹敵する演算速度を持つヒューマンマシンインタフェースが構築される。
要するに、人工知能と同等の圧倒的な思考速度が得られる。

ドライバーやプログライズキーのチュートリアルが用意されており、思考速度の向上と合わせることで未経験者でもその場で使用法を習得できる親切設計である。第1話の初変身ではベローサマギアの攻撃が当たるまでの5秒間でチュートリアルを完了し、即座に戦闘に移行している。

両側の腰にはプログライズホルダーが付いており、2箇所にプログライズキーを固定できる(これはマギアやレイダーを除いたも同様)。

装填されたプログライズキーを再度押し込む事で必殺技を発動でき、必殺技名は「~インパクト」で統一される。
さらに別のプログライズキーをスキャンすることで必殺技を「ビットライズ」「バイトライズ」「キロライズ」「メガライズ」「ギガライズ」「テラライズ」の最大6段階まで強化することが出来る。この機能は第13話でシャイニングホッパーが使用したのが唯一だが、設定上は他の形態でも使用可能と思われる。

また、同時に開発されたライジングホッパープログライズキーが保存しているバッタのライダモデルが中枢部の「プログライズリアクター」に保存されており、ライジングホッパーを介さず他の派生形態に変身した場合でもバックアップアーマーが展開される。

立体物

DXトイにてラインナップ。2019年8月31日発売。
ライジングホッパープログライズキーが同梱し、後にプログライズホルダーが同梱されたセットも販売。
また、一般販売前にプレミアムバンダイにて先行抽選販売が行われた。

プログライズキーを認証せずに装填すると「エラーライズ」と鳴り変身が行えない。
認証→装填の二段階認証(使用権限という点で三段階認証ともいえる)という過程を踏まなければ変身できないため、放送直前に問題を起こした7payと比較してセキュリティーの高さが話題になった。

他のドライバーと違い、ワンオフの使用方法であった為、一時期「ショットライザーよりも拡張性が低い」等と評価される事があったが、終盤以降はドライバーユニットの交換によって完全に別物のベルトとして遊べるバリエーションが増えたため、現在では「拡張性が凄い」と言う評価を得ている。

使用資格

第30話まで、使用権限があるのは「飛電インテリジェンスの社長のみ」とされており、ZAIAエンタープライズによって会社を追われた或人がドライバーを装着しても、認証機能は働かなかった。
しかしイズが新会社「飛電製作所」を設立し、ゼアが「飛電製作所の社長」となった或人個人をゼロワンとして改めて認めたため、再び変身可能になった。

このことから、ゼロワンドライバーの使用権限は「飛電是之助が取得していたヒューマギアに関する特許を委譲されている人物が、ヒューマギアにまつわる会社の社長に就任している」という状況下で初めて与えられるものであることが示唆されている。

早い話、単に飛電インテリジェンスの社長になっただけでは、ゼロワンの力はおろか衛星ゼアすら完全な支配下に置けないということであり、その事を理解した天津は非常に動揺した様子を見せていた。

だが変身資格を持たずとも衛星ゼアに接続するバックドアとしては機能してしまうらしく、39話にて何度もゼロワンのデータを吸収して来たサウザンドジャッカーからデータを取り込みより深くゼアをラーニングしたアークにより奪われ、ゼアへのアクセスの足掛かりとされてしまった。
こうして、物語終盤に変身ベルトが失われるという前代未聞の出来事が起きてしまったのだが……

複製品

アークゼロに奪われた後どうなったのは不明だが、少なくとも一品物であるアークドライバーの代わりとして複製されているようで、44話ではアズから滅の手に与えられたゼロワンドライバーが、アークスコーピオンプログライズキーの力で新たな形へ変貌させられた。
また最終回にてアズは謎の男にも提供し、男はプログライズキーの力で変貌させた新たなベルトを使って仮面ライダーに変身した。
Vシネマ『ゼロワン Others 仮面ライダー滅亡迅雷』でも、さらに新たな形態となる模様。

このように、終盤以降は複製したゼロワンドライバーを元に新たなベルトを作り出すという流れが確立しているようだ(そのため、これらゼロワンドライバーから変化したベルトは、ゼロワンドライバーとしての名残か音声がゼロワンドライバーに準じたものになっている)。

新たなゼロワンドライバー

こうして完全に或人の手を離れてしまったゼロワンドライバーだが、最終話において或人がゼアを通じて対話した飛電其雄から受け取ったデータを基に、新たなゼロワンドライバーが製作された。
最終決戦において或人はこの新たなゼロワンドライバーを使用し、新たな形態のゼロワンへと変身。仮面ライダー滅・アークスコーピオンを撃破し、戦いに終止符を打ったのであった。

余談

ゼロワンドライバーは特撮版キカイダー01が第1話から使用する必殺技であるが、この名称はヤマハが自社製ゴルフクラブの商品名として商標登録していた(現在は生産終了)ため、正式名称を「飛電ゼロワンドライバー」とすることで問題を回避している。
この名称に合わせたのか、本作の変身ベルトは「エイムズショットライザー」のように運用組織の名称が頭に付けられている。

の傾向と異なり、本作では前述の使用権限もあってか、或人以外の使用者がTV本編には登場しなかった(本編外なら2人いる)上、複製品が別のベルトに変化して使用されるという珍しい形を取っている。
「ベルトに追加パーツをつけて強化する」という玩具展開自体は平成一期で見られたものだが、追加パーツにより別のベルトに変化するという展開は珍しい

音声を担当しているメイナード・プラントとブレイズ・プラントは兄弟であり、石ノ森章太郎の故郷である宮城県在住である。ロックボーカリストらしいノリの良さや二人が同時に発声するなどの珍しい演出が発表当初から話題になった。なお二人はカナダ出身であり発音はカナダ英語である。

ネットで公開されている「仮面ライダーゼロワン変身講座」において或人は変身完了後に流れる部分(A jump to the sky turns to a riderkickなど)が聞き取れずイズに訪ねたがスルーされていた。

中国では中国限定ゲイツライドウォッチと同じく限定で赤いゼロワンドライバーが販売されている。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 変身ベルト
飛電ゼロツードライバー

変身ベルト一覧

仮面ライダーゼロワンに登場する変身ベルトの一覧を参照。

その他
アクセル・ワールド装着式端末を介した似たような思考加速現象が登場する。

マトリックス:主人公が仮想空間内で使用するアバターに格闘術のデータをインストールして短時間で身に付ける描写がある。作中のチュートリアルの描写の元ネタだと思われる。

ウルトラゼットライザー同期のウルトラマンの変身アイテム。ゼロワンドライバーと同じく「時間の流れが違う空間内で使い方を学ぶ」という描写がなされた。

ヒーリングステッキキラメイチェンジャー:同じく令和初のニチアサヒーロー達が使う変身アイテム。

平成ライダー     
ジクウドライバー

令和ライダー
飛電ゼロワンドライバー聖剣ソードライバー

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「飛電ゼロワンドライバー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 244666

コメント