ピクシブ百科事典

滅亡迅雷フォースライザー

めつぼうじんらいふぉーすらいざー

滅亡迅雷フォースライザーとは、「仮面ライダーゼロワン」に登場する変身ベルト。
目次[非表示]

フォースライズ!

"Break Down."

概要

滅亡迅雷.netの仮面ライダーたちが使用する変身ベルト
12年前の「デイブレイク」の時点で既に存在しており、旧式の「フォースライザー」をカスタムしたものらしい。

機能を鑑みると、「フォース(force)」は「力」という意味より「強制する」という意味のほうが強いと思われる。

機能

「エクスパンドジャッキ」によってプログライズキーを認証することなく強引に開き、露出した接続ポートに強制接続。
読み込んだプログライズキーの「ライダモデル」に限界までブーストをかけてオーバーロード状態とし、不安定ながらも毒針などの特徴を先鋭化する「フォースライズ」を実行。
バックルから出現したライダモデルが使用者に覆い被さり、装着者にライダモデルが縛り付けられて変身を完了する。

当然ながらこれは本来想定された変身方法ではないため様々な問題が発生するが、独自のプロトコルによってこれを制御している。

また、ゼツメライザーと同じくヒューマギアのデータを改竄する機能を有しているようで、ドライバーを装着させられた迅や雷電は滅亡迅雷.netに接続してしまった。
一方でベルトの内側に無数のトゲが付いているが、取り外しは可能な模様。
第14話では仮面ライダー雷がドードーゼツメライズキーで変身しており、ゼツメライズキーにも対応している模様。

必殺技発動は装填されたプログライズキーを再度開閉する事で行う。必殺技名は開閉した回数で変化し、1回だと「~ディストピア」2回だと「~ユートピア」で統一されている。

主にヒューマギアが使用するが、人間が使用して変身することも可能ではある
ただしその場合は装着した時に激痛を伴うため、基本的にはヒューマギアが使用することを想定したアイテムであると思われる。

同作の他の変身ベルトとは異なり、どのプログライズキ―およびゼツメライズキーを使用しても変身後の英文は「Break Down.」で締めくくられる。

変身ライダー

本編に登場


本編外での登場


立体物

DXトイにてラインナップ。スティングスコーピオンプログライズキーとのセットで2019年11月2日に発売された。

劇中同様のギミックの再現が可能となっているが衝撃に弱く、ちょっとした衝撃でピンがキーのボタンに接触し必殺技音が流れてしまう。
他にも、食玩版など関節がキツめのキーに力負けしてしまい、閉じる事ができない場合がある。

余談

  • "break down"とは「故障・破損する」「衰弱する、消耗する」「(障害を)突破する」という意味を持つ。前者二つは迅の初変身時を彷彿とさせ、最後も独自の機構によって認証機能を突破するという意味合いにも取れる。



  • 「滅亡迅雷.net」のライダーたちの必殺技時に表示される文字演出は以下の法則があるとのこと
    • ディストピア:「煉獄」、ユートピア:「塵芥」
    • 滅:「滅殲」、迅:「隼迅」、雷:「雷剛」
    • よって、仮面ライダー滅の「スティングディストピア」は「煉獄滅殲」となる。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 変身ベルト

滅亡迅雷.net 仮面ライダー迅 仮面ライダー滅 仮面ライダー雷
仮面ライダー001

サイクロンライザー:滅亡迅雷フォースライザーに酷似した変身ベルトのプロトタイプ。

ゼツメライザーゼツメライズキーに強制接続する変身ベルト。ただしゼツメライズキーや変身者となるヒューマギアの外装を破壊する、連続使用を想定していない作りとなっている。

レイドライザープログライズキーに強制接続する変身ベルト。ゼツメライザーと違い、人間を変身者として使用する作りとなっている。

飛電ゼロワンドライバーエイムズショットライザー:「オーソライズ」したプログライズキーを使用する変身ベルト。

ザイアサウザンドライバー:プログライズキーとゼツメライズキーの力を融合させる変身ベルト。

関連記事

親記事

滅亡迅雷.net めつぼうじんらいねっと

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「滅亡迅雷フォースライザー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 234081

コメント