ピクシブ百科事典

ゼツメライズキー

ぜつめらいずきー

『仮面ライダーゼロワン』に登場するキーアイテム、プログライズキーの一種(画像はベローサゼツメライズキー)。
目次[非表示]

概要

プログライズキーの一種。
ゼロワンらライダー達が用いるプログライズキーが現生している生物種のデータイメージ「ライダモデル」がインプットされているの対し、こちらは既に地球上に存在しない絶滅種の生物のデータイメージ「ロストモデル」がインプットされている。

ゼツメライズキー


基本的にはプログライズキーと同形状だが、動物のピクトグラムの「SPシンボル」が独自の「ESシンボル」に統一されており、キー関節部の「トランスロックシリンダー」も黒一色になっているので区別は容易。
キーごとの固有アビリティは持たず、アビリティの部分は「TYPE ZETSUMETSU」となっている。
起動時の音声も、データが内包された絶滅動物の名前を叫ぶ仕様となっている。

主に滅亡迅雷.netなど敵サイドが用いる点で共通するが、その出自の違いにより数パターンの仕様に分けられる。
ただし、劇中での描写から(アウェイキングアルシノゼツメライズキーのように加工を施した場合を除き)基本的に人間側が使用する事は想定に入れられていないようで、実際に不破諫から託されたジャパニーズウルフゼツメライズキーでオルトロスバルカンに変身した時は不破の身体に多大な負荷がかかっていた上、最終的には変身ベルトが負荷に耐え切れず木っ端微塵になってしまっている。

仕様

マギア用ゼツメライズキー

自我を得し”モノ”への禁断の果実


テロリスト集団「滅亡迅雷.net」が保有するゼツメライズキー。
ゼツメライザーと共にヒューマギアを暴走させマギアに変貌させる際に使用され、「○○ MAGIA」と対応するマギアの名前が表記されている。
基本的にはマギア用ではあるが、他のベルトにも対応しているらしくロストモデルを利用した仮面ライダーへの変身にも対応する模様。
ただしゼツメライザーはゼツメライズキー専用のプロセスでマギア化を行うことから、「ロストモデル」以外にもプログライズキーとは何かしら仕様の違いがあるようだ。

マギアはゼツメライズキーを抜かれると機能を停止してしまうため、まさにマギアの心臓部であるともいえる。
また、ロック機構と外装を破壊して無理矢理接続するというゼツメライザーの仕様上、マギアが変身する度に破損しているが、劇中では再登場の際に破損したままだったり修復されていたりと描写がまちまちであり、同一の物を修復したのか、複数個存在するのかはっきりしていない。

滅亡迅雷.netの活動時期に一部をZAIAが回収しており、後にヒューマギアに対する制裁目的で天津垓が使う場面があることから、ZAIAによって回収されたと思われる。
ハイパーバトルDVDでは3種のマギアの能力が込められた謎のゼツメライズキーが登場している。

アウェイキングアルシノゼツメライズキー

マギア用ゼツメライズキーの1つである「アルシノゼツメライズキー」を通信衛星アークが発展強化したもの。アメイジングコーカサスプログライズキーと共に天津垓仮面ライダーサウザーへの変身に使用する。
アビリティ表記が「TYPE ZETSUMETSU EVOLUTION」に変わっており、通常のプログライズキー・ゼツメライズキーとは逆向きの構造となっている。
詳細は個別記事を参照。

ジャパニーズウルフゼツメライズキー

仮面ライダーアークゼロが自らの能力で生み出したゼツメライズキー。
名前こそマギア用ゼツメライズキーと同じだが、その仕様はプログライズキーに近いものとなっている。
滅亡迅雷.netに与えられ、仮面ライダー亡への変身に使用される。
詳細は個別記事を参照。

ロッキングホッパーゼツメライズキー

劇場版「令和ザ・ファースト・ジェネレーション」に登場。
仮面ライダー」のプロトタイプである仮面ライダー1型の変身に使用され、それ故かプログライズキーに近い性質を見せている。
詳細は個別記事を参照。

ゼツメライズキー一覧

※表が長くなるので、名称の「ゼツメライズキー」は省略している。

マギア用

名称ロストモデル(分類)使用者初登場話
ベローサクジベローサ・テルユキイ(昆虫)腹筋崩壊太郎第1話
クエネオクエネオスクース(爬虫類)オクレル第2話
エカルエカルタデタ(哺乳類)マモル第2話
ネオヒネオヒボリテス(頭足類)シザーメンズ第3話
オニコオニコニクテリス(哺乳類)バース(第4話)、タクシー運転手型ヒューマギア(第6話)第4話
ビカリアビカリア(腹足類)森筆ジーペン(第5話)、弁護士ビンゴ(第21話)第5話
ガエルイブクロコモリガエル(両生類)香菜澤セイネ第6話
マンモスマンモス(哺乳類)坂本コービー(第7話)、119之助(第26話)第7話
ドードードードー(鳥類)暗殺ちゃん(第7,8,10~13話)、(14話)、MCチェケラ(第28話)第7話
アルシノアルシノイテリウム(哺乳類)松田エンジ第11話


それ以外のゼツメライズキー

名称ロストモデル(分類)使用者初登場
アウェイキングアルシノアルシノイテリウム(哺乳類)天津垓第16話
ジャパニーズウルフニホンオオカミ(哺乳類)(第37話,39話)、不破諫(第44話)第37話


本編外での登場

名称ロストモデル(分類)使用者登場
ロッキングホッパーロッキートビバッタ?(昆虫)飛電其雄※1
オニコニクテリス(哺乳類)、ビカリア(腹足類)、イブクロコモリガエル(両生類)天丼ボケ太郎※2


※1:劇場版「令和ザ・ファースト・ジェネレーション」に登場。
※2:ハイパーバトルDVDに登場。

余談

公式サイトのマギアの説明文では「人間を滅亡させるプログラミングをインプットしたプログライズキー=ゼツメライズキー」とされているが、そもそも暴走プログラムはゼツメライザーによって滅亡迅雷.netより強制的にダウンロード・インストールされるものであるため説明が食い違っている。
ゼツメライズキー側にも暴走プログラムが含まれている可能性もあるが、公式サイトでの説明には「ロストモデル」が記録されていることのみが解説されており、やはり説明が食い違っている。

Original ZETSUMERIZE KEY


プログライズキーとは、元となった生物が絶滅しているか否かの違いなので、プログライズキーと同種の絶滅動物をモチーフしたゼツメライズキーが期待されていた。
バッタロッキートビバッタオオカミニホンオオカミが絶滅種であり、チーターも現在絶滅の危機にあると各学会で発表されている(出典1出典2)。
後にロッキートビバッタはロッキングホッパー、ニホンオオカミはジャパニーズウルフが登場することとなり、その近縁種のプログライズキーを使う人物深い関係にある人物によって使用されることとなった。

立体物

前作怪人側のアイテムプレミアムバンダイ限定販売だったが、こちらはガシャポンや食玩など一般販売されているため身近で入手しやすくなっている。

後にプレミアムバンダイで、「DXゼツメライザー」と「DXゼツメライズキーセット」の発売が決定。パーツを取り替える事で、ゼツメライザーに装着した際のヒビ割れが発生する劇中のシーンを再現できる事が可能。

ゼロワンドライバーなどとも連動し、マギアの特徴を表す音声が流れる。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン 滅亡迅雷.net    
プログライズキー

ゼツメライズキーで変身するライダー

滅亡迅雷フォースライザー
仮面ライダー雷
仮面ライダー亡
ザイアサウザンドライバー
仮面ライダーサウザー
サイクロンライザー
仮面ライダー1型
エイムズショットライザー
仮面ライダーオルトロスバルカン


ゼツメライズキーで変身する怪人

ゼツメライザー
マギア


アナザーウォッチゼツメライズキー・プログライズキーアルターライドブック

関連記事

親記事

プログライズキー ぷろぐらいずきー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゼツメライズキー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62422

コメント