ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

仮面ライダーゼロワンに登場する形態で、仮面ライダー1型の基本形態。

ゼロワンドライバーに使用すると「The sole hero of ju ju ju justice!ロッキングホッパー! "Kamen Rider will fight to protect humanity." Type One.」の音声が流れる。
英文意訳は「せ・せ・せ・正義のヒーローはただ一人!」「仮面ライダーは人類を守るために戦う」「1型」
他のドライバーで使用した場合でも、「ロッキングホッパー! Type One.」の音声となっている。

ロッキングホッパーゼツメライズキー

1型 Rocking Hopper


KAMENRIDER!

昆虫の絶滅種ロッキートビバッタのデータイメージ「ロストモデル」が保存されているゼツメライズキー。カラーはティールブルー
他のゼツメライズキーとは異なりプログライズキーのような名称となっていたり、ロストモデルが表示される「ライズモニター」の色が赤になり表示項目が増えている点が特徴。

其雄が撃破された後は或人の手に渡ったが、アナザー新1号が倒されたことによる歴史復元に伴い、其雄と共に消滅した。

モデル

モデルの「ロッキートビバッタ」は、主にアメリカ合衆国の西部に生息していたバッタの一種。
ライジングホッパーのモチーフとされる「サバクトビバッタ」同様に大群を形成し蝗害を引き起こすバッタであり、1875年には51万平方キロメートル(日本の国土のおよそ1.3倍)を覆いつくす超大型の大群が発生しており、史上最大の動物の群集としてギネス世界記録に登録されている。
しかしこの記録的大発生からわずか四半世紀の間に急速に減少し、1902年の目撃例を最後に生存個体は発見されておらず、2014年に絶滅種と認定された。大繁栄を謳歌していながらこれほどまでに急速に絶滅に向かった生物は珍しく、絶滅の原因は今なお断定されていない。
嵐に飲まれて山の上へ巻き上げられた個体の死骸が堆積している氷河があり(その中にはグラスホッパー氷河というそのまんますぎるネーミングの氷河もある)、そこで発見される状態の良い標本を用いて現在も研究調査が進められている。

余談

「バッタの絶滅種」としては比較的知名度があり、また外見・生態も現生の近縁種と大きな差はないため、早い段階から「ゼロワンのネガライダー等、何らかの重要な役どころで登場するのでは?」と予想する人が多かった生物でもある。

ロッキートビバッタも相変異するのであれば、色や変身音からして、「孤独相」モチーフであると考えられる。もしそうなら群生相モチーフなライジングホッパーとは対になっていると言える。

関連タグ

仮面ライダーゼロワン
仮面ライダー1型 ゼツメライズキー
ライジングホッパー
仮面ライダー_令和_ザ・ファースト・ジェネレーション

関連記事

親記事

仮面ライダー1型 かめんらいだーいちがた

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ロッキングホッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77355

コメント