ピクシブ百科事典

目次[非表示]

飛び上がライズ!ライジングホッパー!
"A jump to the sky turns to a rider kick."

概要

バッタの力を宿した「ライジングホッパープログライズキー」で変身する形態で、ジャンプ力やキック力に優れる。アーマーカラーは蛍光イエロー。
仮面ライダーゼロワンの基本形態であり、他の形態もライジングホッパーのアーマーが展開した所に別のアーマーを装着する形になる。
基本装備の黒色のアーマーである「ライズアーキテクター」には装着者の身体能力を引き出す機能が備わっている。

変身音声の最後に流れる英語は、直訳すると『空へのジャンプ(跳躍)はライダーキックへと変わる』となる。
気取った意訳をするなら『天翔けよ、そしてライダーキックだ!』といった感じか。

スペック

身長196.5cm
体重87.0kg
パンチ力8.4t
キック力49.0t
ジャンプ力60.1m(ひと跳び)
走力4.1秒(100m)

近年の中間フォームに匹敵するキック力やジャンプ力が一際目立つ。
実際第1話での初戦闘時、攻撃を回避するためにジャンプした際に想像以上のジャンプ力に「脚のパワー半端ね~!」と発言したことからもそれが窺える。第2話からはA.I.M.S.からの攻撃やA.I.M.S.の仮面ライダーとのライダーバトルを回避する為の逃走にも活用されている。

反面腕力は余り強くなく(尤も、弱すぎるほどでもなく、前年度のジオウやクウガマイティフォーム、Wサイクロンジョーカーと言った基本フォームよりは高い)、設定上最大3.2tの物体を持ち上げられる程度(参考までにパンチ力が同等の仮面ライダーカブトのマスクドフォームは25tの物体を持ち上げられる)。

ライジングホッパープログライズキー

ZERO ONE Rising Hopper


ジャンプ!

飛電ゼロワンドライバーと共に提供されたプログライズキー。
バッタのデータイメージ「ライダモデル」が保存されている。

必殺技

  • ライジングインパクト
ゼロワン


第1話で使用。ドライバーに装填しているプログライズキーを再度押し込むことで発動。
高速で接近して連続攻撃で相手を打ち上げた後に上空から飛び蹴りを放ついわゆるライダーキック。
一撃でマギアの胴体を貫通し破壊した。
また、キックを決めた後に技名が表示される演出がされた。

余談

  • 仮面ライダー全体で見れば、初代である1号からお馴染みのバッタモチーフであるが、実は前作までの平成ライダー20作で主役ライダーの基本形態のモチーフにバッタが使われたことは1度もなく(強いていえば仮面ライダーオーズの基本形態であるタトバコンボに含まれてはいるが、それも脚部のみ)、かなり久々の登場である。
  • モチーフはフォーム名がライジングホッパーであるので、サバクトビバッタの群生相では無いかと言われている。
    • ちなみにサバクトビバッタは群れると餌を求めて大移動を行い、手当たり次第に農作物を食い荒らすという人類の脅威としての側面を持つ。その様は世界の終わりが来たとまで言われるほどである。こうして見ると数あるバッタの中でも、ヒーローのモチーフとしてはかなり異端な方である。ちなみにトビバッタの仲間には絶滅種であるロッキートビバッタがいたりする。
    • また、このバッタは伝承上では『魔王』の配下とも言われており、偶然にも前作は最高最善の魔王を主人公とした物語だったりする。そしてその最終話タイトルは『アポカリプス』であった。
    • ゼロワンのアーマーは全て、変身の度に人工衛星ゼアからライダモデルのモチーフを模したロボットアニマル形態で衛星軌道から地上に投げ込まれ、着陸後は変身待機中の或人を守るように自律行動を行う。しかし、全フォームの基点となるホッパーアーマーはこの間、(屋内ならば天井をブチ抜いた挙句に)周辺の地面が割れて抉れるのもお構いなしに跳ね回るせいで、変身のタメが長いほど器物損壊が発生しまくるという非常にハタ迷惑なプロセスとなっている。

関連項目

仮面ライダーゼロワン
ゼロワン(仮面ライダー)

クウガ/仮面ライダー1号:それぞれ「ライジング」と「ホッパー」に関係し、各時代に初めて現れたライダー。

関連記事

親記事

ゼロワン(仮面ライダー) かめんらいだーぜろわん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライジングホッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 263943

コメント