ピクシブ百科事典

ライジングホッパー

らいじんぐほっぱー

仮面ライダーゼロワンのフォームの一つにして基本形態。
目次[非表示]

飛び上がライズ!ライジングホッパー!
"A jump to the sky turns to a rider kick."

概要

バッタの力を宿した「ライジングホッパープログライズキー」で変身する形態で、ジャンプ力やキック力に優れる。アーマーカラーは蛍光イエロー。この蛍光イエローの部分は暗いところで発光することが本編の提供画面などで確認できる。
ゼロワンおよび劇場版に登場した仮面ライダー001の基本形態であり、ゼロワンのフォームチェンジである「ハイブリッドライズ」は変形展開したライジングホッパーのアーマーに追加でアーマーを装着することとなる。

基本装備の黒色のアーマーである「ライズアーキテクター」には装着者の身体能力を引き出す機能が備わっている。

変身音声の最後に流れる英文は、直訳すると『空へのジャンプ(跳躍)はライダーキックへと変わる』。意訳すれば「飛翔しライダーキックで決めろ!」といったところか。

スペック

ゼロワン

<
身長196.5cm
体重87.0kg
パンチ力8.4t
キック力49.0t
ジャンプ力60.1m(ひと跳び)
走力4.1秒(100m)


近年の中間フォームに匹敵するキック力やジャンプ力が一際目立つ。
実際本人も初戦闘時、想像以上のジャンプ力に「脚のパワー半端ね~!」と驚いており、そのまま遮蔽物を足場に空中戦紛いのアクションまで披露している。
正体を明かす前はA.I.M.S.からの逃走にも活用されており、第6話ではジャンプした直後にバイティングシャークに変身してトドメを刺すといった応用も見せた。
先行登場ではカッシーンを一撃で蹴り倒すという描写もあるため、ゼロワンは仮面ライダーの中ではかなり珍しいスペック通りの活躍をしているライダーと言える。

反面腕力は余り強くなく、設定上最大3.2tの物体を持ち上げられる程度(参考までにパンチ力が同等の仮面ライダーカブトマスクドフォーム25tの物体を持ち上げられる)。
弱すぎる程でも無く、前年度のジオウやクウガマイティフォーム、Wサイクロンジョーカーと言った基本フォームよりは高いのだが、劇中では接近戦で決め手に欠けて苦戦する場面が多く、アタッシュカリバーや踏み込みの力で補っている。

総じて脚力のみに特化という、基本フォームにしてはかなりピーキーな存在である。第9話にて大勢のトリロバイトマギアに全く苦戦していなかったことを考えると、集団戦向きなのかもしれない。
第30話で変身した際は明らかにスペックで勝る仮面ライダーサウザー相手に(止めこそメタルクラスタホッパーに譲ったものの)ワンサイドゲームを展開している。

ライジングホッパープログライズキー

通常版

ZERO ONE Rising Hopper


ジャンプ!

バッタのデータイメージ「ライダモデル」が保存されている。カラーはライトイエロー
飛電ゼロワンドライバーと共に製造され、或人に提供された。ゼロワンの基本形態として用いられる他、ハイブリッドライズの基点としても使用される。

特別版

玩具版では様々な付録仕様がある。

  • 大当たり版
ラッキー! 
Superlucky ability!
気分上がライズ! ライジングホッパー!
Congratulations on winning.You’re so lucky.
(当選おめでとう!君はすごくラッキーだ!)

  • クリスマス版
メリークリスマス!

ライジングホッパープログライズキー クリスマスver


Santa Claus's ability!
Happy Christmas! ライジングホッパー!
May your Christmas wishes come true.
(あなたのクリスマスの願いが叶いますように。)

ジャンプ!
REAL×EYEZ ability!
上記の2音の後に3音目として主題歌のサビ部分が流れる。

必殺技

  • ライジングインパクト
ゼロワン
仮面ライダーゼロワン


高速で接近して連続攻撃で相手を打ち上げた後に上空から飛び蹴りを放つ所謂ライダーキック。
一撃でマギアの胴体を貫通し破壊した。
また、キックを決めた後には技名が表示される演出がある。

  • ジャスティスツインスラッシュ
ソーシャルゲーム『シティウォーズ』オリジナル技。キラメイレッドと共に斬撃を飛ばし攻撃する。同作のレジェンドウォーズコラボを記念して実装された。

別ライダーver.

バルカンver.

ショットライズ!ライジングホッパー!
("A jump to the sky turns to a rider kick.")

エイムズショットライザーで変身した仮面ライダーバルカンの形態。
公式ポータルサイトで設定画が公開されている
ゼロワン同様の跳躍力・俊敏性強化の他、不規則に角度を変える跳弾により全方位からの攻撃が可能。現時点ではバルカンの未登場フォームはこの形態しか紹介されていない。

001ver.

001


フォースライズ!ライジングホッパー!
"A jump to the sky turns to a rider kick."
"Break down."

フォースライザーで変身した仮面ライダー001の形態。
詳細は001の個別記事を参照。

発展モデル

第12話で登場。通信衛星ゼアによってライジングホッパーを進化させたプログライズキーとして生成された。

余談


  • ゼロワンのアーマーは全て、変身の度に人工衛星ゼアからライダモデルのモチーフを模したロボットアニマル形態で衛星軌道から地上に投げ込まれ、着陸後は変身待機中の或人を守るように自律行動を行う。しかし、全フォームの基点となるバッタはこの間、(屋内ならば天井をブチ抜いた挙句に)周辺の地面が抉れるのもお構いなしに跳ね回る所為で、変身のタメが長いほど器物損壊が発生しまくるという非常にハタ迷惑なプロセスとなっている。

仮面ライダーゼロワンのイラスト


  • 仮面ライダー_令和_ザ・ファースト・ジェネレーション』では、歴史改変により衛星ゼアが打ち上げられず地下で半起動状態であることから、ゼアから放たれたライダモデルのバッタが地中を掘り進んで地上に這い出てくるシュールなシーンがあった(バッタの卵は地中で孵化する生態を踏まえればそれほどおかしな事ではないが)。そのためその後のゼアの登場する地下のシーンでは壁に大穴が開いており、申し訳程度のテープでふさがれている。

  • シャイニングホッパーなどの中間フォームが登場してからはそちらに直接変身する事が多くなり、遂には一時変身不能にされたため、(『ゼロワン』のライダー全般に言える事なのだが)基本フォームなのに出番が少ないという事態に陥っている
    • 第30話では飛電製作所の社長になった或人が変身、久々の再登場&活躍を披露している。また、第31話では仮面ライダー迅を相手にメタルクラスタホッパーを使える状況にも関わらずこちらに変身している。その後のサウザーとの対比として、これをとはなるべく戦いたくないという或人の意思の表れだと見る視聴者も。

関連イラスト

仮面ライダーゼロワン ファンアート by流セイヤ
仮面ライダーゼロワン


仮面ライダーゼロワン
01



関連タグ

仮面ライダーゼロワン
ゼロワン(仮面ライダー) 仮面ライダー001 仮面ライダーバルカン
ハイブリッドライズ

クウガ/仮面ライダー1号:それぞれ「ライジング」と「ホッパー」に関係し、各時代に初めて現れたライダー。ライジングイクサ:同じくライジングの名を持つ仮面ライダー。
仮面ライダーキックホッパー仮面ライダーパンチホッパー:バッタモチーフのライダー。

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ライジングホッパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 702303

コメント