ピクシブ百科事典

サバクトビバッタ

さばくとびばった

サバクトビバッタとはバッタの一種である昆虫。

概要

アフリカなどの砂漠にある草地で棲むバッタの一種。
草が生長する雨季にメスが卵を産んで繁殖する。
色は我々の思い描くバッタのイメージ通り、緑色だが、(孤独相)大量発生して餌が少なくなると褐色の個体(群生相)が生まれて、空を埋め尽くさんばかりの群れを為して大移動を行う。途中に農作物や樹木があれば、穀物だろうがバナナだろうが手当たり次第に食い荒らしてしまう。そればかりかフンを撒き散らして作物をダメにしてしまうまさに農家の天敵と言っていい存在で、こういった被害は紀元前から報告されており、聖書では世界の終わりに悪魔が蝗の群れを率いて人々を苦しめると伝えられる程、古来から恐れられて来た。餌が尽きると他のバッタ同様に共食いを始める。

ちなみに彼らは到達海抜が最高で2000メートルかつ寒さに弱い為、アトラス山脈やヒマラヤ山脈は越えられないが、紅海大西洋を越えた記録が残っているなど意外とタフである。

流石に人間もやられたばっかりの生き物ではないので、サバクトビバッタの被害に悩まされる地域の人々はそれらを食用にするという。

関連タグ

害虫 バッタ 飛蝗 カイザードビシ ティン

pixivに投稿された作品 pixivで「サバクトビバッタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11

コメント