ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

不完全変態

ふかんぜんへんたい

昆虫が幼虫から姿を多少変えるも、蛹を経ずに成虫になる成長様式のこと。トンボやバッタ、カマキリ、カメムシなどが該当する。
目次 [非表示]

概要

昆虫(無翅類のイシノミシミ以外の昆虫)の姿を変えながら成長(変態)するパターンのうち、幼虫が同じ基本体制を保ちながら姿を変えて成虫となり、その間にの期間を持たないもの。

翅が幼虫の体表で徐々に成長することから「外翅類」ともいう(対して完全変態昆虫は蛹になるまで翅が見えないため「内翅類」ともいう)。


基本体制を変えず蛹もならないが、それでも変態の程度は種類により様々。水中の幼虫から陸上の成虫になるなど体型や生態が明瞭に変わる「半変態」(トンボカゲロウなど)と、翅以外あまり形が変わらない「少変態」(ゴキブリカマキリなど)が存在する。後者は無翅類にも似ているが、無翅類のただ大きくなるだけの「無変態」より変化が顕著である。


系統的には無翅類の間から進化し、蛹を経て成長する完全変態昆虫の祖先が起源するグループである。具体的に言えばトンボやカゲロウはより起源が古く、カメムシアザミウマシラミなどはより完全変態昆虫に近い。


該当する昆虫


関連項目

動物 節足動物 昆虫 

変態 完全変態

脱皮 羽化

成長 変化 変形 トランスフォーム 変身

関連記事

親記事

昆虫 こんちゅう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 231775

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました