ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ナナフシ(七節)とは、ナナフシ目に分類される3,000種ほどの昆虫の総称。そのうち日本で一般に知られる種「ナナフシモドキ」の別名でもある。


などに滅茶苦茶ソックリな昆虫で、英語名がそのまんま「stick insect」("枝昆虫")や「walking stick」("歩く枝")、「bug stick」("虫枝")などであるというぞんざいさからもその擬態能力の高さはうかがい知れるだろう(そのうち葉っぱに擬態するコノハムシの場合は「leaf insect」や「walking leaf」、「bug leaf」となる)。


和名の「七」は単に「たくさん」の意味で、7節の体節というわけではない(体も実際7節だけではない)。本来ナナフシと言うのはという意味でもあり、日本に生息する一種がこれに似ているから「ナナフシモドキ」、通称「ナナフシ」と言われる。


不完全変態にならなず、昆虫の中ではシロアリモドキカカトアルキガロアムシといったマイナーなグループに近縁。メジャーなグループまで列挙すると、これらの祖先は直翅類バッタコオロギなど)やゴキブリカマキリなどの系統に近い。


形態

全身が木の枝や葉と似た形をしており、色も概ねそれに寄せた緑色から茶色で、色彩変異の種類もいる。頭部は丸みを帯びて複眼はやや小さく、前胸は中胸と後胸より短い。


体長は種類により2cm未満から数十cmまで様々。ナナフシモドキなどは10cmほどで多くのカブトムシチョウより長い体長を持つが、細長い見た目のため大型昆虫の印象が薄い。しかし海外では断トツ巨大な種類が存在し、60cm位で世界最長の昆虫であるフリーガニストリア・チャイネンシスや、65gで世界一重い昆虫であるサカダチコノハナナフシが挙げられる。

ナナオちゃんのスケッチ。ナナフシモドキ。虫かるた トビナナフシ

性的二形で、メスがオスより大きい。雌雄とも飛べないものや雄のみ飛べるもの(トビナナフシ)など、が退化的な種類が多く、雌雄とも飛べる種類は稀である。


生態

草食であり、その擬態の能力はなどの天敵から身を守る際にいかんなく発揮される。

動きは遅いもの、枝がに吹かれて揺れる動きまで再現して敵をやり過ごしてしまう。おまけに植物タネにそっくりという具合であり、生まれながらの隠者と言える。


万が一擬態を見破られ危険を感じると、種類により翅の鮮やかな警告色や摩擦音で威嚇したり、脚の棘で反撃したり、背中から(種類によりただ臭いから有毒までの)防御物質の液を噴射したりする。


昆虫としては珍しく、成虫になっても再生能力を持つ。敵に襲われた際にはタコカニのようにわざと自切して逃げることもある。流石に3本以上足を切れると確実に死亡するので面白半分でいじってはいけません。


その遅さによってパートナーに巡り合えないのを危惧した故か単為生殖が可能。しか居ない種類も多く、日本で最も一般に知られるナナフシモドキもが見つかった事が十数例しか記録されていない。


目撃例が少ない故に珍しい昆虫と思われがちだが、実際には東京大阪の都市部でも生息している。単に見つけられないだけで生息能力は高く、庭木のような場所にでも住み着いて居られるのだ。


主な種類


フィクション・創作関連

モチーフとしたキャラクター

コノハムシがモチーフ。


新甲虫王者ムシキングにおけるナナフシ

おたすけムシとして登場。2016ファーストで初登場。属性はグー、レアリティはSR。

おたすけ技はグーで勝つと2ターンの間防御力を上げる「小枝隠れの術」。

なお防御アップの能力を持つお助け昆虫の中でSR以上のレアリティのムシはこのナナフシのみである。


関連タグ

昆虫 不完全変態 コノハムシ

植物   擬態

シロアリモドキカカトアルキガロアムシ:近縁。

ミズカマキリ:英語では「water stick insect」("ミズナナフシ")と呼ばれる。カマキリではなく水生カメムシの一種。

オニナナフシ:ナナフシではない。細長い体の等脚目甲殻類

関連記事

親記事

不完全変態 ふかんぜんへんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 91063

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました