ピクシブ百科事典

概要

世界各地に分布する大きさ15センチくらいの深海魚。なんとも変な名前だが、少なくとも提灯には見えない。
  
細長い体型をしており、とりあえず頭の上の何かが特徴。メイン画像の黄色いのがそれで、その変な何かは一応目である。
……が、水晶体がないので網膜が直接板のようについているのだという。そのためか頭に占めるサイズがやけに大きく、写真などで見ると削ったエンピツの先っちょのようにも見える。
 
で、その水晶体がないということは「ものを像として見る機能はない」ことを意味し、目というよりは光感知専用のフィルムみたいなもの。
その分顔のまわりには感覚器官が発達しており、わずかな光がわかれば十分だということらしい。
 
ちなみにチョウチンハダカ科には「三脚魚」ことオオイトヒキイワシナガヅエエソなども属し、彼らもやはり目は悪い。だがこれほど特殊スタイルなのはチョウチンハダカのみであり、稚魚〜幼魚(下の画像)のうちは普通に目があるが、成長すると削ったエンピ(ryになるのだ。
幼魚は背中が曲がっているので、どことなくキセルのような体型。
こんな感じ

チョウチンハダカ稚魚


 
なおボウエンギョミツマタヤリウオのように成長すると仰天チェンジする魚はいくつかいるが、そのボウエンギョやチョウチンハダカ科の魚はいずれも雌雄同体。チョウチンアンコウやミツマタヤリウオのようにオスとメスが分かれた魚もいるが、そうした連中はメスの方が大きくなる。

関連記事

ヒメ目

関連記事

親記事

チョウチンハダカ科 ちょうちんはだかか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「チョウチンハダカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 75

コメント