ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含みます。閲覧注意!























「現実や未来に希望がなくとも 死ぬことはいつだってできるんだ

まず一歩踏み出す 自分の理想に一歩近づく

その実感を知らないまま死んでいく人間を私は嫌悪するよ」


「貴様に言っているんだぞ 天元」


概要編集

過去に加茂憲倫を騙り、夏油傑の肉体を操る謎の人物の正体。現在本作品における全ての元凶たる呪詛師


他人の身体を乗っ取り、永い時を越え自らの野望を叶えるために存在する人物。年齢及び本来の顔、性別も不詳であるが、宿儺とも関わりがあることから千年以上前から活動していた術師である模様。

乗っ取った人物の身体能力、特徴だけでなく術式等能力をもそのまま引き継ぐ事ができ、また必ず額に縫い目がある。

Geto Suguru

死滅回游も詠者やアメリカ上層部相手には「夏油傑」の名前を使って接触・行動している。


人物編集

計略を巡らせ、非常に慎重で用心深く計算高い狡猾な人物。自身の探究心や欲を満たす為ならどんな手段も厭わず、何者をも犠牲にする事も一切気にしない極めて非情な人物でもある。

過去に加茂憲倫として行った所業だけでも、史上最悪の呪術師として呪術界の歴史にその悪名を刻まれる程であり、脹相からも「全ての不幸の元凶」と憎悪されている。


純粋なカリスマ性で呪詛師達を従えて、彼等と“家族”と称する程の信頼関係を築いていた夏油とは対照的に、羂索は基本的に利害の一致を前提とした協力関係しか築いていない。協力者の呪詛師達も自然呪霊達もあくまで互いに相互利用しているだけで、羂索自身に賛同している訳でもなく一切信用などしていない。


下記する目的からも分かるが、基本的には自身の想定外の混沌を望んでいる為、銃を使う禪院真依のような型に嵌らないスタイルの相手は素直に評価している。ただし、あくまで自身の計画の結果起こる混沌を見たいのであって、想定外なら何でもいいという訳ではないらしく、自身の計画が想定外の事態や相手に妨害される事には露骨に不快感を示す。

また、自分が関心を示さない相手に対しては極端な程に冷淡であり、乙骨憂太の事を「魅力を感じない」と切り捨てたばかりか、ミミナナ加茂憲紀の事は「生きていても何もならない」という理由から始末しようともせずに見逃すなど、その言動からは傲慢さが滲み出ている。


一方で、千年もの間魑魅魍魎がひしめく呪術の世界を生き抜いてきた実力は本物であり、その権謀術数は作中でもトップクラスである。咄嗟の状況でのアドリブ等の対応力も非常に高い。

策略だけでなく身体を動かしたフィジカルの行動力も随一で脹相と九十九由基との激闘後、3日の間に数百キロの移動を繰り返し、五条悟封印解除を危惧した封印の強化や、死滅回游のルール改編などマグロのように動きっぱなしの状況だった。

特に己の目的の為、体を乗っ取っているに過ぎないとはいえ、態々虎杖悠仁を妊娠出産し母親になるという点は読者にもよくネタにされている。


「好奇心」が強い為、自身の目的から逸れる呪術以外のジャンルやサブカルに対しても見識が広く、漫画を読み込んでいたり、最新の電子機器を難無く使っている。特にお笑いに関してはプロを自称する程に詳しく(そもそも漫才平安時代を起源とする日本の伝統芸能である)、厳しいツッコミと的確な批評で髙羽史彦を凹ませた。また普段殆どの人物を呼び捨てにしているにもかかわらず、お笑いコンビ・FUJIWARA原西孝幸を「原西さん」と敬称付きで呼ぶ辺りその興味の程がうかがえる。


なお、新たな可能性の探求として行動を起こしており、その行動原理は公式によると『人間もっとなんかできるだろ!!という果てなき情熱』によるものらしい。



能力編集

天元曰く「自身に次ぐ結界術の使い手」との事で、嘱託式の帳や死滅回游の結界など様々な結界の開発・構築をしている。

領域の精度も作中で一二を争い、宿儺と同じ「閉じない領域」を展開する離れ業をやってのける(少なくとも天元は彼が閉じない領域を使える事を知らなかったので、千年前には使えず、努力で習得したと思われる)。


術式に関しては羂索自身の術式に加え、乗っ取った肉体に刻まれた術式、さらに過去に身体を乗っ取った術師の術式も保有しており、複数の術式を使用可能。

ただし、領域を使った場合は、領域内に付与した術式以外の手持ちの術式も全て焼き切れてしまう他、脳の容量の問題から、あまり多くの術式を同時に保有する事はできない。


反転術式も使用可能。右腕を失った夏油の肉体を元通り再生するなどこちらも高度なレベルに達しており、術式反転にも利用している。


現代では、特級呪術師夏油傑の肉体を乗っ取っており、羂索本人の千年に渡る研鑽と経験や知識に加え、夏油の術式である呪霊操術や身体能力を始めとした戦闘技術を引き継いでいることもあって、作中では特級の九十九由基と一級相当(ポテンシャルに関しては特級にも匹肩し得る)の脹相二人を相手に優位に立つ非常に高い戦闘力を見せている。


また明言はされていないものの、魂を呪物に変える方法を発見したのも羂索である可能性が高い。死滅回游の泳者の中でも過去の術師は羂索の誘いに乗る形で呪物化しており(この中には一時代の最高峰だった者や平安時代の実力者も複数いる)、宿儺でさえ一度目の呪物化は羂索の手を借りて実行した。


一方で、彼の戦闘力は乗っ取った身体に左右されるようで、実際に400年前に鹿紫雲一と契約した際は身体が戦闘向きではないという理由から、老いて病気の彼との戦闘も避けていた。

また、呪霊操術で取り込む事が前提とはいえ、漏瑚真人と戦えば一対一でもかなり苦しいとファンブックで作者から明言されているなど、彼は決して五条悟や宿儺のような規格外の最強という訳ではない。実際に過去に2度も異なる六眼持ちの術師に敗北している。

五条についても最初から戦闘では勝てないと判断し、下記する六眼の出現条件もあって封印という手段を探っており、五条の身体を狙わない理由もファンブックで「殺せないから無理」と断言されている。


彼の最大の強みは単純な戦闘力以上に、巧みに暗躍して格上の相手でも戦闘以外の手段を駆使して陥れる権謀術数と、他者に取り入って相互利用の関係を引き出す知略、たとえ敗北しても生き延びて別のアプローチで計画を練る執念などであると言える。


術式編集

肉体を乗っ取る術式(名称不明)

羂索の本来の術式

他者の死体に自身の脳を入れ替える事でその肉体を乗っ取ることが可能。

肉体を乗っ取る事で乗っ取った肉体に刻まれた生得術式も使用可能になり、記憶もそのまま受け継がれる。そして、乗っ取った場合呪力さえもその肉体のものを使用する事になるので、六眼であってもその眼に写る情報は本物だと認識する。逆にいえば羂索のその時の戦闘能力は乗っ取った肉体に依存するともいえる。


乗り替えた後は乗り換え前の肉体の術式は消えてしまうが、それにも一応対処法がある模様。

また、反転術式の使い手であるが、額の縫い痕は『縛り』である為に残している。


頭への攻撃に対し、縫い目を解いて頭蓋を回転させる事で威力を軽減させる等のとんでもない回避をする場面もある。ちなみに脳は元々の羂索自身の肉体なので非術師にも見る事が可能。


呪霊操術(じゅれいそうじゅつ)

身体を乗っ取った夏油の術式。

生前の夏油が取り込んだ呪霊は1年前の百鬼夜行で全て失っているが、羂索が千年間に渡って契約した呪霊達によって補充されている。


元々は死滅回游に備えて過去の術師達と同様に契約をしていたが、夏油の肉体を手に入れた時点で契約を破棄し、取り込んだ。


海外産を含む強力な呪霊を複数従える他、低級呪霊の群れを自身の呪力で強化することで、一級相当の術師であっても圧倒可能。

また、呪霊に結界術を施すことで周辺の呪力総量を把握し、高専陣営に対する見張りとして利用している。学生時代の夏油ができなかった呪霊との視覚共有も可能としている。

当初極ノ番の「うずまき」について、呪霊操術の強みである手数の多さを捨て、低級呪霊のリサイクル程度にしかならないと考えていたが、後にその真価は術式を持った呪霊をうずまきに使用した時に発生する「術式の抽出」である事に気づいた模様。自身の計画実現の手段として用いている。

また、戦闘中に極小の「うずまき」を作り出す事で、火力攻撃の連発を可能にしている。


術式をもつ呪霊について記載する。


天然痘に対する恐怖から生まれた呪霊。羂索は冥冥に疱瘡神と言ったが実際は疱瘡婆の呪霊である(冥冥に疱瘡神の知識があればミスリードとして働いた)。

名称不明だが領域展開を習得しており、①対象を棺桶に拘束②棺桶ごと墓石で埋葬③3カウント開始④3カウント後に対象が天然痘に罹って死亡する。領域の必中効果は①から③までで、1人ずつしか対象にできない。


  • 大鯰(仮)

地震を引き起こすと考えられていた鯰の怪異に対する恐怖から生まれた呪霊。

地面に大穴を空け、対象が落下するように錯覚させる。あくまで錯覚させているだけなので、傍目には術式の対象となった者が転んでいるように見える。


ゴキブリに対する恐怖から生まれた特級呪霊。

詳細は当該記事を参照。死滅回游で呪霊躁術の制御から外され、仙台結界に投入された。


  • 「あらゆる障害を取り除く」アジアの神の呪い(仮)

二足歩行四腕かつ象のような頭部をもつ海外産の特級呪霊。モチーフはガネーシャと思われる。文字通り「障害を取り除く」という対象に概念が絡む術式をもつ。


髙羽との戦闘で登場。髙羽の運転するトラックに羂索諸共轢かれ、術式を使用する暇もなく即退場した。


反重力機構(アンチグラビティシステム)

羂索が過去に乗っ取った虎杖香織の術式

本来は文字通り重力を打ち消す能力だったが、順転では出力が安定しない欠点があり、羂索は術式反転で重力場を発生させ、自身に近づくものを地面に叩き落とすという使い方をしている。


ただし、効果範囲が半径2~3メートルと狭く、しかも発動時間は6秒間のみで一度使うと一定のインターバルが必要など、元の出力が低いために使い勝手が悪い術式になっている。


とは言え、反転すれば呪霊操術に頼らない攻撃系術式となる為、不意打ちで接近された際の迎撃手段として重宝しており、乙骨に接近された際も反重力機構での対応を選択している。


無為転変(むいてんぺん)

特級呪霊の真人の術式。

彼を呪霊操術で取り込み「うずまき」で術式を抽出した。死滅回游を始めるべく、予めマーキングしていた人間達の脳を遠隔で調整して覚醒させる為に使用した。

抽出した術式を複数回使用することができるかは不明。


領域展開編集

胎蔵遍野(たいぞうへんや)

ムンクの叫びの様な絶望した表情をした無数の顔で構成された幹を、下部はアフリカの呪術師風の妊婦、上部は顔をもぎ取られ磔にされた妊婦が囲む樹木のようなシンボルが具現化される、見るも悍ましい領域。


宿儺の領域と同様に空間を閉じずに領域を展開する事が可能。ただし、領域の範囲は宿儺程ではなく、空間を閉じない縛りを術式効果の底上げに使っていると推測される。


詳細は説明されていないので不明だが、おそらく重力術式を必中化させて範囲内の対象を叩き潰す必中必殺領域である。

さらに結界術の技量の高さから、簡易領域程度なら数秒で剥がせる精度を持つ。


また、本来領域を展開した後は、術師が保有する術式は全て焼き切れるはずなのだが、羂索は問題なく行動できていることから、何か種があることが作中でも明記されている。


活動履歴編集

  • 1006年前後(寛弘3年)、一度目の星漿体同化阻止失敗、六眼に敗れる。※1
  • 1506年前後(永正3年)、二度目の星漿体同化阻止失敗。生後数ヶ月の星漿体と六眼を殺害するが、同化の際に現れた六眼に敗れる。※2
  • 1600年頃(慶長5年~)、鹿紫雲一石流龍に対してそれぞれ契約を交わす。※3
  • 1868年頃(明治初期)、加茂憲倫の身体を乗っ取り、呪胎九相図を作成する。※4
  • 2003年頃(平成15年)、虎杖家に潜伏、虎杖仁(じん)の妻であった香織が亡くなり、その体を乗っ取る。2003年3月20日悠仁を産んだと思われる。※5
  • 2006年(平成18年)、三度目の挑戦にて星漿体との同化阻止成功、呪霊操術の男の存在も知り、計画を進める。※6
  • 2012年頃(平成24年)、 自身の計画において最大の障害である五条悟を封印する為の獄門疆を捜索し続け、入手に成功。※7
  • 2017年(平成29年、4~6月ごろ)、伏黒津美紀、他多数の人間を呪い、寝たきりの状態に(マーキング)する。同12月下旬頃、呪霊操術の肉体を手に入れ乗り替える。※8
  • 2018年(平成30年、2月)、アメリカ合衆国大統領及び政府高官と接触。同年11月の日本に自国の軍隊を秘密裏に派遣する約束を取りつける。また同時期に複数の国家と接触している。
  • 2018年(平成30年、10月31日)、渋谷事変を起こし五条を封印。真人を呪霊操術でとりこみ、呪霊1000万体を放つ。『死滅回游』及び計画開始。※9
  • 2018年(平成30年、11月16日)、天元を護衛する九十九由基を殺害。その後、天元を呪霊操術により取り込む。
  • 2018年(平成30年、11月19日)、五条が復活したため、彼から逃れるように宿儺と共に行動を行うようになる。その最中、宿儺が天元を継承するための儀式が行われている。
  • 2018年(平成30年、12月24日)、死滅回遊の泳者の殲滅を開始し、仙台にて髙羽史彦と戦う。その戦いにて隙をついた乙骨憂太に首を刎ねられ、本体である脳を剣で貫かれ死亡。死の直前に天元による人類との超重複同化の発動権を宿儺へ移行する。

  1. 千年以上も生き永らえている動機の一つとして、まず天元の同化阻止が挙げられる。そして、それを阻む五条家の『六眼』は羂索の天敵とも言える存在である。この時からすでに後述の計画、死滅回游の着想があったのかは不明ではあるが烏鷺亨子との契約を交わしている。
  2. 『天元』『星漿体』『六眼』は因果で繋がっている。恐らく同化の際は必ず星漿体と六眼が出現する巡りになっている。しかし慶長年間(1596~1615)に五条家当主と禪院家当主が御前試合を行い両者死亡。六眼(と無下限呪術)が存在している為、この人物がよほど長寿でなければ、六眼は同化の際にのみ出現する訳ではない。
  3. この時は男性体(年齢、姓名不明)に寄生、羂索曰く「戦闘向きの肉体ではない」との事で、この当時の鹿紫雲との戦闘は避けていた。また最強の存在は宿儺だとも述べている。
  4. 当時の加茂家当主であった加茂憲倫に寄生する。確認される限り羂索が御三家の人間を乗っ取って表立って活動したのは初めてであり、おそらく御三家当主の立場を利用して行った様々な所業の結果、加茂憲倫の名は「史上最悪の呪術師」「御三家の汚点」として呪術界の歴史に刻まれる事になる。
  5. この当時は既に亡くなっていた香織の遺体に憑依していた。呪胎九相図の父、加茂憲倫(=羂索)は虎杖悠仁からみると母であり、事実上彼らは兄弟という事になる。だが羂索は自らが産み出した生命に対して家族や親が持つ情は一切持っておらず、悠仁と九相図の兄弟が殺し合いをしても無関心であるなど、親というよりもモルモットに向けるような感情しかない。ただし、期待をかけている悠仁に対しては、悠仁の以前の学校の先輩に悠仁と仲良くしていた事に礼を言うなど親のような言動を見せており、この辺りの自身が気に入っている子供に対しては親のように振る舞う面は典型的な毒親の気質だと言える。言うまでもないが、その悠仁に対しても宿儺の器としている件も含めて害しか成しておらず、あくまでも自分の為に利用してるのみで親としての真っ当な情などない。
  6. 羂索が星漿体殺害にどこまで関与しているかは不明。そもそも下記する星漿体と六眼と天元の因果が壊れたのはただの偶然であり、この当時の彼がどこまで本気で星漿体殺害を実行するつもりだったのかも不明。獄門疆は未入手であった為に同化直前に殺害する方法をとった可能性も考えられる。
  7. 二度も六眼に同化妨害を阻まれた上に殺害しても同化時に現れる事と、六眼の所有者が二人同時期に存在できないという理由から封印という方法に切り替える。伏黒甚爾による因果破壊後はこの六眼の因果も消えた可能性があるが、どのみち現代の六眼である五条は強すぎて正攻法では勝てないので、封印という方針に変化はなかった。
  8. これ以後漏瑚を初めとした呪霊一派と表向きは両面宿儺の復活を目的とし行動を共にする。その裏の目的は五条の封印達成と真人の無為転変の入手だった(可能なら漏瑚も取り込もうと目論んでいた)。悠仁に指を喰わせる、五条と一戦、吉野順平の家に両面宿儺の指を故意に持ち込む、更に内通者から情報を得て呪術高専を急襲、呪胎九相図の内三体を持ち帰る等という計画をたて呪霊に実行させる。夏油の残穢で五条に気付かれないよう表だって自分は行動せず封印の為に裏で暗躍する。
  9. 天元によれば天与呪縛によるフィジカルギフテッドの中でも完全に呪力から脱却した伏黒甚爾の介入により天元の同化が阻止され、また呪霊操術の使い手の遺体、獄門疆を入手した事で全ての条件、手札が揃う。これにより羂索は六眼の封印達成、加えて後述の計画を実行に移していく。

目的・計画編集

彼が目指すのは『呪力の最適化』である。

呪霊のいない世界でも牧歌的な平和でもなく自らの生み出すもの以上の可能性を見つける事、つまりは呪術の力で新たな世界を創造しようとしていると考えられる。

呪術師・呪霊・非術師、これらは彼曰く「人間という“呪力の形”の可能性の一つ」に過ぎないらしく、さらなる呪力の可能性の探求の為に、千年もの間様々な術師の身体を渡り歩いて暗躍を続けていた。


そして最終目標は日本全土を対象に人類への強制進化を成す為、人類と天元を同化させる事である。

天元と同化した人間は術師という壁すら超えて新たな存在の形となるが、個としての境界がないので仮に複数の人間の内1人でも暴走すれば、悪意の伝播が一瞬で広がり、1億人分の穢れが世界中にばら撒かれ、人類は滅亡する。

本来天元との同化は星漿体にしかできないが、11年前から進化した状態の今なら誰でも同化できなくもないという。同化の拒絶による阻止はできるものの、現在の天元は組成としては呪霊に近く、呪霊操術の術式対象になってしまっている。

さらに同化の成功を確実なものにする為、前段階の下準備である死滅回游という泳者の呪力を結界と結界で結んだ境界を使い、北海道を除く日本国民全てに呪いをかける儀式を実行。管理者を自らできない等の縛りをつけてはいるが、プログラムそのものが管理者になっていると考えられるため、現状虎杖達にとって不利に働いている(実行犯を倒すことがゲーム終了に繋がらないため)。

結界術に長けている彼が天元の居場所を突き止めるのも難しい話ではなく、目的達成に王手をかけている状態である。

目的の為海外でも活動をしており、幾つかの国に呪力というエネルギーの可能性を餌に、死滅回游を活性化させる爆弾として軍隊の派遣を確約させる。


なお、呪胎九相図は呪力の次なる可能性は呪霊にあるのではないかと考えていた時期に生み出したらしいが、彼等の事は改めて「普通すぎる」「失敗作」として露骨に侮蔑して足蹴にしており、現在では呪力の進化を上記の通り天元との同化を介して人間で行おうと目論んでいる。

また、虎杖に関しては本人曰く取り立てて役割がある訳ではなく、宿儺の器である事自体が役割であり、「宿儺と共に生き続けるだけで周囲に混沌を齎す新時代の台風の目」と評している。


その他編集

呪霊達を内心見下していたものの、彼らとはビジネスライクな関係で特に問題は生じなかった。だが偽夏油が肉体を乗っ取られた存在である事を呪霊達は終始分からなかった様である。

また漏瑚真人は、一対一でも呪霊操術で取り込むのはかなり厳しいと判断していたらしく、その為にこの2人は当初から他者に削らせてから取り込もうと目論んでいた。


己の目的に関して(利用しているに過ぎないとはいえ)一人で仲間を1000万以上もの呪霊や各時代の術師をコツコツと集め、長き間に計画が何度も失敗しても諦めず野望に動き続ける、幾度も試行錯誤を繰り返し勝利(計画の遂行)を収めるという悪側と言うより、主人公勢のような経路や努力で悪事を行っている。

このため劇中では陰湿な敵の黒幕というポディションながら友情・努力・勝利のジャンプ三原則を体現しているとファンからよく言われる。


五条悟は単純に実力で勝てない事と上述の六眼の出現条件もあって、最初から殺害や肉体の乗っ取りは諦めており、当初から封印という手段を探っていた。伏黒甚爾の事は天与呪縛との調整がとれずにバグが生じる可能性がある為に乗っ取り自体を考えておらず、天元との同化という自らの目的を考慮しても呪霊操術が最適解だと判断して、夏油の身体を狙っていたのだと思われる。


天元は羂索のことを『あの子』と呼んでおり、その事から古い知己であることが窺えるが、具体的にはどのような関係であるかは不明。その後、作中で羂索は天元を「友」と呼んでいる。


宿儺との関係は詳細は不明だが裏梅を交えて気安く会話をする仲。

弱い者は不幸を噛みしめて生きろという思想の宿儺とある程度の関係を築いている以上、宿儺からはそれなりの実力があると認められている模様。


きっしょ

また髙羽との戦闘中に行ったにらめっこ対決では衝撃的な顔芸を披露し、読者を爆笑と困惑の渦に巻き込んだ。ご存知の通り現在の羂索は夏油の肉体に乗り移っているので、当然ながら夏油の顔で強烈な顔芸を披露したことになる。


しかし、これがネタでは済まない事態となっており、以前に作者の芥見先生は様々なキャラクターの変顔を描いたイラストを公開していたのだが、このイラストで披露した虎杖の変顔は羂索のものと完全に一致している。上述の通り虎杖と羂索は親子の関係であるため、変顔のセンスが共通していることにも説明はつく。やはり血は争えないのか……


ちなみに現在世間一般で夏油傑として販売されているグッズの大半は、頭に縫い目がある=羂索のグッズである(呪術廻戦0公開後は縫い目が無い純粋な夏油グッズも増えてきている)。その為、夏油ファンの間では購入したグッズの縫い目を消すのが恒例作業となっている。

特定のグッズに関しては、ネットで検索すれば縫い目の消し方を紹介している動画やブログ等もあるので、縫い目が無い純粋な夏油のグッズが欲しい人は是非試してみよう。


羂索女性説(本誌のネタバレ注意)編集

一部のファンからは羂索は女なのではないか?と言う考察が立てられている。

その根拠として

  • 香織の身体を乗っ取って悠仁を自身で出産。

虎杖香織

  • 一部の口調が女性的。

例→「私の目的に邪魔なの」(五条を封印する際)

  • 高羽の術式でナース服を着ていた。

いつまでいいようにされてんだ傑

  • 夏油本人では引き出せない色気や艶っぽさがある。

等が挙げられる。

現状だと元の性別に関しては一切分かっていないのでこれは憶測の範囲である。


編集

下の点は2024年4月6日時点でジャンプ本誌及び単行本では情報がほぼ無い為、情報公開を待つしかない状態。


・謎①:天元との関係。

天元に対して死滅回遊編以降で愛憎相半ばしたような言い回しをする描写が数回在る。それ以外の描写は一切ない為、不明である。


・謎②:虎杖香織の身体を乗っ取った経緯や虎杖仁に関する情報の詳細。

あるとしても気絶した虎杖の回想(夢の中)シーンと羂索本人の自白シーンの一部でのみ描写が在る。それ以外の描写は一切ない為、不明である。


・謎③:宿儺との関係。

上記にも記載した通り、2人は千年前から裏梅を交えての交流があった仲であるのが窺える。そして、宿儺は虎杖悠仁の未知のパワーに対して何か思い当たる節があるようで、その際に「そうか、小僧はあの時の。」「羂索め、気色の悪いことをする。」と発言している。












257話のネタバレ注意!
















宿儺は双子として生まれるはずだったが、母親の胎内で片割れを喰らった。虎杖仁はその片割れの生まれ変わりだった。

つまり宿儺の片割れの生まれ変わりと羂索の間に生まれたのが虎杖悠仁であり、宿儺と悠仁は叔父と甥の関係となる。上述の宿儺の発言はこの事実に由来する。

また悠仁には死滅回游の泳者として、そして宿儺の器としての強度を担保するために生まれながらに宿儺の指が一本封印されていた。




余談編集

呪術廻戦らくがき1

  • 偽夏油として暗躍していたが、正体を明かす際に頭皮を外しながら「キッショ、なんで分かるんだよと発言するシーンは視聴者に大きなインパクトを残し、pixivでは他作品パロもよく見受けられる。
  • ちなみに、アニメ版では今の身体である夏油の担当声優の櫻井氏による怪演で、もはや夏油傑の声ではなくなっていた。
  • また、脳味噌と形が似ているからか、本名が判明するまでやネタバレ防止のために一部の読者にはメロンパンというあだ名で呼ばれていた。もしくは、昔放送されていた番組『トリビアの泉』の採用者プレゼントで脳味噌のオブジェからメロンパンが出てくる謎すぎる景品があり、それを彷彿とさせたからも理由の一つかもしれない。
  • 羂索は難しい漢字なためケンジャクと打っても出てこないが、ケンサクと打つと出てくる事がある。

関連イラスト(ネタバレ注意)編集

羂索???

羂索一時期流行ったやつ


関連タグ編集

呪術廻戦 呪詛師

両面宿儺 裏梅

夏油傑偽夏油) 加茂憲倫 虎杖香織

呪胎九相図 脹相 虎杖悠仁

五条悟 獄門疆


黒幕 諸悪の根源 全ての元凶 悪のカリスマ


大蛇丸:ファンブックにて術式の共通点が指摘された。


不空羂索観音:名前の由来

関連記事

親記事

呪詛師 じゅそし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9068541

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました