ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

オガミ婆

おがみばば

漫画『呪術廻戦』の登場人物。本記事では彼女の「孫」についても解説する。
目次 [非表示]

何も変わらん…呪い呪われ死ぬだけよ


CV:唐沢潤

概要編集

渋谷事変にて嘱託式の「帳」を警護するため粟坂二良と共に登場。

変身能力を生かした生得術式で暗殺などを生業として活動している呪詛師

五条悟が誕生し世界のバランスが変わってしまったことにより、呪詛師として自由にできなくなったため、偽夏油と手を組む。


人物編集

一見古めかしいイタコ風の身なりをした87歳の老婆。アイドル法被を羽織り、男性アイドル事務所のJr.グループのファンクラブに入会しているドルオタ

物腰が落ち着いた言動や、老婆らしく心理を悟ったような発言が多いが、暗殺の際にターゲット(CV:乃村健次)の娘(CV:井上ほの花)の姿を利用するなど実態は呪詛師らしい残虐な性格の持ち主。


術式編集

降霊術(こうれいじゅつ)

所謂「イタコ」。死者の霊魂(正確にはその情報)を自分・あるいは他者に憑依させる術式。

降霊対象の体の一部(髪や指など)を経口摂取することで身体に憑依させるが、発動には詠唱などの時間がかかり、その間の時間稼ぎは「孫」が担当する。


降霊の際には、「肉体の情報」と「魂の情報」は別に扱われており、暴走など不測の事態を防ぐため、基本的には肉体の情報しか降ろさない。


編集

CV:綿貫竜之介

オガミ婆が後ろに連れている男性。作中では「孫」や「お前」としか呼ばれておらず本名は不明。

オガミ婆とは血の繋がりはなく、幼い頃に彼女によって攫われ、血縁を偽り孫として育てられた存在。手駒の一つであり、そういう「孫」が他にも何人か存在している模様。


呪力を一切持たない天与の暴君を降ろされ猪野琢真を圧倒したが、オガミ婆の術式が制御を失い……。


余談編集

  • 羽織っている法被には、襟の部分をよく見ると「ジョニーズ」や「城山智一」と書かれている。また背中には「JJ」のロゴがある。
    • 「城山智一」という人物の名前は、実際のグループ「TOKIO」のメンバーや元メンバーの名前が由来になっていると推測される。
    • 「城」はリーダーの城島茂(じょうしま しげる)、「山」は元メンバーの山口達也(やまぐち たつや)、「智」は同じく元メンバーの長瀬智也(ながせ ともや)、「一」はキーボード担当の国分太一(こくぶん たいち)である。一部の読者からは何故ドラムスの松岡昌宏(まつおか まさひろ)が入っていないのかというややお怒りの声もあった。
    • なお、アニメ版では同年に起きたジャニー喜多川による性加害報道の影響により法被の文字そのものが削除されている

関連タグ編集

呪術廻戦 呪詛師 渋谷事変 イタコ ドルヲタ

関連記事

親記事

呪詛師 じゅそし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34550

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました