ピクシブ百科事典

「牛乳飲んで出直して来い 老い耄れ」

CV:稲田徹

概要

夏油傑に加担する呪詛師の1人。
上半身裸の上にエプロンを着用した筋肉質な体格の男。髪型はスキンヘッドで片刃の斧を装備している。

人体を日用品や武器に加工する猟奇的な趣味の持ち主。高身長である五条悟をハンガーラックにしたがっており、呪術高専に行けば「良い素材」である五条をゲットできると裏梅から取引を持ちかけられ交流会襲撃に参加した。
(アニメの「じゅじゅさんぽ」によるとでは五条悟の背骨をベースにしたポールハンガーを作る予定だったらしい。)

任務より趣味や嗜好を優先するタイプで、夏油からは「作戦行動がとれる人間ではない」と評され、今後の邪魔になるとして交流会襲撃の際に見捨てられることが決まっていた。

作中では楽巌寺嘉伸と対決。老人の肉体は材料に向かないのか、彼に対しては『ジジィのスカスカの骨とシワッシワの皮じゃなんも作れねーよ!!』と悪態をついていた。途中から本来の狙いである五条が参戦すると歓喜とともに襲いかかるが、一瞬のうちに手足を潰されて拘束された。

呪具製作に関してはかなりの腕利きだったようで、仲間の重面春太に彼専用の呪具を与えたり、渋谷事変後には禪院真希が彼のアトリエの所在を天元に聞いている。


本編中で直接名前を呼ばれる機会が少なかったためか、ファンからはもっぱら「ハンガーラック」の愛称で呼ばれている。

関連タグ

呪術廻戦 夏油傑 重面春太 裏梅

エド・ゲイン 人体を道具に加工していた殺人鬼。おそらく彼がモチーフ。

関連記事

親記事

呪詛師 じゅそし

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「組屋鞣造」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 195

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました