ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

老い先短い年寄りの 時間は高くつくぞ


プロフィール編集

年齢76歳
所属呪術高専京都校学長
趣味・特技ギター(軽音楽器全般いける)
好きな食べ物天ぷら
苦手な食べ物馬肉
ストレス五条悟
生得術式呪力の増幅・放出(名称不明)
CV麦人

概要編集

呪術高専京都校の学長。禿頭で耳、鼻、口にピアスをつけ、白い顎髭と眉毛を伸ばし、着物を着た、物々しい雰囲気をたたえる老人。


両面宿儺の器である虎杖悠仁の存在を認めず、処刑すべきと考えている。

それ故に姉妹校交流会では事故を装った虎杖の抹殺を画策し、京都校の学生に虎杖暗殺を命じたり、躾けた準1級呪霊を使用して虎杖を殺害しようとした。


呪術界の保守派筆頭であり、そのため呪術界の改革を目指す五条悟とは元より折り合いが悪く、彼からは「おじいちゃん」「ジジイ」と呼ばれるほど舐められており、自身も「クソガキ」とぼやくほど険悪な間柄である。とはいえ五条もその人格はそれなりに認めている模様。


といってもあくまで保守派であるだけで、決して腐敗した上層部と同じではなく、上述した虎杖への処置も、万一に宿儺が彼の体を奪って完全に顕現してしまう危険性や、その際に起こりうる甚大な被害を考慮した故にやむを得ないと考えてのことであり(少々強引なところもあったが)、虎杖自身に悪感情は持っていない。

交流会終了後には、東京校の学長である夜蛾正道の説得もあって、虎杖を高専に置くことにも一定の理解を示すようになった。


実は着物の下にTシャツを着用している。ギタリストであり、ジミヘンが好きらしく、本人の戦闘スタイルにも大きく影響を与えている。バンドメンバーが全員死んでしまったため、ドラマー募集中らしい。


死滅回游編では、パンダの救出に向かった夜蛾学長を上層部の刺客と共に処刑。刺客が去り二人きりになったタイミングで、夜蛾の助命条件とされた「完全自立型呪骸(=パンダ)」の製造法を死に際の夜蛾から「私から貴方への呪い」として明かされる。


夜蛾殺害の件を五条に報告した際に、夜蛾・五条が共に自身に対して呪いをかけなかった(恨みつらみの感情を向けなかった)ことに疑問を呈するも、五条からは「潔癖マニュアル人間の成れの果てであるアンタだからこそ信用できるものもある(=悪意や利己的な理由で夜蛾を殺したわけではないことを理解している)」と返された。さらにパンダの製法は上層部に明かしていなかったらしく五条には「今までのアンタならあり得ない。その歳でも人は変われるんだな」と評されるなど、夜蛾の「呪い」が良い方向に作用していたことが分かった。


一見すると一線を退いていながら実力者である老人キャラというキャラクターは数多いが、Tシャツスタイルでエレキギターをかき鳴らすという積み重ねた年齢にそぐわない造形は読者の度肝を抜いた。


このあたりは、同じく老人キャラでありながら24コマアニメをモチーフにした生得術式を用いる禪院直毘人に近いものがあるのかもしれない。なお、「呪術界の保守派は伝統的な術式を好む」という設定がありエレキギターを用いる彼の術式はそれに反するように思えるのだが、人外魔境新宿決戦では琵琶を使用しているため「音楽によって呪力を増幅させる」という術式自体は伝統的なものである可能性がある。


術式編集

呪力の増幅・放出(名称不明)

エレキギター(フライングV)で奏でた旋律を増幅させ呪力として打ち出す術式。

自身の体をアンプとし、ギターの音から衝撃波を放出する中距離攻撃で戦う。術者の呪力以外に、楽器の演奏技術も問われる、珍しいタイプの術式。


戦闘前の和服からは想像もできないような戦闘スタイルである。

なお、楽器は音を出せるなら琵琶の様な古い楽器でもいい模様。


関連タグ編集

呪術廻戦 呪術高専京都校

庵歌姫 夜蛾正道 五条悟

関連記事

親記事

呪術高専京都校 じゅじゅつこうせんきょうとこう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 98235

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました