ピクシブ百科事典

東堂葵

とうどうあおい

東堂葵とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場人物である。
目次[非表示]

どんな女が 好みだ?

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

概要

呪術高専京都校三年。非呪師の家系ながら一級呪術師。
筋肉質の巨体を誇り、ドレッドヘアが特徴の強面の男。左頬から額にかけて大きな傷跡がある。

学生としては頭一つ抜けた実力を持ち、夏油傑の起こした百鬼夜行事件の際には、一人で特級呪霊1体と一級呪霊5体を祓った上、一級呪霊相手には術式を使わなかったという逸話を持つ。

姉妹校交流会においては、高い実力を持ちながらその傲慢かつ粗暴な性格ゆえ、敵味方両方から厄介者として扱われている。

プロフィール

年齢18歳
誕生日9月23日
身長190cm以上(五条と同じくらい)
所属京都府立呪術高等専門学校三年
高専入学方法スカウト
階級一級呪術師
好きなアイドル長身アイドル高田ちゃん
好きな食べ物ハラミ
嫌いな食べ物なし
ストレス退屈
CV木村昴 和優希(幼少期)


人物

見込みのある者に対しては友達思いで熱い一面をみせるが、自己中心的なところもあり、他人の指図をあまり受けたがらない。対人のコミュニケーションが出来ないわけではないが、集団との協調性はほぼ皆無。気に食わないと思えば目上の者にも噛み付き、それを通すだけの実力と威圧感を持っている。

身長と尻のデカい女が好みで、高身長アイドル・高田ちゃんの熱狂的なファン。初対面の相手に女の好みを聞き(本人曰く「男でもいいぞ」)、それによって相手を判断する癖がある。好みが一致した虎杖悠仁は即親友認定するほど、東堂の中では重要なものらしい。

女性の好み以外の戦闘スタイル等でも虎杖とは相性が良いようで、虎杖のことを「親友(しんゆう)」→「親友(ベストフレンド)」→「親友(マイベストフレンド)」→「超親友(ブラザー)」と回を追うごとに親しみ度合いをランクアップさせており、虎杖との青春アミーゴな記憶を捏造する(※)、虎杖に頼まれてもいないのに呪力の扱い方を伝授する、虎杖とマンツーマンの任務に行く未来を熱望するなど、非常に目を掛けて気に入っている。
親友は虎杖一人だけで、友達はちらほらいるらしい(ただし、どれも片思い)。
※ただしこれは、虎杖の持つ「何らかの能力」が作用した結果とも見える。…とは言え普段の言動からすると、素でそうなっている可能性もあるが。実際、高田ちゃんと脳内で会話してヒントを掴み取った際には、「感謝の意思を伝えねば」と次の握手会へ思いを馳せたりしている。

傲岸不遜で頭のおかしいドルオタの印象が強いが、それでも呪術師として、確固たる信念を持ち戦っている。命を落とした仲間に対し、生き残った者に課せられた罰を「生きて強くなること」と考えており、残酷な世界での命に対する割り切りや透徹した哲学を持っている。
真依曰く「しっかりイカれてる」。

年齢に見合ぬ強面や成熟した精神を備えており、常に芝居がかった振る舞いをする(五条悟からは「オマエいくつだよ」とツッコまれている)一方、握手会で推しアイドルと対面した際はデレデレした姿を見せるなど、年相応の一面もある。

傲岸不遜・傲慢で粗暴な性格に加え、筋骨隆々の巨躯の持ち主であることから、パッと見は脳筋の体力バカに見えるかもしれないが、実は真逆の理知的で思慮深い人間性の持ち主である。交流戦で虎杖と戦ったときには、虎杖の戦い方を冷静かつ的確に観察・分析し、『より強くなるための指南』を分かりやすく理論的に伝えた。
虎杖にとって、『呪術師の心構え・在り方』を示したのが七海建人だとするならば、東堂は『具体的な戦闘方法』を懇切丁寧に教えた存在である。虎杖の『本来の師匠』であるはずの五条よりも、よほど師匠らしいことをしている。
実際、東堂が「全力で導く!」という気構えで戦った交流戦を経て、虎杖は飛躍的に強くなった。この一戦が無ければ、虎杖の呪術師としての成長は大幅に遅れていた可能性が高い。

特級呪術師の九十九由基は東堂が小学生の頃に出会った師匠であり、異性の好みのタイプを訊く定番のセリフも、もともとは九十九の口上をリスペクトしたものと思われる。

身だしなみに気を遣っており、いつもいい匂いを発している(周囲はそれが逆に腹が立つとのこと)。
何故か戦闘に上裸で臨むことが多い。

術式

  • 「不義遊戯」(ブギウギ)

手を叩くことで、術式範囲内にある“一定以上の呪力を持ったモノ”の位置を入れ替えることができる術式。術式対象は、生物・無生物を問わない。

シンプルゆえに非常に応用が効く。

  • 自分にしかけられた攻撃に対して、相手と位置を入れ替えることで自爆させる
  • 接近戦において敵味方の位置を連続で入れ替えることで相手を混乱させる
  • 包囲されていても周囲と位置を入れ替えるだけで突破できる
など自分の戦闘補助だけでなく味方のサポートとしても有用。
手を叩いても敢えて術式を発動させず、入れ替わりを警戒する相手にフェイントをかけたり、そこらへんにある石に呪力を込めて投げた後に入れ替わりを発動することも可能。
また発動条件の「手を叩く」は自らの手同士である必要はないため、例えば他者の、それこそ敵の手を叩いても入れ替えを行うことが出来る。
入れ替える対象が増えるほど敵にとっては厄介な術式であるため、集団戦でこそ真価を発揮すると思われるが、彼が単騎での戦闘力が高い上、上記の通り東堂自身が協調性に欠く人物であるため実現は難しい。

その他にも領域対策として、九十九由基直伝の簡易領域も習得している。

そもそも素の格闘能力や状況判断能力が呪術師として非常に優れているため、単独戦闘でもツーマンセルでも安定した立ち回りを見せる。

関連タグ

呪術廻戦
虎杖悠仁 禪院真依 九十九由基

関連キャラクター

ジャイアン 寺坂竜馬 中の人同じ・年齢離れした巨体・性格に難があるがやる時はやるなどの共通点を持つ

関連記事

親記事

呪術高専京都校 じゅじゅつこうせんきょうとこう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「東堂葵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2316992

コメント