ピクシブ百科事典

真人(呪術廻戦)

まひと

真人とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

肉体と違って、魂は何度でも殺せる 次はどう殺してやろうかな

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

概要

呪術廻戦』の登場キャラクター。人が人を恐れ憎む負の感情から生まれた特級呪霊。
皮膚が継ぎ接ぎだらけの青年で、身体を黒いローブで覆っている。

呪いが人間を駆逐して繁栄する新世界創造のため、夏油傑と手を組み暗躍する。
虎杖悠仁の最大の宿敵であり、「虎杖のことを何度でも殺したい」という抑えきれぬ欲望を持つ。また虎杖にとっても初めて純粋な憎しみと殺意を向けた相手でもある。

軽薄な性格で、発生したばかりの呪霊ゆえに無邪気で子供っぽく好奇心旺盛。
表面上は人間にも優しく接するが、本性は呪霊らしく冷酷非情で人間を見下しており、逆に同族である呪霊には、心から親しみを持って家族や親友の様に接する。
「気の向くまま自由に人間を欺き誑かし殺す事こそが呪いの本能」としており、花御に対してもっと自由に生きるよう諭していた。

「魂」そのものを知覚できる能力を持つ。そのため「人間の喜怒哀楽や感情は全て魂の代謝物にすぎず、命に価値や重みは無い(故に肉体は魂の容れ物にすぎない)」という持論を持っているが、これは「肉体は魂であり、魂は肉体である」とする夏油とは意見が分かれるところであり、夏油と意見を交わした際に真人は「術式によって見える世界も違うのではないか」と返している。

基本的には人間を遊び道具程度にしか思ってないが、公式ノベライズで描かれた番外編では、孤独で無欲なホームレスの老人との交流を通じて、「この世の中の人間がすべてアンタみたいだったら俺は生まれなかった」という感情を抱いており、全ての人間をそのように見ている訳ではない。

能力

前述の通り非常に好奇心旺盛で、それゆえに驚異的な学習・成長スピードを持ち、貪欲に知識や知恵を吸収し、戦いの中での試行錯誤を心から楽しむ。
どれだけ肉体を破壊されようと、魂に直接干渉されない限り即座に再生できる事実上の不死身。ただし虎杖は両面宿儺の器であるため、魂の輪郭を無意識に把握し、真人の魂を直接攻撃できる。

  • 無為転変 (むいてんぺん)
相手の魂に触れ、魂の形状を操作することで対象の肉体を形状と質量を無視して思うがままに変形・改造する術式。直接手で触れられなければ効果はないが、「自身の魂の形を知覚した上で魂を呪力で保護する」しか防御手段がなく、魂を守れなければ呪術師であろうと改造され、改造された者は二度と元に戻れず遅かれ早かれ死ぬ。
真人が自分自身に対して使うとノーリスクで自身の肉体を自在に変形させられるため、肉体の武器化や身体能力の強化が容易に可能。

  • 改造人間
上記の無為転変で魂を作り変えられ怪物化・奇形化させられた上で真人に操られる人間(犠牲者)のこと。呪霊ではなく改造された人間なので、呪霊が見えない一般人にも見えてしまう。サイズは手のひらサイズから10メートルを超えるものまで造ることができ、手のひらサイズのものはいつでも取り出せるように、真人の胎内でストックされている。無理やり形を変えられるため、闘わせると基本短時間でショック死する。なお趣味の悪いことに改造された後も僅かばかり人間の頃の自我が残っている。

領域展開

  • 自閉円頓裹 (じへいえんどんか)


七海建人と虎杖を同時に相手取った戦闘のなかで、「死」へのインスピレーションを得たことで発現した。
本来ならば真人の手で直接対象に触れければならない「無為転変」を必中化する領域で、領域展開を未習得の呪術師が引き込まれてしまうと、なすすべもなく餌食になる。

関連タグ

呪術廻戦
虎杖悠仁 七海建人 吉野順平
夏油傑 漏瑚 花御 脹相

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真人(呪術廻戦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 157

コメント