ピクシブ百科事典

真人(呪術廻戦)

まひと

真人とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

狡猾にいこう 呪いらしく人間らしく

肉体と違って、魂は何度でも殺せる 次はどう殺してやろうかな

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

プロフィール

等級特級呪霊
発生源
身長推定185cm
嗜好・興味嫌がらせ、人間
嫌いなもの人間
CV島﨑信長


概要

呪術廻戦』の登場キャラクター。人が人を恐れ憎む負の感情から生まれた特級呪霊。
見た目は皮膚が継ぎ接ぎだらけの青年で、身体を黒いローブで覆っている。

呪いが人間を駆逐して繁栄する新世界創造のため、夏油傑と手を組み暗躍している未登録呪霊達のボス。
虎杖悠仁最大の宿敵であり、「虎杖のことを何度でも殺したい」という抑えきれぬ欲望を持つ。また虎杖にとっても初めて純粋な憎しみと殺意を向けた相手でもある。

人物

軽薄な性格で、発生したばかりの呪霊ゆえに無邪気で子供っぽく好奇心旺盛。
表面上は人間にも優しく接するが、本性は呪霊らしく冷酷非情で人間を見下しており、逆に同族である呪霊には、心から親しみを持って家族や親友の様に接する。

「軸や一貫性に囚われず、気の向くまま自由に人間を欺き誑かし殺す事こそが呪いの本能」であり「理性を得ても『人を殺したい』という本能に逆らう理由にはならない」とした上で、「呪いは呪いらしくあるべき」と考えており、目的達成のため合理的に動く漏瑚花御に対してもっと自由に生きるよう諭していた。

」そのものを知覚できる能力を持つ。それ故「人間の喜怒哀楽や感情は全て魂の代謝物にすぎず、命に価値や重みは無い(故に肉体は魂の容れ物にすぎない)」という持論を持っているが、これは「肉体は魂であり、魂は肉体である」とする夏油とは意見が分かれるところであり、夏油と意見を交わした際に真人は「術式によって見える世界も違うのではないか」と返している。

基本的には人間を遊び道具程度にしか思ってないが、公式ノベライズで描かれた番外編では、孤独で無欲なホームレスの老人との交流を通じて、「この世の中の人間がすべてアンタみたいだったら俺は生まれなかった」という感情を抱いており、全ての人間をそのように見ている訳ではない。

能力

より洗練された殺すための形 殺すためのインスピレーションを 体現しろ!!

前述の通り非常に好奇心旺盛で、それゆえに驚異的な学習・成長スピードを持ち、貪欲に知識や知恵を吸収し渋谷事変では黒閃の習得にも至っている。戦いの中での試行錯誤を心から楽しむ。
術式の性質上、その肉体は変幻自在。どれだけ肉体を破壊されようと、呪力があれば、魂に直接干渉されない限り即座に再生できる事実上の不死身。
ただし両面宿儺の器である虎杖は魂の輪郭を無意識に把握し、真人の魂を直接攻撃できる。宿儺自身は魂の干渉を跳ね除けられるばかりか宿儺側からカウンターを行うことができる。よって真人にとって虎杖は攻防共に相性の悪い天敵となる。
また、呪力が尽きるまでダメージを与え続けられたり、全身を一撃で粉々に吹き飛ばすような攻撃も有効。

  • 無為転変」 (むいてんぺん)
相手の魂に触れ、魂の形状を操作することで対象の肉体を形状と質量を無視して思うがままに変形・改造する術式。自身の手を変形させていない、人型状態の素手で触れなければ効果はないが、「自身の魂の形を知覚した上で魂を呪力で保護する」しか防御手段がなく、魂を守れなければ呪術師であろうと改造され、改造された者は二度と元に戻れず遅かれ早かれ死ぬ。
真人が自分自身に対して使うとノーリスクで自身の肉体を自在に変形させられるため、肉体の武器化や身体能力の強化が容易に可能。最終的には分身すら可能としている。(分身も独立した思考を持つ「もう1人の真人」であり、無為転変を使用できるが、効果範囲は自身の体を変化させるに留まっている。)また応用で、領域展開に必要な印を口内で結ぶため、領域展開の阻止を防ぐという使い方をしている。
また攻撃以外の使用法として他者に対し反転術式で治療できない重度の先天的傷病、身体の欠損でも改造することでほぼ完全に治しており、この点でも非常に有用な能力と言えるが、真人の呪霊としての性格上このように使うことは希であると考えられる。

  • 改造人間
上記の無為転変で魂を作り変えられ怪物化・奇形化させられた上で真人に操られる人間(犠牲者)のこと。呪霊ではなく改造された人間なので、呪霊が見えない一般人にも見えてしまう。サイズは手のひらサイズから10メートルを超えるものまで造ることができ、手のひらサイズのものはいつでも取り出せるように、真人の体内でストックされている。無理やり形を変えられるため、闘わせると基本短時間でショック死する。なお趣味の悪いことに改造された後も僅かばかり人間の頃の自我が残っている。

  • 多重魂 (たじゅうこん)
二つ以上の魂を融合させる技。

  • 撥体 (ばったい)
多重魂によって発生した拒絶反応を利用し魂の質量を爆発的に高め、相手に向け放つ技。

  • 幾魂異性体 (きこんいせいたい)
拒絶反応の微弱な魂同士を合成した改造人間。その魂を燃料に、爆発的な攻撃力を一瞬だけ実現する。

  • 遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)
黒閃を経て真人が理解した自らの魂の本質、その剥き出しの姿。比較的人間に近い姿をしていた今までの姿から一変し、怪人のような姿となっている。
攻撃力・スピード・防御力が段違いに高められており、虎杖悠仁も「呪霊として変身前とは別次元の存在になったんだ!!」と考えるほど。
原型の200%もの強度を持ち、「両肘のブレード以外は変型しない」という"縛り"で更に強度を底上げしている。そのブレードは「変型時間を短くする」という縛りで強度をほぼ落とさずに中距離の相手を捉える事が可能。手首から先は原型の両手のため、遍殺即霊体の状態でも無為転変は使用できる。

領域展開

  • 自閉円頓裹 (じへいえんどんか)
領域展開



はい お終い

人間の腕が格子のように相手を囲む領域。
本来真人の手で直接対象に触れければならない「無為転変」が領域の効果で必中化するため、
領域対策がない限り回避不能の即死技となる。
領域内での無為転変にも通常状態と同じくON/OFFがあり、相手を領域に引き込んでも即座に魂の形を変えるわけではないようだ。
しかし、虎杖悠仁が領域に侵入した瞬間に、両面宿儺の魂に触れ、彼の逆鱗にも触れたことから、領域内の相手の魂には常に触れており、いつでも魂の形状を操作できる状態にあるといえる。
無量空処同様、展開した時点で実質勝利が確定する凶悪な領域。
以上の性質から普通の呪術師ならば領域内に「入る」メリットがないため、領域内に入った者を「閉じ込める」ことに特化しており、逆に外部からの攻撃に弱く簡単に侵入を許してしまう(例外として虎杖悠仁。上述の通り両面宿儺の魂を宿しており、一度真人に魂を触れられた際に「2度目はない」と警告したにも関わらず虎杖が領域内に侵入したことによって意図せず宿儺の魂に触れ、怒りを買ってしまった)。
七海建人と虎杖を同時に相手取った戦闘のなかで、「死」へのインスピレーションを得たことで発現した。

関連イラスト

真人
真人(呪術廻戦)※グロ要素あります


【呪術廻戦】真人
呪術廻戦 真人vs虎杖悠仁



関連タグ

呪術廻戦
虎杖悠仁 七海建人 吉野順平
夏油傑 漏瑚 花御 陀艮 脹相
吐き気を催す邪悪

エンヴィー 体の一部もしくは全体を変形させながら戦う、人間を見下す、性格が非常に悪い、殺害した人間に復讐として追い詰められるなど共通点が多い。

関連記事

親記事

呪霊 じゅれい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「真人(呪術廻戦)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3169104

コメント