ピクシブ百科事典

漏瑚

じょうご

漏瑚とは、漫画『呪術廻戦』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

100年後の荒野で笑うのは儂である必要はない
       呪いが人として立っていればそれでいい

※この項目は単行本未収録のネタバレ情報を含む場合があります。

概要

呪術廻戦』の登場キャラクター。人が大地を畏怖する感情から生まれた特級呪霊。
単眼で頭部が火山のようになっており、歯はお歯黒のように黒い。精神が昂った際には「ポッポー」という音ともに頭部から蒸気が吹き出す。
一人称は「儂(わし)」で、人語を話し理解する。趣味で呪物をコレクションしている。

「嘘偽りのない負の感情から生まれた呪いこそ真に純粋な本物の“人間”であり、偽物は消えて然るべき」との信条を掲げ、人間を駆逐し呪霊が君臨する世界の創造を目論んでおり、目的達成のため夏油傑に助言を求めた。
志を同じくする花御真人と行動を共にしており、呪霊達のまとめ役的存在だが、さらに上位の首領的存在がいる模様。

夏油曰く「漏瑚は宿儺の指8、9本分程度の強さ」であり、主に火炎を操る火力の非常に高い術式を持つ。漏瑚自身も己の力量にプライドを持っており、五条悟に「弱い」と煽られた際は側頭部の耳栓のようなものを吹き飛ばすほどの激昂ぶりを見せた。

術式

火山・火炎を操る術式。基本的な対人攻撃としては、壁や地面を火口に変化させ噴火で攻撃するほか、掌から火炎を放出することもできる。

  • 火礫蟲 (かれきちゅう)
小型の羽のついた呪霊を生み出し相手に放つ。触れると大音量の奇声を発し、相手が怯んだところで大爆発を起こす。

領域展開

  • 蓋棺鉄囲山 (がいかんてっちせん)

火山の内部のような生得領域を展開する。領域展開の特性として、火山弾などの攻撃が必中になる上に、領域内が非常に高温であり、並の術師であれば領域内に入った時点で焼き切れる。

余談

その容姿からファンからの愛称は富士山(作中でも呼ばれている)。人間を殺すことを何とも思っていない冷酷非道の悪役のはずだが、どこか愛嬌と哀愁のある立ち振る舞いや、初対戦時に侮ってかかった五条悟にフルボッコにされて以降、五条に対し怯えを見せる様子なども相まって、マスコット的な立ち位置を得ており、グッズやLINEスタンプでも作品のマスコットキャラとして登用されることが多い。

関連タグ

呪術廻戦
虎杖悠仁 両面宿儺 五条悟
花御 真人 脹相 夏油傑

関連記事

親記事

呪術廻戦 じゅじゅつかいせん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「漏瑚」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11930

コメント