ピクシブ百科事典

花御

はなみ

花御とは、少年漫画『呪術廻戦』の登場キャラクターである。
目次[非表示]

『やめなさい 愚かな児等よ』
『私はただ この星を守りたいだけだ』

『死して 賢者となりなさい』

プロフィール

等級特級呪霊
発生源
嗜好・興味美味しい空気
嫌いなもの人間
CV田中敦子


概要

人が森を畏怖する感情から生まれた未登録の特級呪霊。
「地球は人間のいない“時間”を欲している」という主張のもと、森・空・海を守るために地球上からの人類の絶滅を目指す。
同じく特級呪霊の漏瑚真人陀艮らと共に、夏油傑との協力体制をとっている。

容姿

全体的な風貌は筋骨隆々な大男。白い肌に黒い紋様が枝葉のように走っている。
頭部は鉄兜頭蓋骨を合わせたような様相で、本来眼球があるべき穴からはのように2本のが伸びている。
後述するように普段は左腕全体を布で覆っている。左肩には怪しげな花が咲いており、左腕は右腕と色が反転している。

性格

性格は温厚で物腰も柔らか。思考や言語も基本的に丁寧語。作者曰く「呪いの中でいちばんやさしい」。
本能的に人間を害する存在である呪霊ながら、「優しい人間がいることは植物たちも知っている」と語るなど、他の特級呪霊と比べてもかなり思慮深い。人間を滅ぼすことを目指すのは、純粋に地球の未来を案じてのこと。

独自の言語を持っており、人間はもちろん同じ呪霊の漏瑚たちも花御の言葉を聞き取ることはできない。しかし言葉の意味は理解することができる。頭に直接思考が流れ込んでくるようなその感覚は、漏瑚や伏黒恵曰く「気持ち悪い」らしい。

戦闘能力

特級に分類されるだけあって非常に強力であり、並の呪術師では歯が立たない。
左腕を封じた隻腕の状態でさえ、後述する術式を併用した単純な近接格闘で相手を圧倒する。

そもそも全身がシンプルに硬く、普通の呪術や呪具では傷一つ付けられない。作者曰く「花御は超タフ」で、虎杖悠仁の黒閃5発と東堂葵の呪力を乗せた「游雲」の一撃を弱点に喰らっても戦闘を続行できた。漏瑚ならまず死んでいたとのこと。

頭部の2本の枝は他と比べて脆く、連続で畳みかけるか狙って重い一撃を食らわせれば破損させられる。しかしすぐに再生するため、半端な攻撃ではやはり決定打になりえない。

術式

樹木を操る呪力攻撃がメイン。実物に呪力を流して操っているわけではなく、全て自身の呪力で具現化・顕現させている。そのため出し入れは自由自在。
遠距離攻撃が多いが攻撃は物理主体。気配を消すのも上手く、領域展開も習得している。

  • 木の鞠
鞠状の木を生成する。鞠からは木の棘が飛び出て攻撃するほか、鞠に乗ることで滞空することもできる。

  • 花畑
自分、もしくは射出した植物の周囲に花畑を展開する。この花畑にあてられると戦意が削がれ気が緩む。
自力での解除も容易で催眠としての効果は薄いが、戦闘中に使えば隙を作ることができる。
不意打ち且つ一瞬とはいえ、あの五条悟にもしっかり効果を発揮した稀有な呪術

  • 呪いの種子
呪力を餌に成長する種子を敵に撃ち込む。呪力を使えば使うほど身体に強く根を張る。
呪力による防御が逆効果となるため、生身のままで防御する必要がある。

  • 供花
地面に掌を当てることによって、周囲の植物の生命を吸い取り呪力へと変換する。
生成した呪力は左肩の花から放出され、攻撃に利用できるが、花御自身に還元することはできない。
普段は左腕ごと全体を布で覆っており、「できることなら使いたくない」と語っている。

  • 領域展開「朶頤光海(だいこうかい)」
花御の奥の手。虎杖・東堂との戦いで上記の「供花」とともに発動しようとしたが、その瞬間に五条が現れたため発動には至らなかった。
名称自体はファンブックにて判明した。

余談

  • 高専の分析によると、呪霊の中でも限りなく精霊に近い存在らしい。これとかだろうか
  • 特徴的な言語は、アニメでは「逆再生するとちゃんと聞こえる」という表現をされている。
  • 五条悟から雑草呼ばわりされた為、花御の事を「雑草」の愛称?で呼ぶファンもいる。
  • アニメで声が女性であることに多くの視聴者が驚いた。

関連イラスト

【呪術廻戦】花御さん
『真人、私は今、戦いを楽しんでいます』



関連タグ

呪術廻戦
漏瑚 真人 陀艮 脹相 夏油傑



エレキング…白い肌に黒の線の様な模様に、眼の位置に角の様な造形等、似ている部分が結構ある。

関連記事

親記事

呪霊 じゅれい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「花御」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1274062

コメント